【記号の読み方一覧表】パソコンのキーボードの記号・英字63種類!

記号の読み方一覧表💻PCの"困った😔"を安心・楽しい😄へ!
この記事は約9分で読めます。

キーボードにある記号英字に、読み方の分からないものがあって、なんとなくそのままにしています。

実は、今回の授業でご紹介します『記号の読み方一覧表』は、読み方と入力方法がすぐに分かります

読み方を知った方がいいでしょうか

語彙が増えると会話がよりスムーズになるのと同じで、記号・英字の語彙も増えると、理解や操作もスムーズになりますよ!

“一覧表なので見つけやすい”ですし、“お気に入りに登録”しておくと、いつでも見られますね

スポンサーリンク

キーボードにある記号・英字の読み方

キーボードにある記号の読み方一覧表

一覧にある記号の入力方法ローマ字入力モードを基準に、
キーボードにある数字・ひらがな・記号で表現しています。

ローマ字入力かな入力の切り替え*Alt+カタカナ ひらがな ローマ字 を押します。
Alt+カタカナ ひらがな ローマ字を押しても切り替わらないときは、こちらをご覧ください。
[Alt]キーと[カタカナ ひらがな]キーで、切り替えができないときの対処法

全角入力半角入力の切り替えは 半角/全角 を押します。
【半角/全角キー】日本語と英字の切り替えはこのキーだけでOK!

記号読み方入力方法・備考
!感嘆符かんたんふ、エクスクラメーションマークShift+
ダブルクォーテーションShift+
#番号記号ばんごうきごうげた、ナンバーサインShift+
●楽譜で使用する「」シャープとは別の記号です。
$ドル記号きごうShift+
%パーセントShift+
&アンパサンドShift+
アポストロフィーShift+
Excelで数値を文字列にします。
 たとえば「007」と入力したいときに、「007」と入力すると「00」が消えずに残ります。
(はじ小括弧しょうかっこはじ丸括弧まるかっこShift+
)わり小括弧しょうかっこわり丸括弧まるかっこShift+
*星印ほしじるし、アスタリスク、アステリスクShift+、テンキーの
+プラス記号きごう正符号せいふごう加算記号かさんきごうShift+、テンキーの
,コンマ、カンマ半角入力で
ハイフンマイナス
マイナス記号きごう負符号ふふごう減算記号げんさんきごう
半角入力で
テンキーの
Wordでの入力技!☟
●マイナス
 Ctrl+テンキーの

●ダッシュ
 Ctrl+Alt+テンキーの
.終止符、ピリオド半角入力で
テンキーの  . 
スラッシュ半角入力で
テンキーの
バックスラッシュ半角入力で
●フォントによっては入力できません。
 英数字用フォントで入力可能なものが多くあります。
:コロン
;セミコロン
<不等号ふとうごう(よりしょう)、しょうなり、レスザンShift+
=イコール、等号とうごうShift+
>不等号ふとうごう(よりだい)、だいなり、
グレーターザン
Shift+
?疑問符ぎもんふ、クエスチョンマークShift+
単価記号、アットマーク
はじめかぎ括弧かっこ全角入力で 「 
わりかぎ括弧かっこ全角入力で 
[はじ大括弧だいかっこはじ角括弧かくかっこ半角入力で 「 
]わり大括弧だいかっこわり角括弧かくかっこ半角入力で 
{はじ中括弧ちゅうかっこはじ波括弧なみかっこShift+「 
}わり中括弧ちゅうかっこわり波括弧なみかっこShift+ 」
^アクサンシルコンフレックス
サーカムフレックスアクセント
_アンダーライン、アンダースコアShift+
`グレイヴ・アクセント
アクサングラーブ
Shift+
|縦線たてせん
バーティカルバー、バーティカルライン
Shift+
~チルダ半角入力で
なみダッシュ全角入力で
円記号えんきごう
濁点だくてんかな入力で
半濁点はんだくてんかな入力で 「 
読点とうてんローマ字入力で
かな入力で Shift+
句点くてんローマ字入力で
かな入力で Shift+
上向矢印うえむきやじるしCtrlと矢印キー を一緒に使用することで、ファイルの中を自在に飛び回れます!
【Ctrl+矢印キー】
Word文書内やExcelデータ間の移動をショートカット!
右向矢印みぎむきやじるし
下向矢印したむきやじるし
左向矢印ひだりむきやじるし
中点ちゅうてん全角入力で

※入力方法はパソコンのメーカーや機種によって相違がありますので、基本的なものとなります。

キーボードにある英字の読み方一覧表

単独で使用することもあれば、他のキーと合わせて使用することもあります。

記号読み方意味・使用例
Altオルト意 味:Alternateオルタネイトの略で「代わり」
使用例:
Alt+Enter …Excelで“セル内改行”できます。
Back spaceバックスペース意 味:
「後退」

使用例:
【Delete/Back space】
もう削除にどっちのキーを使うか迷わない!
CapsLockキャプスロック意 味:Caps=Capital lettersキャピタルレターの略で「大文字」、Lock=「固定」「カギをかける」
使用例:
Shift+CapsLock

アルファベットの大文字入力ON/OFFができます。
Ctrlコントロール意 味:Controlコントロールの略で「制御」
使用例:
【Ctrl+A~Z】
アルファベット全26文字のショートカットキー一覧!
Delete, Delデリート意 味:「削除」
使用例:
【Delete/Back space】
もう削除にどっちのキーを使うか迷わない!
Endエンド意 味:「末尾」
使用例:
(Fn+)End …カーソル「|」を行末に移動します。
Enterエンター意 味:「入力」「改行」「実行」
使用例:
Ctrl+EnterWordで“改ページ”できます。
Escエスケープ意 味:Escapeエスケープの略で「脱出」「キャンセル」
使用例:
ダイアログボックス表示中にEscを押すと消せます。
Homeホーム意 味:「先頭」
使用例:
(Fn+)Home …カーソル「|」を行頭に移動します。
Insert, Insインサート意 味:「差し込む」
使用例:
[Insert インサート]キーとは
NumLockナムロック意 味:Num=Numericニューメリックの略で「数値」「数字」、Lock=「固定」「カギをかける」
使用例:
【NumLock】数字が入力できなくなったとき
Page Down,
PgDn
ページダウン意 味:「ページを下にスクロール」
使用例:
(Fn+)PgDn …1画面下にスクロールします。
Page Up,
PgUp
ページアップ意 味:「ページを上にスクロール」
使用例:
(Fn+)PgUn …1画面上にスクロールします。
PrintScreen,
PrtSc
プリントスクリーン意 味:PC画面をカメラで撮影したような画像、“スクリーンショット”します。
使用例:
PrtSc を押した後、Wordなどに貼り付けます。
ScrollLockスクロールロック意 味:Scroll=「画面表示を上下に移動」、Lock=「固定」「カギをかける」
使用例:
ScrollLock を押すとスクロール固定ON/OFFができます。
Shiftシフト意 味:「切り替える」
使用例:
[Shift シフト]キー +[Space スペース]キー
Tabタブ意 味:tabulatorタビュレーターの略で「書類などから突き出た見出し」
使用例:
【タブ設定】タブ設定全5種類を解説!
記号の読み方一覧表ウィンドウズ意 味:Windowsのロゴ
使用例:
Win+D …デスクトップ画面を表示します。

※文字表記はパソコンのメーカーや機種によって相違がありますので、基本的なものとなります。

ファンクションキーとは?

ファンクションキーは、キーボードの上部F1F12のキーが横一列に並んでいます。

おもにノートパソコンのキーボードの左下にはFnキーがあります。
 

ファンクションキー

 
 F1F12のキーとFnキーについて、一覧でご紹介していますのでぜひご覧ください!☟

テンキーを使いこなそう!

キーボードや電卓にある0910個の数字が並んだ「テンキー」

「入力のときにキーを見ないで、画面に集中できたらいいな」と思われたことはありませんか?

キーを見ないで入力すること「タッチタイピング」といいます。
「ホームポジション」という指の基本位置を知って、練習すればできるようになれますよ!
 

numlock6

テンキーのホームポジションをマスターする“コツ”はこちら!

タッチタイピング上達のコツ!

パソコンのキーボードにある記号英字の読み方を知るほど、
スムーズに入力できたらいいですよね♪ 

上記のテンキーと同じく、「キーボード」「タッチタイピング」で、
入力スピードが上がり、誤入力も減りますよ!

タイピング練習のコツ

【タイピングのホームポジション】タッチタイピング練習のコツ!

まとめ

今回の授業では、キーボードにある記号・英字の読み方
さらに、意味や使い方も合わせてご紹介しました! 

私も、最初は「Delete」“デリート”を“ディレート”と呼んでいたり、
「NumLock」“ナムロック”にいたっては……読めませんでした。。。😅

用語や名称を知れば知るほど、テレビやネット情報も理解しやすくなりますよ♪
 

パソコンには、漢字の読み方が分からないときのサポート機能、IMEパッドもあります!

 辞書いらずの心強い味方!IMEパッドについて詳しくはこちらをご覧ください。☟

 

当教室インストラクター愛用のパソコンはこちらから!

Microsoft|マイクロソフトおすすめパソコンはこちら!
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました