【Word/形式を選択して貼り付け】「コピペ」では出会えない「貼り付け」があります!

Word 形式を選択して貼り付け💻PCの"😔困った"を"😄安心・楽しい"へ!
この記事は約11分で読めます。

こんにちはどこでもパソコン教室 四日市です。

今回の授業は「コピー(切り取り)& 貼り付け」の結果を選択できる『形式を選択して貼り付け』を、Wordに特化して解説します!

WordExcelなど、Officeソフトの画面の左上貼り付け🖱クリックしたときに、[形式を選択して貼り付け]というのがありました。

これはいったい何でしょうか

結論から先にいいますと、“コピペ”とは少し違って「貼り付け結果を選択できる機能」です。

基本的に貼り付けは、貼り付け先に合わせた書式*になります。

書式とは…文字をデザインしたり、体裁を整えたりする設定です。

例えば、Excelで作成した表をWordにそのまま貼り付ける、またはその逆で、Wordで作成した表をExcelに貼り付けると、体裁(形や書式)が崩れてしまいます

そうなんです。

崩れてしまうので、高さや列幅などの調整が大変でした…😅

それを解決してくれるのが『形式を選択して貼り付け』です。

表の貼り付けの解決策としましては、「図(拡張メタファイル)」を選択して貼り付けると、元の体裁のまま貼り付けられます。

拡張め、めた・・・

聞きなれない名称ですけれども、貼り付け結果が予想以上に便利です。

今回の授業では、Wordに特化して解説します。

最後までご受講いただきますと、面白くて便利な貼り付け形式使い分けられるようになっていただけますよ

名称も大切ですけれど、それ以上に貼り付け結果が楽しみです

スポンサーリンク

形式を選択して貼り付けの手順

形式を選択して貼り付けするには、次の手順で「形式を選択して貼り付け」ダイアログボックスを起動します。

Word 形式を選択して貼り付け

  1. 貼り付けたい内容を、図形などは🖱クリック、文字列や複数の図形などは🖱ドラッグして選択します。
  2. リボンの次の箇所を順に🖱クリック、または Ctrl+C を押します。
    [ホーム]タブ [クリップボード]グループ [コピー]
  3. 貼り付けたい箇所🖱クリックします。
    WordからWordだけでなく、WordからExcelPowerPointOutlookにも貼り付けることができます)
  4. リボンの次の箇所を順に🖱クリックします。
    [ホーム]タブ [クリップボード]グループ [貼り付け]の下部にある[∨]
  5. [形式を選択して貼り付け]🖱クリックします。


  6. 「形式を選択して貼り付け」ダイアログボックスが起動します。
     
    貼り付けたい内容によって、「貼り付ける形式」の内容は変わります
     
    形式を選択して貼り付け

「貼り付け形式」の種類<文字列編>

文字列「貼り付ける形式」の種類ごとに、実際の貼り付け結果を見ていきましょう!

Microsoft Word文書オブジェクト

Microsoft Word文書オブジェクト形式で貼り付けると、Word文書を埋め込むことができます。

埋め込まれたWord文書🖱ダブルクリックすると、貼り付け先がExcelPowerPointOutlookでも、Wordとして編集できます

形式を選択して貼り付け

形式を選択して貼り付け

Outlookで、「この埋め込みオブジェクトを信頼しますか?」というメッセージが表示されたときは、ご自身で作成、または作成者・送信者が信頼できる場合に[はい]🖱クリックしましょう。

テキスト

テキストとは、文字情報のみの文字列のことです。
フォントサイズや文字色、背景などの情報がありませんので、貼り付け先の書式に影響を受けます

例えば、特別な書式設定のない段落*に貼り付けた場合は、デフォルト(規定値)の状態となります。
段落とは…ページの最初~「↲」段落記号までの間、その後は、「↲」段落記号と次の「↲」段落記号までの間のことを1段落といいます。

けれども、書式設定のある段落内に貼り付けた場合は、フォントサイズ・文字色の書式を引き継ぎます。

白いTシャツと色ものとを、一緒に洗濯して染まってしまうように👕😅、テキストは周りの書式に染まってしまうほど、シンプルな情報のみということなのです。

形式を選択して貼り付け

リッチテキスト形式(RTF)

リッチテキスト形式(Rich Text Format)とは、Microsoft(マイクロソフト)によって開発された、テキスト書式情報をプラスしたものです。

書式をそのままの状態で貼り付けられるので、情報が“リッチ”(豊富)なのですね。

結果、貼り付け先の特別な書式設定の「ある・なし」にかかわらず、元の書式のままとなります。

つまり、🤡自分のキャラ(今回は「赤い文字」と「水色の背景」)を貫き通してくれるわけです。

形式を選択して貼り付け

 

HTML形式

HTML(HyperText Markup Language)とは、マークアップ言語です。

人間の世界は、私たちが使う「日本語」をはじめ、「英語」「スペイン語」「フランス語」など、たくさんの言語がありますね。

パソコンの世界にもたくさんの言語があり、「HTML」ウェブページに使われる言語で、他にも次のような言語があります。

言語読み方意味
HTML
(HyperText Markup Language)
エイチ・ティー・エム・エルインターネットで公開するための情報を記述するマークアップ言語です。
CSS
(Cascading Style Sheets)
シー・エス・エスHTMLでの記述と合わせて使用する、ウェブページのデザインを記述するスタイルシート言語です。
PHP
(Hypertext Preprocessor)
ピー・エイチ・ピーHTMLCSSで記述したウェブページに、動きをつける記述をするプログラミング言語です。
入力や送信などができる「お問い合わせフォーム」もその一例です。

さて、説明が少しながくなりましたけれども、実際に文字列をHTML形式で貼り付けた場合は、リッチテキスト形式と同じ結果になります。

理由は、リッチテキスト形式HTML形式の一種なためです。

文字列だと違いが分かりづらいですけれども、HTML形式の方が、図や画像を使用した複雑なレイアウトを表現できます。

形式を選択して貼り付け 

初心者の方に、HTMLの記述を体験していただける授業があります。ぜひご受講ください。

Unicodeテキスト

Unicodeとは、世界中の様々な言語の、文字に通し番号を割り当てて体系化したもので、文字コードの国際的な業界標準のひとつです。

ちなみに、テキスト形式で貼り付けた場合は、文字エンコードは「シフトJIS」になります。

Unicodeの方が登録文字数が多いので、もしも、テキスト形式で貼り付けて文字化けしてしまったときに、Unicodeテキストで貼り付けてみると解決する場合もあります。
 

これは、文字化けの例です。
形式を選択して貼り付け

図(拡張メタファイル)

拡張メタファイル(EMF|Enhanced Metafile format)とは、この形式が開発される前にあった、Windowsメタファイル(WMF|Windows Metafile format)を改良したもので、特徴としての一つに、拡大したときの劣化が少ないことがあります。

下図は、同じ文字列を「スクリーンショット」「図(拡張メタファイル)」で、それぞれ貼り付けた後に3倍に拡大したものです。

スクリーンショットの場合、輪郭がぼやけていますけれども、図(拡張メタファイル)の場合は、クッキリとしていますね。

形式を選択して貼り付け


 
図(拡張メタファイル)
で貼り付けると、見た目には通常の文字列との区別がつきませんけれども、🖱クリックすると「○」ハンドルが付いて、貼り付け先で自由に移動できるので、文字列にデザイン性をつけたいときなどに便利です。

形式を選択して貼り付け 

図と文字列の配置バランスをきれいにとれるようになれる授業です。ぜひご受講ください。

 

「貼り付け形式」の種類<図|オブジェクト編>

オブジェクトともいい、11種類あり、[挿入]タブから文字通り挿入できます。

オブジェクトの選択 

11種類の図(オブジェクト)についての説明と、自由に選択・配置できるようになれる方法3つを解説しています。

 
図(オブジェクト)
「貼り付ける形式」の種類ごとに、実際の貼り付け結果を見ていきましょう!

ビットマップ

ビットマップとは、方眼紙のように細かく区切られた画像です。

区切られた、小さな1マス(画素・ピクセル)ごとに色の情報をもっていて、その変化で表現します。

特徴は、何度編集しても画像が劣化しないことと、円など曲線がギザギザしていることです。

形式を選択して貼り付け

図(拡張メタファイル)

拡張メタファイル(EMF|Enhanced Metafile format)とは、この形式が開発される前にあった、Windowsメタファイル(WMF|Windows Metafile format)を改良したものです。

特徴には、貼り付け結果が綺麗なことと、拡大したときの劣化が少ないことがあります。

形式を選択して貼り付け

図(GIF)

GIF(Graphics Interchange Format)は、ビットマップ形式で、使用できる色数は 256色。
アイコンやロゴなど、色数の少ない画像に適しています。

画像は粗いですけれども、比較的容量が小さいのが特徴です。形式を選択して貼り付け

図(PNG)

PNG(Portable Netwoek Graphics)とは、画像データを圧縮して記録するファイル形式の一つで、使用できる色数は1670万色

JPEGGIFの長所を併せもっており、写真と背景透過(背景が透明)のどちらも扱えるのが特徴です。形式を選択して貼り付け

図(JPEG)

JPEG(Joint Photographic Experts Group)とは、デジタルカメラで撮影した写真などでも利用される画像の圧縮方式の一つで、使用できる色数は1,677万色

データの圧縮率を選択できますけれども、圧縮しすぎると、ブロック状に画質の劣化が目立つようになります。

形式を選択して貼り付け

Microsoft Office グラフィックオブジェクト

Microsoft Office グラフィックオブジェクトとは、通常の「コピペ」コピー&貼り付け(ペースト)をしたときと同じように、貼り付けた後でも、図形や図形に追加された文字列の編集が可能です。

形式を選択して貼り付け

画像(SVG)

SVG(Scalable Vector Graphics)とは、ベクター形式で、点と点を線で結ぶことによって画像を表現します。

画質を維持したまま拡大・縮小が可能ですけれども、ベクター画像は写真には向いていません

形式を選択して貼り付け

「形式を選択して貼り付け」のショートカットキーは[Alt]+[Ctrl]+[V]

「形式を選択して貼り付け」ショートカットキーAlt+Ctrl+Vです。

もしも、忘れてしまっても大丈夫!
[形式を選択して貼り付け]🖱マウスオーバー*して1~2秒ほどすると、ショートカットキーが分かりますよ。

マウスオーバーとは…マウスで🖱クリックするのではなく、対象にマウスポインター*を重ね合わせることです。
マウスポインターとは…マウスで動く矢印で、状況によって「I」や「+」などの形になります。

形式を選択して貼り付け

 

定番のコピペ!「コピー&貼り付け(ペースト)」の仕組みや使い方を確認してみませんか?
『コピー&貼り付け(ペースト)』とは似て非なる、『カット&貼り付け(ペースト)』についての授業です。

 

まとめ

今回の授業は「コピー(切り取り)& 貼り付け」の結果を選択できる【形式を選択して貼り付け】Wordに特化して解説しました!

WordExcelPowerPointOutlookなど、Officeソフトで使用できて、ソフトウェア間のコピー&貼り付け(切り取り&貼り付け)もできます。

貼り付け結果を知り、しばらく使用してみることで、お好みの貼り付け形式が見つかりますよ。

今回は、Wordに特化してご紹介しましたけれども、Excel独自の「形式を選択して貼り付け」もありますので、お時間のある時にぜひご受講ください!

😄ご受講お疲れさまでした

 

オーダメイド感覚予算に合わせてあなた好みの1台にできる「NECパソコン直販サイト」と、120タイトル以上のソフトのフル機能・最新版が定額で使い放題「超ホーダイ」です。👩「性能が良くてリーズナブルなパソコンが欲しい…」👨「パソコンソフトの購入に失敗したくない…」という方にオススメです!

あなたの“やりたい”をかなえるスタンダードノートPC
(※限定クーポンあります)
120タイトル以上のパソコンソフトが使い放題
「超ホーダイ」
パソコンの仕組みを理解して、選び方に詳しくなれる授業です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました