【ファンクションキー『後編』】F11・F12の機能!Fnキーとは?

ファンクションキー【F11 F12 Fn】💻便利!カッコいい👍 ショートカットキー
この記事は約10分で読めます。

今回授業は、ファンクションキーF11 F12 Fnのご紹介です。

キーボードの一番上に並んでいる、F1F12キーを使われたことはありますか

聞こえなかったフリをしたいほど、よく分かりません…🙉💦

😊 F1F12「ファンクションキー」といいます。

各キーに機能がありまして、1回押すだけで実行できたり、Fnなどの他のキーと組み合わせたりして使います。

どんな機能があるのか知りたいです。

覚えられますか

お好きなソフトで積極的に使っていくことで、自然に覚えられますよ

F1F121回押すだけで実行できる機能を中心に、ソフトごとに分けてご紹介します。

さらに、おもにノートパソコンにありますFnについても、合わせてご紹介します。

知って良かった~と思える機能満載ですよ!

お気に入りの機能が増えると、パソコンがもっと楽しくなりますね

たくさんの便利機能がありますので、前編』『中編』『後編3回に分けてご紹介します。

今回の授業は、『後編』F11Fnの機能についてです。

前編F1F5後編F6F12については、下記にリンクがございますので、ぜひご受講くださいませ

『前編』F1F5はこちらをご受講ください。☟

『中編』F6F10はこちらをご受講ください。☟

スポンサーリンク

ファンクションキーの位置

ファンクションキーは、キーボードの上部F1F12のキーが横一列に並んでいます。

キーボードの左下にはFnエフエヌキーがあります。

ファンクションキー

F11:全画面表示・グラフを作成

F11 ウェブブラウザー

ウェブブラウザーF11を押すと、ウィンドウ全画面表示となり、
上部の[タブ][メニューバー]、下部の[ステータスバー]非表示となるほど、
ディスプレイいっぱいに画面が大きくなります。

F11を押すたびに、通常画面全画面が切り替わります。

ファンクションキー

F11 Excel|エクセル

Excelでデータが入力された表の、グラフにしたい範囲を選択してF11を押すと、
縦棒グラフが別シートに作成されます。

😲あっという間にできてしまうので、初めて使ったときは驚きますよ!

ファンクションキー 

F12:ウェブページの検証画面を表示・名前を付けて保存

F12 ウェブブラウザー

ウェブブラウザーF12を押すと、ウェブページの検証画面を表示します。

ウェブページの検証画面とは、ウェブデザイナーなどウェブページ制作者がよく使う機能で、
ウェブブラウザーごとに、名称が検証」「要素の検査」「要素を調査といいます。

少し専門的なことをいいますと、
ウェブページは、HTMLCSSなどの「マークアップ言語」を記述して作成します。 

この検証画面では、そのHTMLCSSなどの記述内容を確認しながら、
デザインの詳細や、エラーなどを調べることができます。

いわば、ウェブページの“すっぴん状態!”を見ることができます。😱
怖かったら(!?)もう一度F12を押すと、すぐに元の表示に戻れますのでご安心を。🤡

ファンクションキー 

 下記授業では、実際に簡単なHTMLを記述する(コーディング)体験ができますよ!☟

F12 Word|ワード

WordF12を押すと、「名前を付けて保存」ダイアログボックスが起動します。

大切な文書をすぐに保存できますので、作業中に早めに実行しておくといい機能ですね。

ファンクションキー

F12 Excel|エクセル

ExcelF12を押すと、上記のF12 Word|ワードと同じく、
「名前を付けて保存」ダイアログボックスが起動します。

図解は上記『F12 Word|ワード』をご参照ください。

F12 PowerPoint|パワーポイント

PowerPointF12を押すと、
上記のF12 Word|ワードF12 Excel(エクセル)と同じく、
「名前を付けて保存」ダイアログボックスが起動します。

図解上記『F12 Word|ワード』をご参照ください。


 名前を付けて保存上書き保存の使い分け、できていますか? 詳しくはこちらをご覧ください。☟

 

Fnキー

Fnキーとは

FnキーFnは、『Function』の略です。

F1F12の「ファンクションキー」とは区別して、「エフエヌキー」と呼ぶことが多いです。

メーカーや機種によって違いがありますけれども、
おもに、ノートパソコンのキーボード左下にあります。 

キーボードの表示をご覧いただきますと、
Fn同じ色の文字や絵のついているキーがあることに、気づかれると思います。
 

Fnを押しながらFn同じ色の文字や絵のついているキーを押すと、
そのまま押したときとは別の、同じ色の文字や絵表現された機能が有効となります。

Fnがおもにノートパソコンにある理由は、デスクトップパソコンより狭い、
ノートパソコンの限られた範囲に多くの機能を搭載できるためです。

Fnキーの使い方と実行できるおもな機能

Fnの使い方は、Fnを押しながら、使いたい機能のあるキー“ポン”と押します
機能によっては、Fnを押しながら、必要な回数だけ“ポン、ポン…”と押します

Fnと合わせて実行できる機能や、キーボードにある文字や絵とその位置は、
パソコンのメーカーや機種によって違いがありますので、ここではいくつか例をご紹介します。

Fn
  1. 押すたびに音量が上がります。
  2. 押すたびにディスプレイ(画面)が明るくなります。
  3. 押すたびに音量が下がります。
  4. 押すたびにディスプレイ(画面)が暗くなります。
  5. 音声のオンとオフを切り替えます。
  6. 外部のディスプレイを接続しているときに、切り替えたり設定したりします。
  7. マイクのオンとオフを切り替えます。
  8. タッチパッドのオンとオフを切り替えます。
  9. “機内モード”というデータ通信やWi-Fiなどを遮断する設定のオンとオフを切り替えます。
  10. カメラのオンとオフを切り替えます。
  11. パソコンをロックします。電源を入れたばかりのパスワード入力する画面となります。
  12. 画面をカメラで撮影したような「スクリーンショット」ができます。
    Wordなどに貼り付けることで、活用できます。
  13. ウェブブラウザーなどでは、ページの先頭に移動します。
    Wordなどで文字入力中では、行頭にカーソルが移動します。
  14. ウェブブラウザーなどでは、ページの最後に移動します。
    Wordなどで文字入力中では、行末にカーソルが移動します。
  15. 1ページずつ前ページに移動します
  16. 1ページずつ次ページに移動します。
     

まとめ

それでは、【ファンクションキー『後編』】のおさらいをしていきましょう。

『前編』F1F5はこちらをご受講ください。☟

『中編』F6F10はこちらをご受講ください。☟

キー場所・使用ソフト機能
F11ウェブブラウザー全画面表示
 Excel|エクセルグラフを作成
F12ウェブブラウザー検証画面を表示
 Word|ワード名前を付けて保存
 Excel|エクセル名前を付けて保存
 PowerPoint|パワーポイント名前を付けて保存
 

ファンクションキー『後編いかがでしたでしょうか?

今回は、キーひとつを1回押すことで実行できる機能を中心にご紹介いたしました。

パソコンの機能は奥が深く、他にもキーの組み合わせで実行できる機能が多くあります。

新たな発見は、最初は難しく感じますけれども、
慣れると楽しくなって、さらに操作の不安も解消してくれます! 

「このキーは何ができるのだったかな?🤔」と迷われたときは、
またこの授業に戻ってきてくださいね!👋😄
 

テクニックを習得したら、入力が追い付かなくてはジレンマを感じますよね。
手書きを習うのは“お習字”、パソコン入力を習うのは“タイピングソフト”がオススメです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました