【Excel/VLOOKUP関数・HLOOKUP関数】基本から関数のネストも解説!

VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方💻PCの"😔困った"を"😄安心・楽しい"へ!
この記事は約17分で読めます。

こんにちはどこでもパソコン教室 四日市です。

今回の授業は、Excel関数『VLOOKUP関数・HLOOKUP関数』を、初心者の方向けに違いと使い方を解説します!

求人情報でExcelVLOOKUP関数のできる方歓迎!」と、記載されているのをよく見ます。

私もできるようになれますか

はい、大丈夫です

VLOOKUP関数は、例えば入力する項目が「品番」「商品名」「価格」3つある場合、「品番」1つ入力するだけで、自動的に「商品名」「価格」も入力されるというものです。

作業スピードが、ザッと3倍アップしますね

そのとおりです

そこで今回の授業は、VLOOKUP関数HLOOKUP関数、そしてIF関数にネストしてエラーを回避する方法も解説します。

最後までご受講いただきますと、関数意味と基本操作を実践的にマスターしていただけますので、一緒に頑張りましょう

ついにVLOOKUP関数のできる人」になれる時が来ました

関数の基本学習にオススメ!
たし算のSUM関数の授業です。
スポンサーリンク

VLOOKUP関数とは

VLOOKUPブイルックアップ関数とは、冒頭でご紹介しましたように、入力する項目が「品番」「商品名」「価格」3つある場合、「品番」1つ入力するだけで、自動的に「商品名」「価格」も入力されるというものです。

VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方


VLOOKUP「V」は、Vertical”=垂直の頭文字です。
LOOKUPは、直訳すると「調べる」です。

自動的に表示させるために、同じ項目が垂直に並んでいるデータ用の表を利用するのが特徴です。

VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方

VLOOKUP関数の使い方|手順を一つずつ解説!

実際に、VLOOKUP関数を使用した、簡単な集計表を作成していきましょう。

  1. 集計表データ用の表を作成します。
    同じシートでも別シートでも大丈夫です。今回は、同じシートに作成しました。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方


  2. VLOOKUP関数を挿入します。
    挿入するセルは自動で表示したい箇所となりますので、今回は「商品名」「価格」セルです。

    「商品名」セルB2🖱クリックしてアクティブセル*にしてから、[関数の挿入]ボタン🖱クリックします。
    アクティブセルとは…セルの中でも入力できる状態のセルのことです。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方


  3. 「関数の挿入」ダイアログボックスが起動しますので、1~4の順番に設定しましょう。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方

    1.「関数の検索」VLOOKUP関数の頭文字「V」(大文字・小文字どちらでもOK)を入力します。
    2.[検索開始]🖱クリックします。
    3.「関数名」の中から、「VLOOKUP」🖱クリックします。
    4.[OK]🖱クリックします。

     
    💡よく使用する関数は、「関数の分類」[最近使った関数]関数名が表示されますので、次から見つけやすくなります。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方


  4. VLOOKUP関数の内容を入力します。1~5の順番に設定しましょう。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方

    1.「検索値」は、セルB2「商品名」を自動で表示させるための情報となるセルA2を入力します。
    2.「範囲」は、データ用の表の範囲を入力します。
     集計表にするには、後から他のセルにも数式をコピーします。
     データ用の表の範囲がずれないようにするため、「絶対参照」というF4を押してセル位置を固定します。
    [G1:I7] F4 $G$1:$I$7](列・行番号すべて左側に「$」マークをつけます)
    3.「列番号」は、データ用の表の中で、自動で表示させたい情報が左から何列目にあるかです。
    「商品名」のある2列目の「2」を入力します。
    4.「検索方法」は、検索する値が数値の場合、「0」=完全一致の値を検索 /「1」=近似値(検索する値より小さい近い数値)を検索します。(※検索方法は省略できます)
    5.[OK]🖱クリックします。

  5. 「品番」が空欄のため、一旦はエラー*が表示されます。
    IF関数を一緒に使用してエラーを回避する方法がありますので、次項目「HLOOKUP関数」で解説します。

    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方


  6. 「価格」にも「商品名」と同じく、VLOOKUP関数を挿入します。

    「価格」セルC2🖱クリックしてアクティブセルにしてから、[関数の挿入]ボタン🖱クリックします。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方


  7. 1.「関数の挿入」ダイアログボックスが起動して、先ほど使用したばかりのVLOOKUP関数が、「関数の分類」[最近使った関数]として、「関数名」の一番上に表示されていますので🖱クリックします。
    2.[OK]🖱クリックします。

    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方


  8. VLOOKUP関数の内容を入力します。1~5の順番に設定しましょう。
     
    実は、「商品名」の数式との違いは、3.「列番号」のみです。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方

    1.「検索値」は、セルC2「価格」を自動で表示させるための情報となるセルA2を入力します。
    2.「範囲」は、データ用の表の範囲を入力します。
     集計表にするには、後から他のセルにも数式をコピーします。
     データ用の表の範囲がずれないようにするため、「絶対参照」というF4を押してセル位置を固定します。
    [G1:I7] F4 $G$1:$I$7](列・行番号すべて左側に「$」マークをつけます)
    3.「列番号」は、データ用の表の中で、自動で表示させたい情報が左から何列目にあるかです。
    「価格」のある3列目の「3」を入力します。
    4.「検索方法」は、検索する値が数値の場合、「0」=完全一致の値を検索 /「1」=近似値(検索する値より小さい近い数値)を検索します。(※検索方法は省略できます)
    5.[OK]🖱クリックします。

  9. 「品番」が空欄のため、一旦はエラー*が表示されます。
    IF関数を一緒に使用してエラーを回避する方法がありますので、次項目「HLOOKUP関数」で解説します。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方


  10. 数式セルごとに挿入していては大変です💦
    そこで、1・2の順番でコピーしましょう!
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方

    1.セルB2C2🖱ドラッグ範囲選択します。
    2.右下に小さく表示されている」フィルハンドルマウスホバー*すると「+」になりますので、表の一番下まで🖱ドラッグします。
    マウスホバーとは…マウスで🖱クリックするのではなく、対象にマウスポインターを重ね合わせることです。
    3.数式コピーができました。

  11. 「品番」を入力して、「商品名」「価格」が表示されましたらOK!です。

    「商品別小計」「合計」にも数式を入力すると、集計表の完成です!

    「商品別小計」=「価格」×「個数」
    セルE2= C2*D2 セルE3E4コピー
    「合計」=「商品別小計」+「商品別小計」+「商品別小計」
    セルE5= SUM(E2:E4)

    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方

セルに数式を表示する方法>
[数式]タブ [ワークシート分析]グループ [数式の表示]🖱クリックします。
 
VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方

 

「品番」など、決まった内容を入力
するには「リスト」が便利です。

 

HLOOKUP関数とは

HLOOKUPエイチルックアップ関数も、VLOOKUP関数と同じく、一つの項目を入力すると、他の項目が自動的に入力されるというものです。

HLOOKUP「H」は、Horizon”=水平の頭文字です。

自動的に表示させるために、同じ項目が水平に並んでいるデータ用の表を利用するのが特徴です。

VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方

HLOOKUP関数の使い方|関数のネストも解説!

実際に、HLOOKUP関数を使用して、上項目のVLOOKUP関数と同じ集計表を作成していきましょう。

  1. 集計表データ用の表を作成します。
    同じシートでも別シートでも大丈夫です。今回は、別シートに作成しました。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方


  2. HLOOKUP関数を挿入します。
    挿入するセルは自動で表示したい箇所となりますので、今回は、「商品名」「価格」セルです。

    「商品名」セルB2🖱クリックしてアクティブセルにしてから、[関数の挿入]ボタン🖱クリックします。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方


  3. 「関数の挿入」ダイアログボックスが起動します。

    上項目のVLOOKUP関数のときは、「品番」が未入力のときに、「商品名」「価格」セルで出ますエラー「#N/A」をそのままにしました。

    今回は、「品番」が未入力のときは、「商品名」「価格」セルIF関数の中HLOOKUP関数を入力して非表示にする方法を解説します。

    もちろん、同じ方法でVLOOKUP関数でもエラー「#N/A」を非表示にできます。

    1~4の順番に設定しましょう。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方

    1.「関数の検索」IF関数の頭文字「I」(大文字・小文字どちらでもOK)を入力します。
    2.[検索開始]🖱クリックします。
    3.「関数名」の中から、「IF」🖱クリックします。
    4.[OK]🖱クリックします。

  4. 「関数の挿入」ダイアログボックスが起動しますので、IF関数の内容を入力します。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方

    1.「論理式」は、『もしも、「品番」A2空欄だったら…』という意味で、[A2= ””]と入力します。
    「 ””」(ダブルクォーテーション2つ)は、空欄を意味します。
    2.「値が真の場合」は、論理式のとおり「品番」A2空欄のとき、「商品名」空欄にするという意味で、[ ””]と入力します。
    3.「値が偽の場合」に、HLOOKUP関数を挿入します。
    このように、関数の中に関数を挿入することを「ネスティング(通称:ネスト)」といいます。

  5. 「値が偽の場合」に、HLOOKUP関数ネストします。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方

    1.「値が偽の場合」🖱クリック「|」カーソルを入れます。
    2.[名前ボックス][▼]🖱クリックします。
    3.[その他の関数]🖱クリックします。

  6. 「関数の挿入」ダイアログボックスが起動しますので、1~4の順番に設定しましょう。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方

    1.「関数の検索」HLOOKUP関数の頭文字「H」(大文字・小文字どちらでもOK)を入力します。
    2.[検索開始]🖱クリックします。
    3.「関数名」の中から、「HLOOKUP」🖱クリックします。
    4.[OK]🖱クリックします。

  7. HLOOKUP関数の内容を入力します。1~5の順番に設定しましょう。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方

    1.「検索値」は、集計表シートセルB2「商品名」を自動で表示させるための情報となるセルA2を入力します。
    2.「範囲」は、データ用シートの表の範囲を入力します。
     集計表にするには、後から他のセルにも数式をコピーします。
     データ用シートの表の範囲がずれないようにするため、「絶対参照」というF4を押してセル位置を固定します。
    [データ用シート!A1:G3] F4 $A$1:$G$3](列・行番号すべて左側に「$」マークをつけます)
    3.「行番号」は、データ用シートの表の中で、自動で表示させたい情報が上から何行目にあるかです。
    「商品名」のある2行目の「2」を入力します。
    4.「検索方法」は、検索する値が数値の場合、「0」=完全一致の値を検索 /「1」=近似値(検索する値より小さい近い数値)を検索します。(※省略もできます)
    5.[OK]🖱クリックします。

  8. IF関数HLOOKUP関数ネストしたため、「品番」が空欄でもエラーは表示されません。
    見やすくて、スッキリしますね。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方


  9. 「価格」にも「商品名」と同じく、HLOOKUP関数を挿入します。
     
    「価格」セルC2🖱クリックしてアクティブセルにしてから、[関数の挿入]ボタン🖱クリックします。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方


  10. 1.「関数の挿入」ダイアログボックスが起動します。
     先ほどIF関数HLOOKUP関数を使用したばかりなので、「関数の分類」[最近使った関数]として、「関数名」の上に表示されている「IF」🖱クリックします。
    2.[OK]🖱クリックします。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方


  11. IF関数の内容を入力します。1~3の順番に設定しましょう。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方

    1.「論理式」は、『もしも、「品番」A2空欄だったら…』という意味で、[A2= ””]と入力します。
    「 ””」(ダブルクォーテーション2つ)は、空欄を意味します。
    2.「値が真の場合」は、論理式のとおり「品番」A2空欄のとき、「商品名」空欄にするという意味で、[ ””]と入力します。
    3.「値が偽の場合」に、HLOOKUP関数ネストします。

  12. 「値が偽の場合」に、HLOOKUP関数ネストします。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方

    1.「値が偽の場合」🖱クリック「|」カーソルを入れます。
    2.[名前ボックス][▼]🖱クリックします。
    3.[HLOOKUP]🖱クリックします。

  13. HLOOKUP関数の内容を入力します。1~5の順番に設定しましょう。
     
    実は、「商品名」の数式との違いは、3.「行番号」のみです。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方

    1.「検索値」は、集計表シートセルC2「価格」を自動で表示させるための情報となるセルA2を入力します。
    2.「範囲」は、データ用シートの表の範囲を入力します。
     集計表にするには、後から他のセルにも数式をコピーします。
     データ用シートの表の範囲がずれないようにするため、「絶対参照」というF4を押してセル位置を固定します。
    [データ用シート!A1:G3] F4 $A$1:$G$3](列・行番号すべて左側に「$」マークをつけます)
    3.「行番号」は、データ用シートの表の中で、自動で表示させたい情報が上から何行目にあるかです。
    「価格」のある3行目の「3」を入力します。
    4.「検索方法」は、検索する値が数値の場合、「0」=完全一致の値を検索 /「1」=近似値(検索する値より小さい近い数値)を検索します。(※省略もできます)
    5.[OK]🖱クリックします。

  14. 「商品名」も、IF関数HLOOKUP関数ネストしたため、「品番」が空欄でもエラーは表示されません。
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方


  15. 数式セルごとに挿入していては大変です💦
    そこで、1・2の順番でコピーしましょう!
     
    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方

    1.セルB2C2🖱ドラッグ範囲選択します。
    2.右下に小さく表示されている」フィルハンドルマウスホバーすると「+」になりますので、表の一番下まで🖱ドラッグします。
    3.数式コピーができました。

  16. 「品番」を入力して、「商品名」「価格」が表示されましたらOK!です。

    「商品別小計」「合計」にも数式を入力すると、集計表の完成です!
    エラーを表示させないために、下記のように数式をIF関数ネストするといいですね。

    「商品別小計」=「価格」×「個数」
    セルE2= IF(A2 = ””, ””, C2*D2) セルE3E4コピー
    「合計」=「商品別小計」+「商品別小計」+「商品別小計」
    セルE5= IF(A2 = ””, ””, SUM(E2:E4))

    VLOOKUP関数・HLOOKUP関数の使い方

 

まとめ

今回の授業は、Excel関数『VLOOKUP関数・HLOOKUP関数』を、初心者の方向けに違いと使い方を解説します!

IF関数VLOOKUP関数HLOOKUP関数ネスティング(通称:ネスト)して、エラーを表示させない方法もご紹介しました。

IF関数も求人情報で、VLOOKUP関数と並びIF関数のできる方歓迎!」と記載されていることも多いので、ぜひマスターしておきましょう

IF関数のご受講がまだの方は、
こちらの授業をどうぞ。
簡単で便利な、COUNT関数の授業です。

😄ご受講お疲れさまでした
 

「👩 性能が良くてリーズナブルなパソコンが欲しい」とご希望の方にオススメ!
 オーダメイド感覚で予算に合わせてあなた好みの1台にできる【NECパソコン直販サイト】
「👨 知人のススメでMacを購入したけど、Windowsにすれば良かったかな?」とお悩みの方への一つの解決法!
 MacでWindowsを使える【Parallels】

あなたの“やりたい”をかなえる【NECパソコン直販サイト】(※限定クーポンあります)MacでWindowsを使えるソフトウェア【Parallels】
パソコンの仕組みを理解して、
選び方に詳しくなれる授業です。

 

👩‍🏫パソコンインストラクターが選ぶ!💻パソコンライフお役立ちグッズのご紹介です。
パソコンの天敵「雷」と、電源タップの天敵「ホコリ」の両方から守ってくれる『電源タップ』です。

 スキルを活かして働き方を選べる時代です 

パソコンスキルを身に付けて、ステップアップ転職される方も多くいらっしゃいます。
当教室での授業が、皆様のスキルアップの一助となれましたら幸いです

アルバイト・パート ⇨ 派遣社員 ⇨ 正社員 ⇨ 契約社員 ⇨ フリーランスと、さまざまな働き方の経験をもちます私から、実際にお世話になった(なっている)働き方の選択肢をご紹介いたします

【すべて登録無料です】
転職&企業の評判・口コミ:転職会議で企業情報を見極めながら転職活動をする
派遣・紹介予定派遣:マイナビスタッフで希望やスキルに合ったお仕事を紹介してもらう
副業・フリーランス:ランサーズクラウドワークスでクラウドソーシングや在宅ワークをする

お仕事をされていてパソコン操作に困られたら、またこちら「どこでもパソコン教室 四日市」を見に来てくださいね。一緒に頑張りましょう

💻PCの"😔困った"を"😄安心・楽しい"へ!
  • Windows(R), Microsoft(R)Outlook, Word, Excel, PowerPoint, Access, Internet Explorer, Edgeは、Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • Google, Google Chrome, YouTube, Gmailは、Google Inc. の商標または登録商標です。
  • Mozilla Firefoxは、米国 Mozilla Foundation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
どこでもパソコン教室をフォローする
スポンサーリンク
dokodemo-pc.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました