【スクリーンショット】Windowsパソコンでできるスクショ方法7種類!

スクリーンショットの方法💻PCの"😔困った"を"😄安心・楽しい"へ!
この記事は約17分で読めます。

こんにちはどこでもパソコン教室 四日市です。

今回の授業は、Windowsパソコンでできるスクリーンショットの方法7種類を解説します

スマートフォンでおなじみの『スクリーンショット』を、パソコンでもしてみたいのですが、やり方が分かりません……??

動画サイトのライブ配信でも「スクショタイム♪」といって、配信者の方がポーズをとられている間に「スクリーンショット」することもありますので、パソコン画面でもできると楽しいですね

そうなんです。孫の動画のお気に入りの一瞬をとらえたり、覚え書きや資料としても使えるので便利なんですよね。

私も、授業のために図解を作成するときによく使用しています。

今回の授業は、『スクリーンショット』の方法7種類を解説します!

最後までご受講いただきますと、1つのキーを押すだけ~「拡大鏡」を使用した裏技まで、ご自身の用途に最適なスクリーンショットが見つかりますよ

さすがパソコン

スクリーンショット種類も豊富で、画面が大きい分扱いやすいので、頑張って習得します

スポンサーリンク

スクリーンショットとは

スクリーンショットとは、パソコンやスマートフォンでできる、表示されている画面を📸カメラで撮影したように、画像として保存できることです。

スクリーンショットの活用例
覚え書き・メモとして
動画編集ソフトを使用せず、簡単に「お気に入り一瞬」を保存
資料やマニュアルを作成するときの図解として etc…
※スクリーンショットした画像の著作権など、決まりを守って安心・安全に取り扱いましょう。

スクリーンショットの方法7種類を解説!

[PrintScreen]キーをカメラのシャッターのように押す

PrintScreenキーは、キーボードの右上辺りにあり、PrtScなど省略表記されていることも多いキーです。

パソコンやキーボードの機種によっては、キーボードの左下にありますFn(エフエヌキー)を押しながら使用します。

Fnの使い方について詳しくは、こちらをご受講ください。

 

PrintScreenキーを押してから、WordPowerPoint、またはWindowsに標準でインストールされている「ペイント」「ペイント3D」などのお絵描き・画像編集ソフトに貼り付けることで印刷・保存できます

Word・PowerPointに貼り付けて画像を保存する方法

Wordスクリーンショット貼り付けて、画像を保存する方法を解説します。
PowerPointも同じ手順となります。

  1. スクリーンショットしたい画面を表示して、PrintScreenキー(パソコンの機種にしょってはFn+PrintScreenキー)を押します。
     
    スクリーンショットの方法


  2. Wordを起動して、次のいずれかの方法で貼り付けます
    1.[ホーム]タブ [クリップボード]グループ [貼り付け]🖱クリック
    2. 🖱右クリック  表示されたメニュー内の[貼り付け]🖱クリック
    (※貼り付けボタンが複数ある場合、スクリーンショットからの貼り付けのときはいずれでも大丈夫です)
    3. Ctrl+Vを押す

    スクリーンショットの方法


  3. 資料やマニュアル作成する場合は、このまま作業していきます。
    画像を保存するには、画像を🖱右クリックして[図として保存]🖱クリックします

    スクリーンショットの方法


     
    スクリーンショットの方法

  4. 「名前を付けて保存」ダイアログボックスが起動しますので、任意のフォルダーを選択します。
    (※今回は、「ピクチャ」フォルダーを選択します)
  5. 「ファイル名」を付けて、続いて「ファイルの種類」を選択します。
    (※種類に迷われた場合、写真でよく使用される「JPEG形式」にしましょう)
  6. [保存]🖱クリックして完了です。
    保存したフォルダー内を確認しましょう。
     
ピクチャフォルダーの場所>
タスクバーのエクスプローラー🖱クリック 左側に表示された一覧からピクチャ🖱クリック

スクリーンショットの方法

ペイントソフトに貼り付けて保存する方法

「ペイント」「ペイント3D」スクリーンショット貼り付けて、画像を保存する方法を解説します。

  1. スクリーンショットしたい画面を表示して、PrintScreenキーを押します。
     
    スクリーンショットの方法


  2. 1.画面左下「🔎ここに入力して検索」に「ペイント」と入力します。
    2.検索結果に「ペイント」が表示されますので、[開く]🖱クリックします。
    (※「ペイント3D」を使用してもOKです)

    スクリーンショットの方法


  3. 次のいずれかの方法で貼り付けます
    1.[ホーム]タブ [クリップボード]グループ [貼り付け]🖱クリック
    2. 🖱右クリック 表示されたメニュー内の[貼り付け]🖱クリック
    3. Ctrl+Vを押す

    スクリーンショットの方法


     
    スクリーンショットの方法

  4. 次の順に🖱クリックします。
    [ファイル]タブ [名前を付けて保存] 任意の画像形式
    (※画像形式の種類に迷われた場合、写真でよく使用される「JPEG形式」にしましょう)
  5. 「名前を付けて保存」ダイアログボックスが起動しますので、任意のフォルダーを選択します。
    (※今回は、「ピクチャ」フォルダーを選択します)
  6. 「ファイル名」を付けます。
  7. [保存]🖱クリックして完了です。
    保存したフォルダー内を確認しましょう。

 

ファイル形式についての解説のある授業ですので、ご参考にしてください。

[Alt]+[PrintScreen]で最前面のウィンドウのみをスクリーンショット

Altオルトキーを押しながらPrintScreenFn+PrintScreenを押すと、最前面のウィンドウのみスクリーンショットできます。

不要な背景もなく、ピンポイントでスクリーンショットできて便利です!

スクリーンショットの方法

[Windowsロゴ]キー+[PrintScreen]でピクチャフォルダーに直接保存

Windowsロゴキーを押しながらPrintScreenを押すと、「ピクチャ」フォルダーの中に「スクリーンショット」という名前のフォルダーが自動的にできて、その中に画面全体のスクリーンショットが保存されます。

2回目からは、1回目に作成された「スクリーンショット」フォルダーの中に、どんどん保存されていきます。

「名前を付けて保存」の作業が必要ないため、📸カメラ撮影でいう「連写」も💻パソコンで出来てしまいますので、ぜひお試しください!

スクリーンショットの方法

 

Windowsに標準でインストールされている「Snipping Tool」を使用

Snipping Tool(スニッピングツール)とは、Windowsに標準でインストールされている、画面上の任意の箇所を切り取ってスクリーンショットできるソフトです。

Snippingとは、「ハサミで切る」という意味です。

  1. 1.画面左下「🔎ここに入力して検索」に「スニッピングツール」と入力します。
    2.検索結果に「スニッピングツール」が表示されますので、[開く]🖱クリックします。

    スクリーンショットの方法


  2. Snipping Toolが起動します。
     
    スクリーンショットの方法
    機能を見てみましょう。

     機能名設定項目説 明
    A新規作成新しい領域の切り取りを開始します。
    Bモード自由形式の領域切り取りフリーハンドで領域を切り取ります。
    四角形の領域切り取り四角形に領域を切り取ります。
    ウィンドウの領域切り取り複数のウィンドウのうち、🖱クリックしたウィンドウを切り取ります。
    全画面領域切り取り画面全体を切り取ります。
    C遅延・待ち時間なし
    ・1秒 ・2秒 ・3秒 ・4秒 ・5秒
    切り取り開始までの待ち時間を設定します。

    ☟この項目の一番最後で使い方を解説しています

    オススメの機能「遅延」の使い方

    Dキャンセル切り取りを取り消します。

    E







    オプション






    選択した部分(下記の必要な項目に「✓」チェックを入れて設定)
    説明のテキストを表示しないSnipping Toolのウィンドウ中央に表示される説明欄を非表示にします。
    常に切り取り領域をクリップボードにコピーするコピー(カット)した内容を他のソフトに貼り付けできるようにするため、Windowsの中にある一時保存場所「クリップボード」に保存するようにします。
    切り取り領域の下にURLを追加する(HTMLのみ)ウェブブラウザー上のインターネット画面を切り取り、「HTMLファイル」で保存すると、切り取り領域の下に画面のURLを追加します。
    終了する前に切り取り領域を保存するかどうかを確認するSnipping Toolを終了するとき、「切り取り領域への変更を保存しますか?」というメッセージを表示して、保存し忘れを防ぎます。
    Snipping Tool がアクティブな場合、画面のオーバーレイを表示する切り取りのときに、画面全体に白い霧がかかったような状態「オーバーレイ」を表示します。
    切り取り領域が明確になります。
    アプリケーション(下記の必要な項目を選択、または「✓」チェックを入れて設定)
    インクの色切り取りの選択線(領域の枠線)の色を指定します。
    切り取り領域をキャプチャした後、選択線を表示する切り取り後、通常は消える選択線(領域の枠線)の色を表示したままにします。

  3. それでは、実際に切り取ってみましょう。
    デフォルト(既定値)の状態では、四角形の領域を切り取ります。
    [新規作成]🖱クリックすると、画面全体に白い霧がかかったような状態「オーバーレイ」になりますので、左上から右下に🖱ドラッグして切り取ります。
     
  4. Snipping Toolに、切り取った領域が表示されます。
    蛍光ペンなどで、伝えたいポイントを強調したりもできます。

    スクリーンショットの方法 
    切り取った後に使用できる機能です。

     機能名設定項目説 明
    F切り取り領域の保存切り取り領域を、PNG・GIF・JPEG・HTMLから選択して保存します。
    Gコピー他のソフトに貼り付けできるようにするため、Windowsの中にある一時保存場所「クリップボード」に保存します。
    H
    切り取り領域の送信電子メール受信者メールソフトが起動して、切り取り領域を「メール本文」として送信します。
    電子メール受信者(添付ファイルとして)メールソフトが起動して、切り取り領域を「添付ファイル」として送信します。
    Iペン・赤ペン ・青ペン ・黒ペン
    ・カスタムペン|カスタマイズ
    切り取り領域に、ペンで書き込みや装飾をします。
    J蛍光ペン切り取り領域に、蛍光ペンで書き込みや装飾をします。
    K消しゴムペンや蛍光ペンでの書き込みや装飾を削除します。
    Lペイント3Dで編集するペイント3Dが起動して、切り取り領域の編集をします。

オススメの機能「遅延」の使い方

「遅延」機能を使用する例をご紹介します。

例えば、🖱クリックして表示される「リスト」など動きのあるものは、スクリーンショット時に閉じてしまうことがあります。

こんなときは、遅延を使いましょう。
📸カメラ撮影のタイマーのように、スクリーンショットのタイミングを遅らせてくれます

スクリーンショットの方法

  1. Snipping Tool「遅延」任意の秒数(今回は3秒)に設定します。
  2. [新規作成]🖱クリックします。
  3. 任意の秒数後(今回は3秒後)に画面が「オーバーレイ」になりますので、それまでにリストを🖱クリックして表示します。
    左上から右下に🖱ドラッグして切り取りましょう。

無事に切り取れましたでしょうか?
間に合わない場合は、遅延の秒数を増やして再チャレンジです!💪

 

Snipping Toolにご興味をもたれましたら、こちらのサイトが参考になります。

 

Snipping Toolの進化系「切り取り&スケッチ」

Snipping Toolをよく見ると、Snipping Toolが進化します…とあります。
進化したものが「切り取り&スケッチ」です。

スクリーンショットの方法

  1. 上図の起動方法の他の方法も解説します。
    1.
    画面左下「🔎ここに入力して検索」に「切り取り&スケッチ」と入力します。
    2.検索結果に「切り取り&スケッチ」が表示されますので、[開く]🖱クリックします。

    スクリーンショットの方法


  2. 切り取り&スケッチが起動しますので、[新規]🖱クリックします。
    [∨]🖱クリックして、遅延もできます。

    スクリーンショットの方法

    ショートカットキーWindowsロゴキー+Shift+Sで起動すると、すぐに切り取り画面となります
    切り取り後は、画面右下に「切り取り領域をクリップボードに保存しました」というメッセージウィンドウが表示され、🖱クリックすると切り取り&スケッチが起動します。

  3. 画面全体が暗転します。
    切り取り方法を選択して、🖱ドラッグ、または🖱クリックして切り取ります。

    スクリーンショットの方法                        

     機能名説 明
    A四角形の領域切り取り四角形に領域を切り取ります。
    Bフリーフォーム領域切り取りフリーハンドで領域を切り取ります。
    Cウィンドウの領域切り取り複数のウィンドウのうち、🖱クリックしたウィンドウを切り取ります。
    D全画面表示の領域切り取り画面全体を切り取ります。
    ESnippingを閉じる切り取りをキャンセルします。

  4. 切り取り&スケッチに、切り取った領域が表示されます。
    蛍光ペンなどで、伝えたいポイントを強調したり、トリミングもできます。

    スクリーンショットの方法                    

     機能名設定項目説 明
    F新しい領域の切り取り(Ctrl+N)・今すぐ切り取り
    ・3秒後に切り取り
    ・10秒後に切り取り
    新しい領域の切り取りを開始します。
    【Ctrl+N】新規作成のショートカットキー 2秒で新しい画面を開く!
    G元に戻す(Ctrl+Z)操作を元に戻します
    Hやり直し(Ctrl+Y)元に戻した操作をやり直します
    【Ctrl+Z/Ctrl+Y】過去と現在の行き来ができるショートカットキー!
    Iタッチによる手書きタッチパネルの場合に手書きできます。
    Jボールペン色・サイズ切り取り領域に、ボールペンで書き込みや装飾をします。
    K鉛筆色・サイズ切り取り領域に、鉛筆で書き込みや装飾をします。
    L蛍光ペン色・サイズ切り取り領域に、蛍光ペンで書き込みや装飾をします。
    M消しゴムペンや蛍光ペンでの書き込みや装飾を削除します。
    N定規/分度器定規で直線分度器で弧や円をきれいに描けます。
    解除するときは、それぞれ「定規」「分度器」をもう一度🖱クリックします。
    O画像のトリミング「トリミング」とは、犬のトリミングと同じで、切り取って整えることです。
    画像の不要な箇所を切り取ります。
    Pズームズームスライダーで拡大表示します。
    Q名前を付けて保存(Ctrl+S)切り取り領域を保存します。
    【Ctrl+S】ウェブページの保存、上書き保存、下書きとして保存をショートカット!
    Rコピー(Ctrl+C)他のソフトに貼り付けできるようにするため、Windowsの中にある一時保存場所「クリップボード」に保存します。
    【Ctrl+C/Ctrl+V】定番!「コピペ」のショートカットキー
    S共有切り取り領域を、他の人と共有します。
    Tもっと見る/表示を減らすファイルを開く編集したい画像ファイルを開きます
    プログラムから開く切り取り領域を画像編集ソフトで開いて、編集できます。
    印刷切り取り領域を印刷します。
    フィードバックの送信「フィードバックHub」が起動します。
    ☟Microsoftのサイトです
    フィードバックHub|Microsoft Docs
    設定切り取り領域に関する詳細設定ができます。
    ヒントとコツ「Microsoft|ヒント」というサイトが開きます。

Officeソフトのスクリーンショット機能を使う

WordExcelPowerPointOutlook(メール作成画面)の機能にも、スクリーンショットがあります。
使い方は共通ですので、今回はPowerPointで解説します。

  1. PowerPointの画面の背面に、スクリーンショット挿入したい画面を用意しておきます。
     
  2. リボン上の次の箇所を順に🖱クリックします。
    [挿入]タブ [画像]グループ [スクリーンショット]
  3. 表示されたメニューで、ウィンドウごと挿入する場合は、「使用できるウィンドウ」の中から🖱クリックで選択すると挿入します。

    部分的に挿入する場合は、[画面の領域]🖱ドラッグして切り取ります。

    スクリーンショットの方法


  4. 挿入出来ました!
    資料作成で図解が必要なときなどに、とても便利な機能です。

    スクリーンショットの方法 

挿入した画像が思うように動かせなくて困ったときは、こちらをご受講ください。
画像と文字列のバランスを綺麗に整えたいときは、こちらをご受講ください。

「拡大鏡」を使ってマウスポインターも一緒にスクリーンショット

マウスポインター*も一緒にスクリーンショットしたいときはありませんか?
マウスポインターとは…マウスで動く矢印で、状況によって「I」や「+」などの形になります。

けれども、通常のスクリーンショットでは、マウスポインターは映りません。

解決方法は、「拡大鏡」を使用します

  1. 1.画面左下「🔎ここに入力して検索」に「拡大鏡」と入力します。
    2.検索結果に「拡大鏡」が表示されますので、[開く]🖱クリックします。

    スクリーンショットの方法


  2. 起動した拡大鏡を通して、マウスポインタースクリーンショットします。
    キーボードのPrintScreenキー(機種によってはFn+PrintScreen)を押しましょう。

    実際にマウスポインターのある個所には何もなく、拡大鏡を通してマウスポインターを映すことができます。

    スクリーンショットの方法

 

まとめ

今回の授業は、Windowsパソコンでできるスクリーンショットの方法7種類を解説しました

  1. PrintScreenキーを📸カメラのシャッターのように押す
  2. Alt+PrintScreen最前面のウィンドウのみをスクリーンショット
  3. WindowsロゴキーPrintScreenピクチャフォルダーに直行
  4. Windowsに標準でインストールされている「Snipping Tool」を使用
  5. Snipping Toolの進化系「切り取り&スケッチ」
  6. Officeソフトでスクリーンショットを挿入する
  7. 「拡大鏡」を使ってマウスポインターも一緒にスクリーンショット

用途やご自身の使いやすい方法を、選択いいただければと思います。

ちなみに私は、Snipping ToolOfficeソフトのスクリーンショットをよく使用しています。
切り取り&スケッチに進化しようか・・・とも思っている今日この頃です。

😄ご受講お疲れさまでした

 

パソコン購入のお店に迷われたり、最新バージョンのOfficeソフトPowerPointがパソコンに入っていなくて、お困りではありませんか? 一度こちらのお店をのぞいてみてください。
オーダメイド感覚ご予算に合わせてあなた好みの1台にできる「NECパソコン直販サイト」と、プランを比較検討して選択できる「Microsoft Store」です。

あなたの“やりたい”をかなえるスタンダードノートPC
(※限定クーポンあります)
最新のOfficeソフトはこちら!
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
パソコンの仕組みを理解して、選び方に詳しくなれる授業です。

 

転職のためのスキルアップにパソコン教室で受講される方も多いです。
😌かつての私もそうでした。
私も使用していました、無料で会員登録できる『転職会議』をご紹介します。
国内最大級100万件以上の転職口コミ情報を確認しながら、転職会議独自と大手転職サイトの求人をまとめて検索できます。
良き仕事との出会いのために、入社後に一番大切な「職場環境」を、👀垣間見ることができます。
転職をご希望でなくても、お勤めされている会社の職場環境の客観的視点をもてますので、改善にも役立ちます。

無料会員登録はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました