【パソコンの仕組み】初心者の方向けにパソコンの選び方にも活かせます!

パソコンの仕組み💻PCの"困った😔"を安心・楽しい😄へ!
この記事は約15分で読めます。

パソコンを買い替えたいのですけれど、種類も多くて、説明も専門用語ばかりで不安です…。

そこで今回の授業は、パソコンの仕組みについて、初心者の方向けに解説します 

私はこれまで、MacOS8と初代iMac、Windows95から現在のWindows10を使用してきました。

私に最適なパソコンも知りたいです。

おおよそパソコンの価格は、性能に比例しています。
けれども、使用する目的によって、必要な性能(スペック)は十人十色ですね。

 

パソコンと周辺機器について知ることで、洋服を購入するときに、自分に合ったサイズや素材を選ぶように、パソコンもご自身に合った性能のものを選べますよ

カタログの意味も分かりやすくなりますし、お店の人にも質問しやすくなりますね

スポンサーリンク

パソコンとは?

そもそも「パソコン」「PCピーシーとは…「パーソナルコンピューター」の略です。

英語では「Personal Computer」となり、Personal= 個人、Computer= コンピューター。

直訳しますと「個人用のコンピューター」

ご家庭や学校、お勤め先でも、1人1台に近い状況になってきましたね。💻

コンピューターの仕組み

さらに深掘りして、「コンピューター」とは…5つの装置で構成されます。

制御装置 入力装置 記憶装置 演算装置 出力装置
 

制御装置リーダーとして、スピーディーに次の順番で動作します。

 1. 入力装置:キーボードで計算式を入力します。

 2. 記憶装置:計算式が記憶されます。

 3. 演算装置:計算式が計算(演算)されます。

 4. 記憶装置:計算結果が記憶されます。

 5. 出力装置:ディスプレイに計算結果が表示(出力)されます。
 

パソコンを購入するとき、それぞれの装置や性能(スペック)について知り、
ご予算に合わせて選択することで、

たとえば、
「○○は安い方でも大丈夫だけど、△△はこだわって良いものが欲しいなぁー。」など、

あなたにぴったりのパソコンを導き出せますよ! 

一つずつ解説します!

制御装置と演算装置を合わせて「CPU」といいます

制御装置演算装置は、合わせてCPUシーピーユーといいます。

  • 制御装置とは…4つの装置の指揮命令者です。
     
  • 演算装置とは…計算(演算)をしてくれる装置です。
     
  • CPUとは…「中央演算処理装置」です。
     
    英語ではCentralセントラル Processingプロセッシング Unitユニットとなり、
    Central= 中央、Processing= 処理、Unit= 単位、一式。
     
    直訳しますと「中央処理装置」となり、よく人間の“脳”にたとえられます。
     
    CPUの性能が高いほど、処理能力の高いパソコンとなります!💪

CPUの種類

パソコンの仕組み

代表的なCPUをご紹介します。

ブランド(種類)説明開発元
Coreコアモデルは i9i7、i5、i3 があり、
読み方はブランド名と合わせて、
「コア アイナイン」などです。
数字が大きいほど高性能です。
インテル(Intel)社
PentiumペンティアムCeleronの上位モデルです。
性能が低いため安価。
省電力なので、バッテリー長持ちします。
Celeronセレロン性能が低いため安価。
省電力なので、バッテリー長持ちします。
Ryzenライゼンモデルは 9、7、5、3 があり、
読み方はブランド名と合わせて、
「ライゼン ナイン」などです。
数字が大きいほど高性能です。
AMD(エーエムディー)社

入力装置

入力装置とは…文字や計算式の入力など、さまざまな指示をコンピューターに与えるものです。

パソコンの仕組み

 
 一番よく使用するキーボードは、指のお家である「ホームポジション」という基本位置をマスターすることで、
 入力スピードが上がり、誤入力も減りますよ!☟

記憶装置

記憶装置とは…プログラムやデータを記憶します。

メインメモリ(主記憶装置)とストレージ(補助記憶装置)があります。 

パソコンを購入するとき、ご自身のやりたいことと予算のバランスを取るための、
選択の大きなポイントの一つとなります。
 

パソコンの仕組み 

  • メインメモリ(主記憶装置)…プログラムやデータを一時的に記憶します。
     
    4GB8GB16GBなどがあり、複数のソフトを同時に使用したり、
    デザインや動画編集ソフトを使用する場合は、8~16GB以上がおすすめです。
    (実際に4GBで動画編集ソフトを使用しましたら、何度も途中で動かなくなりました、、、😅)

  • ストレージ(補助記憶装置)…プログラムやデータを永続的に記憶します。
     
    内部補助記憶装置[パソコンの中に組み込まれている]
     
    ・磁気ディスク
     HDD
    ・フラッシュメモリ
     SSD
     

    HDDSSDにはそれぞれに特徴がありますので、比較で見てみましょう。

    • HDDとは…Hard Disk Drive(ハードディスクドライブ)
      メリット :容量が多く、価格も安い
      デメリット:処理速度が遅く、耐久性も劣り、消費電力が多い

    • SSDとは…Solid State Drive(ソリッドステートドライブ)
      メリット :処理速度が速く、耐久性にも優れ、消費電力が少ない
      デメリット:容量が少なく、価格も高い
       

    外部補助記憶装置[パソコンに接続して使用する]
     
    ・磁気ディスク
     外付けHDD
    ・光ディスク
     CD-ROMCD-RCD-RW
     DVD-ROMDVD-RAMDVD-RDVD-RWBlu-rayディスク
    ・フラッシュメモリ
     USBメモリメモリカード
     

大切な作品やデータを、パソコンの故障や買い替え時に備えて、
外付けハードディスクにも保存されることをおすすめしています!

出力装置

出力装置とは…パソコンの処理結果を出力します。

パソコンの仕組み

ディスプレイのサイズと形状

ディスプレイのサイズは、インターネットの情報やカタログなどで、
15.6 inch(インチ)のように表示されています。
 

ディスプレイのサイズは、画面の対角の距離を測ったものです。

1インチは約2.54cmです。

たとえば、「15.6 inch(インチ)」ですと、対角の距離は約39.624cm

ものでたとえると🤔…、500mlのペットボトル2本分の高さ(42.4cm)-3cmです!
 

ディスプレイの形状は、画面の横と縦の比率をアスペクト比といいます。

アスペクト比は、スクエア(4:3、5:4)ワイド16:9、16:10)があります。
 

パソコンの仕組み

 実際に販売されているパソコンのディスプレイサイズの目安です。ご参考にしてください。☟

ディスプレイのサイズ
(inch/インチ)
スクエア(4:3)ワイド(16:9)
縦(cm)横(cm)縦(cm)横(cm)
 8.012.216.310.017.7
10.215.520.712.722.6
10.916.622.113.624.1
13.320.327.016.629.4
14.021.328.417.431.0
15.623.831.719.434.5
21.532.843.726.847.6
23.836.348.429.652.7
24.537.349.830.554.2
27.041.154.933.659.8
27.942.556.734.761.8
31.548.064.039.269.7
32.048.865.039.870.8
34.051.869.142.375.3
42.5164.886.442.375.3

パソコンの種類

デスクトップパソコン

パソコンの仕組み

 
デスクトップパソコン
とは、デスクトップ = 机の上に置いて使用するパソコンです。

基本的に、パソコン本体、ディスプレイ、キーボードが別々になっています。
 

デスクトップパソコンの特徴

持ち運ぶことなく置き型のため、ディスプレイや機器の増設がしやすいことです。
 

パソコン本体とディスプレイが一体となった「一体型パソコン」も、
デスクトップパソコンの一種です。 

ディスプレイも液晶が主流となりましたけれども、
以前のブラウン管テレビのようなディスプレイ(CRT)のときには、

まるで米俵を持ち上げるように“よっこらしょ!”と、気合いが必要でしたねー😅

ノートパソコン

パソコンの仕組み

 
ノートパソコン
とは、本体、ディスプレイ、キーボードが一体となっていて、
折りたたんで持ち運びができるパソコンです。 

ひと昔前は、デスクトップパソコンに比べて性能が劣るところがありましたけれども、
現在は、搭載される機器の小型化など進化したため、ほとんど優劣を感じることはありません
 

ノートパソコンの特徴

持ち運びができるので、カフェやファミレス、旅行先などでも使用できることです。

ご自宅でも、いつもは自室のデスクで使用しているのを、
「今日はこたつでパソコン使おうかな。🍊ということもできますね!
 

ノートパソコンとタブレットPCの両方の機能をもつ「2in1 PC」も、ノートパソコンの一種です。
 

 ノートパソコンFnキーを使用することで、コンパクトでもデスクトップパソコンに近い機能を使用できます。
 詳しくはこちらをご覧ください。☟

タブレットPC

パソコンの仕組み

 
タブレットPC
は、パソコン本体とディスプレイが一体となっています。

タッチパネルとなっているディスプレイを、指やペンでさわることで操作します。
 

タブレットPCの特徴

アプリケーションソフトウェア、通称「アプリ」を、
インターネットからダウンロードインストールして、さまざまな機能を使えます。
 

ダウンロードとは…
ソフトウェアやファイルなどをインターネット上から、
使用しているパソコンに転送することです。
 
インストールとは…
ダウンロードしたソフトウェアやファイルなどを、
パソコンのシステムの中に追加して使用可能にすることです。
 
日常生活にたとえると🤔…、
団子をお店で買って自宅に持ち帰る🍡➡ダウンロード
団子をおいしくいただく🍵➡インストール…ですね。😄 持ち帰っただけでは、心身の栄養にならないのです!

 
スマートフォン
もタブレットパソコンの一種です。

シニアの受講生様も、スマホに果敢に挑戦されて、お会いするたびに上達されています!😊📱
 

OSとは「オペレーティングシステム」

OSオーエスとは…「オペレーティングシステム」の略です。

英語では「Operating System」となり、
Operating(Operation)= 操作、System= 構成や仕組み全体のこと。

OSは「基本ソフトウェア」WordExcelなどは「応用ソフトウェア」ともいいます。
 

私は、OSについて解説させていただくときに、よく金魚鉢にたとえます。
 

パソコンの仕組み

金魚を飼育したいときは、金魚鉢に、お水をいれると、金魚が元気よく泳ぎますね。

ソフトを使用したいときは、パソコン本体に、OSが入っていることで、ソフトが動きます。

どれも欠かすことのできない三位一体なのです!
 

パソコン用のOSには、次のような種類があります。

OS読み方開発元
Microsoft Windowsマイクロソフト ウィンドウズマイクロソフト社
macOSマックオーエスアップル社
UNIXユニックスAT&T社 ベル研究所
Androidアンドロイドグーグル社
iOSアイ オーエスアップル社

 

私は、初めてのパソコン~3台目までは、macOSを使用していました。

とても気に入っていたのですけれども、
取得する検定や仕事に合わせて、Windowsに替えて現在に至ります。

両方使用しての感想は・・・どちらも大好きです!!

パソコン購入の際、OSは次の基準で選ばれると、いざ困ったときに、
インターネットや書籍などで情報を得やすいです。

  • 仕事で使用する場合—同じ職種の方が多く使用されているOS
  • WordExcelなど、Officeソフトをよく使用する場合—Windows
  • 趣味で使用する場合—お好みですけれど、情報量からWindowsがおすすめ

まとめ

今回の授業は、パソコンの仕組みについてご紹介しました!

パソコンの5大装置制御装置演算装置入力装置記憶装置出力装置

パソコンの性能に大きくかかわる「CPU」

そして、ディスプレイのサイズと形状パソコンの種類OSについてもご説明しました。
 

これらの知識をお持ちになることで、パソコンの選び方はもちろん、
P検(ICTプロフィシエンシー検定)などのパソコン関連の資格試験にも活かせますよ!
 

 パソコンの画面構成各部名称も合わせて覚えると、操作がさらに明快になりますよ!☟

 
 パソコンといえば、インターネット!仕組みからトラブル対応、セキュリティ対策についてはこちらをご覧ください。☟

 

 ページ内でご紹介しましたリンクをまとめましたので、お時間のある時にぜひご覧ください!

 

当教室インストラクター愛用のパソコンはこちらから!

Microsoft|マイクロソフトおすすめパソコンはこちら!
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました