【オブジェクトの選択】図が選択・移動できないときの3つの対処法!

オブジェクトの選択💻PCの"😔困った"を"😄安心・楽しい"へ!
この記事は約10分で読めます。

こんにちはどこでもパソコン教室 四日市です

今回の授業は、移動したい“図”を🖱クリックで選択できないときの【オブジェクトの選択】3つの対処法を解説します!

WordExcelPowerPointで、図を移動したり削除したりするときに、その図を選択できなくて困ったことはありませんか

選択できる図とできない図があって、無理に動かそうとすると、思ってもいない別のものが動いてしまいます…💦

実は、今回の授業でご紹介する『図の選択方法』を実践すると、図を自由に選択・配置できるようになって、デザイン力もUPします!

なぜなら、図の配置のしくみが理解できるため、応用も出来るようになれるからです。

今回は「図の選択ができないときの3つの対処法」と、さらに「複数の図を、まとめて“一括選択”する方法」をご紹介します

もうこれからは🖱クリック連打で、つかめない図と格闘しなくてすみますね

スポンサーリンク

図の選択3つの対処法

図はオブジェクトともいい、次のように11種類あります。
いずれもこれからご紹介する方法で選択した後に、移動削除できます。

もし、使用したことのない図の種類がありましたら、ぜひ試されることをお勧めします。
表現の幅も広がって、新しいアイデアも湧きやすいですよ!

オブジェクトの選択

図の種類説明
列数と行数を自分で決めて挿入できます。
情報を整理して表現できます。
画像写真や絵などです。
図形○ △ ▢ などの基本的なものから、矢印や吹き出しなどもあります。
アイコンそれだけで意味が伝わりやすい表現豊かな絵です。
3Dモデル回転して角度を変えることがでる3Dの図です。
SmartArt組織図や手順など、図形を組み合わせて表現したものです。
グラフ縦棒グラフ、横棒グラフなど、Excelのみならず、WordPowerPointでも使用できます。
スクリーンショットパソコンの画面を写真で撮影したように画像にできます。
テキストボックス文字を入力できる箱で、文字列の行に束縛されることなく、文字を配置できます。
【テキストボックス】Officeソフト共通|透明・行間・縦横…使い方8種類を解説!
クイックパーツデザインされたパーツを挿入して使えます。
自作したパーツを登録することもできます。
ワードアート文字列を図のようにあつかえて、デザインも既存のスタイルから自分用にカスタマイズできます。

[Tab]キーで図を選択する方法

下図は、ちょっと見えづらいですけれども……👀💦
上から、文字列図形画像テキストボックスの順で重なっています。

文字列の背面にある図を、せま~い文字の間、行間から🖱クリックできることもあります。

けれどもこのように、びっしりと文字列が最前面にある場合は、🖱クリックは難しいですよね。

オブジェクトの選択


  1. そこで、図の一部分でも🖱クリックできる箇所があれば、まず一つ図を選択します。
     
    オブジェクトの選択 
    マウスポインターとは…マウスで動く矢印のことです。


  2. 次に、Tabキーを押してみましょう

    押すたびに、文書内にある画像を順に選択していきますので、背面にある図も簡単に選択できます。
     
    オブジェクトの選択

「オブジェクトの選択」で図を囲んで選択する方法

図のどの部分もまったく🖱クリックできない場合は、オブジェクトの選択を使いましょう。

  1. オブジェクトの選択コマンドボタンの位置は、ソフトごとに次の順で🖱クリックします。
     
    WordPowerPoint
    [ホーム]タブ [編集]グループ [選択][オブジェクトの選択]
    Excel
    [ホーム]タブ [編集]グループ [検索と選択][オブジェクトの選択]
     
    オブジェクトの選択


  2. 選択したい図を囲みます。
    マウスポインターを、左上から右下に🖱ドラッグするのが“コツ”です。

    このとき、完全に囲まれた図のみ選択されます
    選択したい図をすべて囲むように🖱ドラッグ*するのがポイントです。
    ドラッグとは…マウスの左ボタンを🖱クリックしたまま移動することです。
     
    オブジェクトの選択 
    オブジェクトの選択

「オブジェクトの選択と表示」で図を一覧から選択する方法

図のどの部分もまったく🖱クリックできないし、大きな図の背面に小さな図がかくれて、どこにあるのか見えない場合は、オブジェクトの選択と表示を使いましょう。

  1. オブジェクトの選択と表示コマンドボタンの位置は、ソフトごとに次の順で🖱クリックします。

    WordPowerPoint
    [ホーム]タブ [編集]グループ [選択][オブジェクトの選択と表示]
    Excel
    [ホーム]タブ [編集]グループ [検索と選択][オブジェクトの選択と表示]
     
    オブジェクトの選択 
    オブジェクトの選択


  2. 1.“画像”が“プレゼント”の背面にかくれて、どこにあるのか見えません。
     そこで、画面の右に表示された図の一覧から、“画像”を🖱クリックします。
     
    2.“プレゼント”の背面にある、“画像”が選択されました
     図は選択されると、枠に白い丸「○」ハンドルが付きます。
     
    オブジェクトの選択


  3. “画像”が無事選択されても、🙈見えません…見えるようにしてみましょう!
     
    1.画面の右に表示された図の一覧の、“プレゼント”右にあるマークを🖱クリックします。 
    2.“プレゼント”が消えて“画像”が見えました
     
    “プレゼント”は削除されたわけではなく、非表示となっただけですので、再度右にあるマークを🖱クリックすると表示されます。
     
    オブジェクトの選択


  4. 1.画面の右に表示された図の一覧で、“画像”をドラッグ、または右上の「▲」ボタンを🖱クリックして一番上に移動します。

    2.“画像”が複数の図の中で一番上に表示されました。
     
    オブジェクトの選択

複数の図をまとめて“一括選択”する方法

「オブジェクトの選択」ですべての図を囲む

  1. ソフトごとに次の順で🖱クリックします。

    WordPowerPoint
    [ホーム]タブ [編集]グループ [選択][オブジェクトの選択]
    Excel
    [ホーム]タブ [編集]グループ [検索と選択][オブジェクトの選択]
     
    オブジェクトの選択


  2. すべての図を囲みます。
    マウスポインターを、左上から右下に🖱ドラッグするのが“コツ”です。
     
    オブジェクトの選択

「オブジェクトの選択と表示」ですべての図を選択する

  1. ソフトごとに次の順で🖱クリックします。

    WordPowerPoint
    [ホーム]タブ [編集]グループ [選択][オブジェクトの選択と表示]
    Excel
    [ホーム]タブ [編集]グループ [検索と選択][オブジェクトの選択と表示]
     
    オブジェクトの選択


  2. 画面の右に表示された図の一覧を、Ctrlキーを押しながら、1つずつ🖱クリックします
     
    オブジェクトの選択

選択できる図とできない図があるときの対処法

これまでの操作で、選択できる図とできない図があるときは、図の文字列の折り返しが「行内」、または「背面」になっていないか確認してみましょう。

もしも、「行内」「背面」になっていた場合は、「前面」にしてみましょう
 

文字列と図の配置を自由に扱える、図の文字列の折り返しについて詳しくはこちらをご受講ください。

まとめ

今回の授業は、移動したい“図”を🖱クリックで選択できないときの【オブジェクトの選択】3つの対処法を解説しました!

それでは、おさらいをしていきましょう。

図の選択ができないときの3つの対処法】
Tabタブキーを押して図を選択する
「オブジェクトの選択」で図を囲む
「オブジェクトの選択と表示」で図を選択する

複数の図をまとめて“一括選択”する方法】
「オブジェクトの選択」ですべての図を囲む
「オブジェクトの選択と表示」ですべての図を選択する

選択できる図とできない図があるときの対処法】
図の文字列の折り返し「行内」、または「背面」になっていないか確認する

図=オブジェクトは、伝えたいことを分かりやすく表現するのに便利です。
そのために、今回ご紹介したテクニックを活用していただければ幸いです
 

大切な作品やデータを、パソコンの故障や買い替え時に備えて、USBで簡単に接続できる外付けハードディスクにも保存されることをオススメしています!PCとTV両方に使えます。

😄ご受講お疲れさまでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました