【Ctrl+X】切り取り・移動のショートカットキー使い方のコツ

ショートカットキー【Ctrl+X】💻便利!カッコいい👍 ショートカットキー
この記事は約9分で読めます。

今回の授業は、『「切り取り」(カット)ショートカットキーCtrl+Xのご紹介です。

Xは、ハサミのイメージを意味します。

Ctrl+Xだけで使用されるよりも、Ctrl+Vとセットで使用されることがほとんどです。

Ctrl+Vとセットで使用といえば、定番のコピペ!Ctrl+C / Ctrl+V がありますね

【Ctrl+C/Ctrl+V】定番!「コピペ」のショートカットキー

はい。それぞれ次の特徴があります。

Ctrl+C / Ctrl+Vコピー 貼り付け元の場所に残る

Ctrl+X / Ctrl+V切り取り 貼り付け元の場所に残らない

フォルダ、ファイル、文字列、図など

元の場所に残したいときCtrl+C

残したくないときCtrl+X と、使い分けるといいですね

そのとおりです!

今回の授業は Ctrl+Xを、関連する機能と一緒に動きを解説します!

どうぞ最後までご受講ください!

スポンサーリンク

Ctrl+X:コントロール・エックス

Ctrlを押しながらXを押すと、次の内容を「切り取り(カット)」します。

ショートカットキー【Ctrl+X】

「コピー & 貼り付け」と「切り取り & 貼り付け」の違い

Ctrl+X「切り取り」は、Ctrl+V「貼り付け(ペースト)」と一緒に使用します。

同じく、「貼り付け」と一緒に使用する機能があります…Ctrl+C「コピー」です!
コピー & ペースト = “コピ” ですね。

ということは、カット & ペースト = “カト” 🤓!?……とはあまり言われませんね。
 

「切り取り」「コピー」「貼り付け」を、🖱マウスのクリック操作でする場合
 
<フォルダ・ファイル>
🖱右クリックして表示されますメニュー内を🖱クリックします。
ショートカットキー【Ctrl+X】 
 
<文字列・図>
[ホーム]タブ [クリップボード]グループ内を🖱クリックします。
 
ショートカットキー【Ctrl+X】

コピー & 貼り付けとは

Ctrl+C コピーとは…

  選んだ内容を複製して、別の場所に貼り付けるために、
  パソコンの中にあるクリップボードに準備することです。

 複製しますので、元の場所にも残ります

 

Ctrl+V 貼り付け(ペースト)とは…

  クリップボードから糊付けするように、指定した場所へ貼り付けることです。
 

「コピー&貼り付け(ペースト)」のイメージです!☟

ショートカットキー【Ctrl+X】

切り取り & 貼り付けとは

Ctrl+X 切り取りとは…

  選んだ内容を切り取って、別の場所に貼り付けるために、
  パソコンの中にあるクリップボードに準備することです。

 切り取りしますので、元の場所には残りません移動させるイメージです。

 

Ctrl+V 貼り付け(ペースト)とは…

  クリップボードから糊付けするように、指定した場所へ貼り付けることです。
 

「切り取り(カット)& 貼り付け(ペースト)」のイメージです!☟

ショートカットキー【Ctrl+X】

切り取り & 貼り付けをやってみましょう!

「フォルダ」の切り取り & 貼り付け

「Ctrl+Xを押しました!」フォルダを、「貼り付け先です!」フォルダへ移動しましょう!
 

  1. フォルダ🖱クリックして選択すると、背景が青くなります。
  2. 続いて、Ctrl+Xを押しますと、フォルダが薄くなります。
     
    ショートカットキー【Ctrl+X】 
     
  3. 貼り付け先(移動先)フォルダを、🖱ダブルクリックで開きます
  4. Ctrl+Vを押すと、フォルダが貼り付いて、移動できました!
     
    元の位置からフォルダは消えます。
     
    ショートカットキー【Ctrl+X】

「ファイル」の切り取り & 貼り付け

「フォルダAに入っているWordファイル「Ctrl+Xを押しました!.docx」を、
「フォルダBに移動しましょう!
 

  1. 「フォルダA入っているWordファイル「Ctrl+Xを押しました!.docx」を、
    🖱クリックして選択すると、背景が青くなります。
  2. 続いて、Ctrl+Xを押しますと、ファイルが薄くなります。
     
    ショートカットキー【Ctrl+X】 
     
  3. 貼り付け先(移動先)「フォルダBを、🖱ダブルクリックで開きます
  4. Ctrl+Vを押すと、
    Wordファイル「Ctrl+Xを押しました!.docx」が貼り付いて、移動できました!
     
    元の位置「フォルダAからファイルは消えます。
     
    ショートカットキー【Ctrl+X】

「図(図形・写真など)」の切り取り & 貼り付け

Excelシート1の📊グラフを、シート2移動しましょう!
 

  1. 「シート1」に、グラフにするための表を作成します
    今回は、出典:興行通信社「CINEMAランキング通信」映画歴代ランキング(2020年12月現在)
    の情報を元に作成します。
  2. 次のいずれかの方法で、グラフにするデータ範囲を範囲選択します。
    今回は、表全体を選択します。
    🖱マウスでドラッグする…左上から右下にドラッグするのが“コツ”です。
    Ctrl+Aを押す…表内のいずれかのセルが選択された状態で押します。

  3. [挿入]タブ ➡ [グラフ]グループ ➡ [おすすめグラフ]🖱クリックします。
     
    ショートカットキー【Ctrl+X】 
     

  4. 「グラフの挿入」ダイアログボックスが起動します。
    お好みのグラフを選択して、[OK]🖱クリックします。
     
    ショートカットキー【Ctrl+X】 
     
  5. グラフが作成されました。
    グラフが選択されている状態で、Ctrl+Xを押しますと、グラフを切り取ります
     
    ショートカットキー【Ctrl+X】 
     
  6. シート2を表示して、Ctrl+Vを押します
    グラフを、シート1シート2移動できました!
     
    ショートカットキー【Ctrl+X】 
     

 Excelグラフ作成の裏技!ファンクションキーF11もあわせてご覧ください。☟

「文字列」の切り取り & 貼り付け

文字列切り取り & 貼り付けは、「互換性」のあるソフトウェア同士でもできます。

「互換性」のあるWordからPowerPointへ、文字列を移動してみましょう!
 

互換性とは…
置き換えても、同様に動作させることができることをいいます。
WordExcelPowerPointは、同じMicrosoft製なので互換性が高いのです。
 
  1. WordPowerPointを起動します。
     
  2. 1. Word文字列「Ctrl+Xを押しました!」の、「Ctrl+X」を文字選択します。
     
    2. Ctrl+Xを押して文字列を切り取ります
     
    ショートカットキー【Ctrl+X】 
     
  3. PowerPointプレースホルダー🖱クリックで選択してCtrl+Vを押します
    プレースホルダーとは、文字列や図、グラフなどを挿入する領域です。
     
    文字列「Ctrl+X」を、WordPowerPoint移動できました!
    Wordでの書式のまま貼り付きますので、お好みの書式に変えましょう。
     
    ショートカットキー【Ctrl+X】 

 プレースホルダーなど、画面構成・各部名称について詳しくはこちらをご覧ください。☟

[Ctrl+X]を間違えたときの対処法

もしも、Ctrl+Xを押すタイミングを間違えたり、必要なものが消えてしまったりしたときは、
Escキーを押しましょう! 切り取りをキャンセルできます。 

それでもダメなときは、Ctrl+Zを押しましょう! 押すたびに1手順ずつ”過去”に戻れます!
 

 “過去”と”現在”の行き来ができるショートカットキーCtrl+Z/Ctrl+Yについて詳しくはこちらをご覧ください。☟

まとめ

今回の授業は、「切り取り」(カット)ショートカットキーCtrl+Xのご紹介でした。

Ctrl+X「切り取り」は、Ctrl+V「貼り付け(ペースト)」と一緒に使用します。
 

「切り取り」したフォルダ、ファイル、文字列、図などが、元の場所に残らないのが特徴です。

元の場所に残したいときはCtrl+Cを使用するように、使い分けていきましょう!
 

Ctrl+X✂ハサミ使い分けにちなみまして、
これ1本で全9機能Ctrl+Xよりも、多機能なハサミを見つけました
台所・防災グッズ・アウトドアに最適で便利ですね。

 

ページ内でご紹介しましたリンクをまとめましたので、お時間のある時にぜひご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました