【箇条書き・基本編】Word・Excelで使える!設定・解除・改行・レベルのつけ方

箇条書き・基本編💻PCの"😔困った"を"😄安心・楽しい"へ!
この記事は約14分で読めます。

こんにちはどこでもパソコン教室 四日市です。

今回の授業は、『箇条書き・基本編』としまして、4つの方法を解説します!

Wordで、要点の伝わりやすい文書を作成したいです。

箇条書きにすると良さそうですけれど、設定と解除の方法がいまひとつよくわかりません…

箇条書きは、🖱クリックだけで簡単に設定できます。

けれども、そこからが思いどおりにいかないことも多いですね。

思いどおりに設定できなかったりすると、結局、普通の文字入力で記号を入れてしまいます。

そこで、次の4つの方法を解説します

基本的な設定方法

解除方法

箇条書き内で改行する方法

箇条書きのレベルのつけ方

 

☟さらなるスキルアップ!『箇条書き・応用編』もぜひご受講ください。

【箇条書き・応用編】記号など行頭文字のデザインと文字列との間隔の変更方法

Excel箇条書きのボタンがないので、設定できないのでしょうか…

実は、WordExcelPowerPointOutlook箇条書きの設定ができます

ソフトごとの設定方法も解説しますね

いろいろ操作しているうちに“くちゃくちゃ💦”になって困っていた箇条書きを、スマートに使いこなせるようになりたいです!

スポンサーリンク

箇条書きとは

箇条書きとは、要点を簡潔にまとめて並べることで、内容を短時間で伝わりやすくするものです。

たとえば、次の文章から、必要な防災用品を用意したいと思います。
何を用意すればいいのか、ちょっと分かりづらいですね…

防災セットのおすすめは、リュックサックの中に、不織布バッグや携帯スリッパ、ラジオ付きハンディライトがあると暗い所でも安心です。衛生用品としては、マスクや携帯トイレ、ウェットティッシュもあるといいですね。
 

そこで、箇条書きにすると熟読しなくても情報が分かりやすくなります!

<防災セットおすすめ>
● 不織布バッグ
● 携帯スリッパ
● ラジオ付きハンディライト
● マスク
● 携帯トイレ
● ウェットティッシュ
 
こちらから実際に「防災士監修」の防災セットを揃えられます!安心・安全のために。

箇条書きの基本的な使い方

Officeソフトごとの箇条書き設定コマンドボタンの位置

箇条書きは、[箇条書き]コマンドボタン🖱クリックして設定します。
コマンドボタンとは、リボン上などにあるボタンのことで、🖱クリックなどで機能を実行します。 

Officeソフトごとの[箇条書き]コマンドボタンの位置は、次のとおりです。

Word|ワード

Wordは、次の順にリボン上🖱クリックします。

[ホーム]タブ [段落]グループ [箇条書き]

そのまま🖱クリックすると、初期状態、または直近に使用した行頭文字が入力されます。
右側の[▼]を🖱クリックすると、行頭文字を変更できます。

箇条書き・基本編

Excel|エクセル

Excelは、リボン上[箇条書き]コマンドボタンはありません
けれども、あきらめなくて大丈夫です!テキストボックスの中に設定できます。

  1. [挿入]タブ [テキスト]グループ [テキストボックス]の[▼]を🖱クリックして、「横書き」、または「縦書き」を選択します。どちらでも箇条書きを作成できます
     
    箇条書き・基本編


  2. 左上から右下へ🖱ドラッグして、テキストボックスを描画します。
  3. テキストボックスの中を🖱右クリックすると、コンテキストメニューが表示されますので、中ほどにある[箇条書き]🖱クリックします。
     
    そのまま🖱クリックすると、初期状態、または直近に使用した行頭文字が入力されます。
    右側の[▶]を🖱クリックすると、行頭文字を変更できます。
     
    箇条書き・基本編

PowerPoint|パワーポイント

PowerPointは、リボン上[箇条書き]コマンドボタンがあります。

プレースホルダー、またはテキストボックスを選択して、次の順序で🖱クリックします。

[ホーム]タブ [段落]グループ [箇条書き]
プレースホルダーとは
文字列や図、グラフなどを挿入する領域です。拡大・縮小、移動などもできます。
 
テキストボックスの挿入方法
[挿入]タブ [テキスト]グループ [テキストボックス]の[▼]を🖱クリックして「横書き」、または「縦書き」を選択します。どちらでも箇条書きを作成できます

左上から右下へ🖱ドラッグして、テキストボックスを描画します。

箇条書き・基本編 

テキストボックスを最大限に活用できるようになれる授業です。

 
そのまま🖱クリックすると、「塗りつぶし丸の行頭文字」という名前の「・」が入力されます。
右側の[▼]を🖱クリックすると、行頭文字を変更できます。

箇条書き・基本編

Outlook|アウトルック

Outlookは、メール作成画面のリボン上2ヶ所[箇条書き]コマンドボタンがあります。

  1. [ホーム]タブ [新しいメール]🖱クリック、または Ctrl+N を押します。
     
  2. 表示されたメッセージ作成画面の、次の2ヶ所[箇条書き]コマンドボタンがあります。
     

    [メッセージ]タブ [フォント]グループ [箇条書き]
    [書式設定]タブ [段落]グループ [箇条書き]

     
    箇条書き・基本編 
    そのまま🖱クリックすると、初期状態、または直近に使用した行頭文字が入力されます。
    右側の[▼]を🖱クリックすると、行頭文字を変更できます。
     

パソコンの画面構成各部名称を知れば知るほど、パソコンが使いやすくなりますよ!

 

箇条書きの設定方法2種類

箇条書きの設定はとても簡単で、基本的に[箇条書き]コマンドボタン🖱クリックするだけで、🖱クリックのタイミング次の2種類あります。
 
Officeソフト共通ですので、Wordの画面で解説します。

その1:1行目に設定して改行していく

箇条書きを、まず1行目に設定して、Enter改行していく方法です。

  1. 箇条書きの1行目に「|」カーソルを置いて[箇条書き]コマンドボタン🖱クリックして、「●」行頭文字を入力します。
     
    箇条書き・基本編


  2. 文字列を入力して、Enter改行します。
    すると、「●」行頭文字が自動的に入力されます。
     
    箇条書き・基本編


  3. 文字列を入力 Enter改行を繰り返して、完成です!
     
    箇条書き・基本編

その2:すべての文字列を入力後に全体に設定

先に、文字列の入力を済ませてから、箇条書きを設定する方法です。

  1. 箇条書きにする文字列を先に入力しておきます。
     
    箇条書き・基本編


  2. 箇条書きにする文字列を範囲選択します。
    選択したい範囲の、左上から右下に🖱ドラッグするのが“コツ”です。
     
    箇条書き・基本編


  3. [箇条書き]コマンドボタン🖱クリックすると、選択範囲全体が箇条書きになります。
     
    箇条書き・基本編

箇条書きの解除方法3種類

不要な行頭文字は、「|」カーソルが右隣りにある状態で、次の3種類の方法で解除できます。

箇条書き・基本編

  1. [箇条書き]コマンドボタン🖱クリックする
  2.  Back spaceを押す
  3. 文字列を入力しないで、Enterを押す

解除後の「|」カーソル位置に、微妙な違いがありますので、お好みで使い分けるのもいいですね!

 

一つの箇条書き内で改行する方法「任意指定の行区切り」

一つの箇条書き内で改行したいのに、Enterを押すと行頭文字が入力されて、困ったことはありませんか?

Shiftを押しながら、Enterを押すと、「任意指定の行区切り」(段落内改行)ができます。

  1. 箇条書きの中で、改行したい箇所に「|」カーソルを置いてShift+Enterを押します。 
  2. 箇条書き内で改行されました!
    WordOutlookでは、行末に編集記号「↓」任意指定の行区切りが入ります。
     
    箇条書き・基本編 
編集記号14種類の、機能の名称、意味、そして設定方法の一覧表もあります!

箇条書きの中に箇条書きをつくる「リストのレベルの変更」

コマンドボタンからのリストのレベルの変更

WordOutlookには、「リストのレベルの変更」という機能があります。

下図のように、箇条書きにレベルをつけるので、項目が複数あって情報量も多いときに、とても見やすくなるため便利です。

箇条書き・基本編

 
Word
画面で解説します。Outlookでも設定方法は同じです。

  1. レベルを付けたい箇条書きの範囲を選択します。 
  2. [箇条書き]コマンドボタンの[▼][リストのレベルの変更]の順に🖱クリックすると、
    レベルの一覧が表示されます。
     
    箇条書き・基本編


  3. [レベル1]~[レベル9]まであり、🖱クリックレベルを選択して変更できます!
     
    箇条書き・基本編

リストのレベルの変更をインデントでする方法

WordExcelPowerPointOutlook共通で、インデントでリストレベルが変更できます。

インデントを減らすコマンドボタンでに、インデントを増やすコマンドボタンでに、「|」カーソルの入っている箇条書きが動きます。

Wordは、インデントの増減で、行頭文字が変化します。
Outlookは、メッセージ作成画面に、インデントのコマンドボタンがあります。

箇条書き・基本編 

下記授業では、インデントについて詳しく解説しています。

 

まとめ

今回の授業は、『箇条書き・基本編』としまして、次の4つの方法を解説しました!

基本的な設定方法
解除方法
箇条書き内で改行する方法
箇条書きのレベルのつけ方

EnterBack spaceを押したり、🖱ドラッグなどしているうちに、箇条書きがなんだか“くちゃくちゃ💦”になってしまったご経験のある方は、私を含めてたくさんいらっしゃるかと思います。😅

基本的な使い方をマスターすれば、思いどおりの「伝わりやすい文書」を作成できます。

さらに、下記授業では箇条書き・応用編を解説しています。
箇条書きの行頭文字をオリジナルにするなど、思いどおりの演出ができるようになれますよ

😄ご受講お疲れさまでした

 

パソコンや周辺機器のお店に迷われていませんか? 一度こちらのお店をのぞいてみてください。
オーダメイド感覚ご予算に合わせてあなた好みの1台にできる「NECパソコン直販サイト」と、パソコン周辺機器デジタル雑貨が揃う「パソコン工房」です。

あなたの“やりたい”をかなえるスタンダードノートPC
(※限定クーポンあります)
パソコン・PCパーツ・周辺機器がお買い得!パソコン工房のセール
BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール
パソコンの仕組みを理解して、選び方に詳しくなれる授業です。

 

転職のためにパソコン教室で受講される方も多いです。
😌かつての私もそうでした。
私も使用していました、無料で会員登録できる『転職会議』をご紹介します。
国内最大級100万件以上の転職口コミ情報を確認しながら、転職会議独自と大手転職サイトの求人をまとめて検索できます。
良き仕事との出会いのために、入社後に一番大切な「職場環境」を、👀垣間見ることができます。
転職をご希望でなくても、お勤めされている会社の職場環境の客観的視点をもてますので、改善にも役立ちます。

無料会員登録はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました