【Word タブ設定】文字列の位置をピッタリ揃える|タブ設定方法全5種類を解説!

タブの設定方法💻PCの"困った😔"を安心・楽しい😄へ!
この記事は約11分で読めます。

こんにちはどこでもパソコン教室 四日市です。

今回の授業は、文字列の位置を“簡単・綺麗”に揃える『Word タブ設定』の使い方を解説します!

Word文字列の位置を揃えたいとき、微妙にずれてしまいます

ピッタリ揃える方法はありませんか

もしかして、スペースを数回押して揃えていませんか

スペース使っています。

特に、日本語と英数字の両方を使っている場合は、微妙にずれて困ってしまいます…。

実は、『タブ設定』を実践しますと、スマートな動きで、ピッタリ!と文字列を揃えられるようになります。

タブ設定は、WordExcelPowerPointOutlookで使用できる機能で、今回の授業では、Wordのタブ設定方法について詳しく解説します

複数の行を揃えるために必要な設定は、たった1行だけでOK!です。

この機能をマスターすると、タブ設定と使い方について具体的に理解でき、もう微妙なズレに困ることはなくなりますので、どうぞ最後までご受講ください

これからは、スペースの連打はやめなくちゃ😄

スポンサーリンク

タブ設定とは

タブ設定とは、文字列を揃えるときにスペースキーを連打するのではなく、文書内にタブという、飛び石のように配置された“位置”で文字を揃える機能です。

下図は同じ文字列を、スペースで配置タブで配置を比較したものです。
ほんの少しのズレですけれども、配置の手間と完成度は雲泥の差です。

元の文字列●

タブの設定方法

スペースで配置

タブの設定方法

タブで配置

タブの設定方法

ルーラーとダイアログボックス 2つの設定方法がある

タブ設定には「ルーラー」、または「ダイアログボックス」を使用した2つの方法があります。

1つずつ解説します!

ルーラーとは

ルーラーとは、Wordの編集画面の上部左側面にある、数字が並んでいるところです。

上部が、左余白から何文字目かをあらわす「水平ルーラー」左側面が、上余白からの行数をあらわす「垂直ルーラー」です。

ルーラーでのタブ設定方法

  1. タブセレクタ🖱クリックしてタブの種類を選択します。
  2. 水平ルーラー🖱クリックしてタブを設定します。
     
    タブの設定方法


タブ位置を間違えたときは、左右にドラッグして調整できます。

不要なタブは、ルーラーから下に“ポイッ”と捨てる感じで、🖱ドラッグ・アンド・ドロップ*すると削除できます。
ドラッグ・アンド・ドロップとは…🖱マウスの左ボタンをクリックしたまま移動して、目的の位置で指を離すことです。

タブの設定方法 

ルーラーが表示されていないときの対処法

[表示]タブ [表示]グループ [ルーラー]🖱クリックチェックを入れます。

タブの設定方法 

タブセレクタ🖱クリックするたびに、下図のように、5種類のタブと、2種類のインデントが順番に切り替わります。

タブの設定方法
文字列を段落ごと“ごっぞり”(笑)揃える『インデント』について、詳しくはこちらをご受講ください。

ダイアログボックスとは

ダイアログボックスとは、詳細な設定ができる画面です。

ダイアログ(Dialog)とは対話を意味し、表示されている質問に、私たちユーザーが答えるという対話をしながら設定していきます。

「タブとリーダー」ダイアログボックス起動方法

  1. [ホーム]タブ [段落]グループの[ダイアログボックス起動ツール]🖱クリックします。
     
    タブの設定方法


  2. 「段落」ダイアログボックスが起動します。
    左下[タブ設定]🖱クリック「タブとリーダー」ダイアログボックスが、起動します。
     
    タブの設定方法

「タブとリーダー」ダイアログボックスでのタブ設定方法

「タブとリーダー」ダイアログボックスを使うことで、詳細な設定をまとめてできます

タブの設定方法
  1. タブ位置:行の先頭からの文字数で入力します。
  2. 配置:タブ5種類の中から選択します。
  3. リーダー:タブ設定した箇所まで、4種類の線の中から選んでつなげます。
  4. 設定❶~❸の設定を完了します。
  5. クリアタブ位置にある設定済みのタブの一覧から、選択して削除します。
  6. すべてクリア:設定済みのタブを、すべて削除します。
  7. OK「タブとリーダー」ダイアログボックスを閉じます。
  8. 規定値Wordには何もしなくても4文字ずつ、つまり、4の倍数の文字数に見えないタブがすでに設定されています
     
    その文字数を[規定値]で変更できます。
    もし、よく使うタブの間隔があれば、この規定値に設定すると便利です。

通常の設定は❶~❹、最後に🖱クリックで設定完了です。

実際に設定すると、下図のようになります。

タブの設定方法

タブ5種類とその使い方

左揃えタブ

タブの設定方法

  1. 設定したい段落*🖱クリックして、「|」カーソルを置きます。
    (タブ設定で飛ばしたい文字列の左側に「|」カーソルを置くのがポイントです!)
    段落とは…ページの最初~「↲」段落記号までの間、その後は「↲」段落記号と次の「↲」段落記号までの間のことを、1段落といいます。
  2. タブセレクタ左揃えタブ(L字型)を選択します。
  3. ルーラー上の揃えたい文字数の箇所🖱クリックします。
  4. Tabタブキーを押します。
  5. Wordは、書式*を設定した行から改行すると、改行先の行にも同じ書式が引き継がれます
    そのため、改行先の行Tabキーを押すだけで文字が揃います!
    書式とは…文字の大きさや色、今回のタブ設定など、装飾や体裁を整える設定のことです。

中央揃えタブ

タブの設定方法

  1. 設定したい段落内🖱クリックして、「|」カーソルを置きます。
  2. タブセレクタ中央揃えタブ(逆T字型)を選択します。
  3. ルーラー上の揃えたい文字数の箇所🖱クリックします。
  4. Tabタブキーを押します。
  5. Wordは、書式を設定した行から改行すると、改行先の行にも同じ書式が引き継がれます
    そのため、改行先の行Tabキーを押すだけで文字が揃います!

右揃えタブ

タブの設定方法

  1. 設定したい段落内🖱クリックして、「|」カーソルを置きます。
  2. タブセレクタ右揃えタブ(逆L字型)を選択します。
  3. ルーラー上の揃えたい文字数の箇所🖱クリックします。
  4. Tabタブキーを押します。
  5. Wordは、書式を設定した行から改行すると、改行先の行にも同じ書式が引き継がれます
    そのため、改行先の行Tabキーを押すだけで文字が揃います!

小数点揃えタブ

タブの設定方法

  1. 設定したい段落内🖱クリックして、「|」カーソルを置きます。
  2. タブセレクタ小数点揃えタブ(逆T字型に“・”点)を選択します。
  3. ルーラー上の揃えたい文字数の箇所🖱クリックします。
  4. Tabタブキーを押します。
  5. Wordは、書式を設定した行から改行すると、改行先の行にも同じ書式が引き継がれます
    そのため、改行先の行Tabキーを押すだけで文字が揃います!

縦棒タブ

縦棒タブは他のタブと違って、文字を揃えるのではなく縦棒を揃えて入力できます。
好きな場所に区切り線を入れられるので便利ですね。

タブの設定方法

  1. 設定したい段落内🖱クリックして、「|」カーソルを置きます。
  2. タブセレクタ縦棒タブ(I字型)を選択します。
  3. ルーラー上の縦棒を入力したい文字数の箇所🖱クリックします。
    Tabタブキー押さなくても、縦棒が入力されます。
  4. Wordは、書式を設定した行から改行すると、改行先の行にも同じ書式が引き継がれます
    縦棒タブの場合は、改行先の行Enterキーを押すだけで縦棒が揃います

縦書きのときのタブ設定

文字列の方向が縦書きのときは、直接タブ設定ができません

けれども、安心してください♪
横書きの状態で設定してから縦書きにすることで、タブ設定を維持してくれますよ。

  1. 横書きでタブ設定します。
  2. [レイアウト]タブ [ページ設定]グループ [文字列の方向][縦書き]の順に🖱クリックします。
  3. 横書きで設定したタブ位置のまま、きれいに縦書きになりました
     
    タブの設定方法

まとめ:ちょっとした裏技もご紹介

今回の授業は、文字列の位置を“簡単・綺麗”に揃える『Word タブ設定』の使い方を解説しました!

ここで、ちょっとした裏技をご紹介します!

今回の授業内で、『Wordは、書式を設定した行から改行すると、改行先の行にも同じ書式が引き継がれます』と、ご説明しました。
 
ということは、タブ設定を忘れた段落がある場合、タブ設定済みの段落がすぐ上にあれば、設定済みの段落の後ろに一旦くっつけて、あらためて改行することで書式を引き継ぎます
 
つまり、何度も細かな設定をしなくてもいいということです。

 
今回ご紹介しました、ルーラーとダイアログボックス 2つの設定方法をマスターすることで、

1. ルーラー上でざっくりとバランスを取る
2. タブとリーダーダイアログボックスを使って微調整する

という“ワイルド”かつ“繊細”な設定!も、効率的にできるようになりますよ。😄👍
 

【「文書作成アドバイスツール」でさらなるスキルアップと安心】

多くのライターやブロガーの方、そして私もオススメします、ライティングの実用入門書「沈黙のWebライティング」の著者が創業した「株式会社ウェブライダー」のツールです。

「文章表現」や「言い回し」の引き出しを増やしたい方のために、「100を超える視点」を用いて、あなたの文章をチェックしてくれます。

ライティングの実用入門書「沈黙のWebライティング」は、こちらからご購入できます。

😄ご受講お疲れさまでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました