【タイピングのホームポジション】タッチタイピング練習のコツ!

タイピングのコツ💻PCの"😔困った"を"😄安心・楽しい"へ!
この記事は約15分で読めます。

こんにちはどこでもパソコン教室 四日市です。

今回の授業は、「タッチタイピング」練習のコツをご紹介します!

タッチタイピングという、キーボードを見ないで、パソコン画面に集中できる入力方法をご存知ですか

知っています。カッコいいですよね

けれども、難しそうなので自己流で入力しています。

私も、最初はまったくできませんでした…。

指のお家である「ホームポジション」という基本位置をマスターすることで、入力スピードが上がり、誤入力も減ります
 
タイピング上達のコツは次の3つです
 ホームポジションからの正しい指づかいをする
  リズミカルに打つ
  反復練習する

少し練習したまま挫折していましたが、もう一度挑戦してみます

スポンサーリンク

キーボードのホームポジション

タッチタイピングのホームポジションとは

タッチタイピングとは、文字を入力するときに、キーを見ないで入力することです。

ホームポジションとは、タッチタイピングをするための、指の基本位置です。

皆さん、お出掛けしたらお家に帰りますね。
ホームポジション🏠指のお家と思っていただければ。

指が他のキーへお出かけしたら、お家のキー[ホームへ帰るというイメージです。

ホームポジションは、キーボードテンキーそれぞれにあり、今回はキーボードについてご紹介します。

 テンキーのホームポジションについて詳しくはこちらをご覧ください。☟

キーボードのホームポジション位置

キーボードのFJにさわると、ポッチがあるのに気づかれると思います。
 このポッチを、ホームポジションに戻るときの目印とします。
 (指で確認するので“指印”でしょうか。👍)

タイピング練習のコツ


 
F左手 人差し指 J右手 人差し指 を置きます。

この 人差し指 を基準にして、下図のように左右とも外側に向かって、 中指  薬指  小指 と順に、隣…隣…と置いていくと、自然に両手の 親指 スペースキーに乗ります。

この位置がホームポジションです!

タイピング練習のコツ 

指を置くときのコツは、手に力を入れずリラックスした状態にすることです。

眠っている赤ちゃんの手をイメージすると、分かりやすいかもしれませんね。👶
この手の状態を、そのまま下向きにする感じです。

タイピング時の手の力の抜き方

photo by:写真素材ダウンロードサイト【写真AC】

それぞれのキーを担当する指について

それぞれのキーには、担当する“指”があります。

下図の色分けのように、ホームポジションから斜め縦方向に動くかたちです。

タイピング練習のコツ

小指が担当するキーが多くて多忙を極める感じですけれども、よく見てみるとそれほど頻繁に入力する文字ではないのでご心配なく。😄

ホームポジションを基準に、入力したいキーを担当する指だけ動かしてキーを押したらすぐに、ホームポジションに戻ります

初めのうちはどのキーを押しても、その都度ホームポジションに戻るようにしましょう。
慣れてくると、戻るタイミングが分かってきます。

離れた場所にあるキーを押すときは

タイピング練習のコツ

ホームポジションにいるとき、✋👀手首に注目すると……浮いていませんね?
(ここで浮いていて“ドキッ”とされた方! 手の力を抜いてくださいね。)

ホームポジションから指が届かない、離れた場所にあるキーを押すときは指を広げて押します
それでも遠い場合は、少し手首を浮かせるのがコツです。

ピアノや、楽器のキーボードのご経験のある方は、🎹少し離れた鍵盤を弾くときをイメージしましょう♪

このときも、手に力を入れすぎないように注意し、押したらすぐにホームポジションに戻ります

ホームポジションを基準とする大切さ

小学校のスポーツテストで、「反復横跳び」の経験のある方も多いかと思います。

3本の線を基準に横にステップするのですが、もしも線がなかったら…?😲
とんでもない方向へ行ってしまいますね。🏃

タッチタイピングも、ホームポジションを基準とすることで、キーを見なくても、指がずれていくことを防げます
 

「ローマ字入力」と「かな入力」

ローマ字入力

タイピング練習のコツ

ローマ字入力とは、「あいうえお=a i u e o」という、キーボードに書かれているアルファベットを使って入力する方法です。

アルファベットの位置を覚えますので、英字入力にも活かせます。

「あいうえお=a i u e o母音なので、たとえば、「かきくけこ」は頭にをつけると入力できますし、「さしすせそ」をつけます。

ということは・・・a i u e o」を制するものは、タイピングを制する!っと言っても、過言ではないのです。😄

かな入力

タイピング練習のコツ

かな入力とは、キーボードに書かれているひらがなを使って入力する方法です。

ローマ字入力は、1文字入力するのに、キーを2回押すことが多いですね。

かな入力は、1文字入力するのに、キーを1回押すだけのことが多く、そのまま入力文字数の効率が上がります

そのため、タイピング検定の上級レベルでは、かな入力が有利となります。

「ローマ字入力」と「かな入力」を切り替える方法

「ローマ字入力」「かな入力」では、どちらがおすすめですか

ご自身が入力しやすい方法で大丈夫です。

ちなみに、私が担当させていただいた受講生様は、「ローマ字入力」の方がほとんどですね。

入力方法の切り替え方を、2つご紹介しますので、どちらになさるかは、実際に入力してみて決めるといいかもしれませんね

IMEのオプションで切り替え

  1. Wordなどの、文字が入力できるソフトを立ち上げます
    パソコン画面の右下を見ると、時計やカレンダーなどがありますね。
     
    こちらは、「通知領域(タスクトレイ)」といいます。
    「∧」🖱クリックした中やその隣に、次の情報が表示されています。
     
    ・パソコン起動時に自動的に実行されたソフト
    ・ネットワークとインターネットの状態
    ・USBメモリ
    ・時計
    ・カレンダー
    ・音量、 など
     
    タイピング練習のコツ


  2. 「あ」(または「A」)となっているところは、「言語バー(IMEツールバー)」といいます。
    文字入力をサポートしてくれる機能が集まっています。🖱右クリックしましょう。
     
    タイピング練習のコツ


  3. 表示されたメニューを、「IMEオプション」といいます。
     
    「かな入力」マウスでポイント*後、次のどちらかを🖱クリックで選択します。
    ・「有効」=かな入力になります。
    ・「無効」=ローマ字入力になります。
    マウスでポイントとは…マウスポインター(マウスで動く矢印)で、対象となるものをクリックするのではなく、重ね合わせることです。
     
    タイピング練習のコツ

 下記授業では、画面構成・各部名称など、詳しく解説しています!☟

[Alt]キーと[カタカナ ひらがな]キーで切り替え

  1. Altオルトキーを押しながら、カタカナ ひらがなキーを押します。
     
    タイピング練習のコツ


  2. 表示された画面で「はい」を🖱クリックします。

    ローマ字入力とかな入力の切り替え方法

[Alt]キーと[カタカナ ひらがな]キーで、切り替えができないときの対処法

Windows10 アップデートによって、Alt+カタカナ ひらがなを押しても、「ローマ字入力」「かな入力」が、切り替わらなくなることがあります。

そのときは、次の方法で切り替えられるようになります。

  1. 「言語バー(IMEツールバー)」🖱右クリックします。 
  2. 表示された「IMEオプション」の中にある、「⚙設定」🖱クリックします。
     
    タイピング練習のコツ


  3. 「Microsoft IME」の設定画面が表示されます。「全般」🖱クリックします。
  4. かな入力/ローマ字入力をAlt+カタカナひらがなローマ字キーで切り替えるを、🖱クリック[オン]にします。
     
    タイピング練習のコツ


  5. Alt+カタカナ ひらがなを押してみましょう
    メッセージ画面など何も表示されませんけれども、「ローマ字入力」「かな入力」が切り替わるようになります。
     

まとめ

今回の授業は、「タッチタイピング」練習のコツをご紹介しました!

タイピング上達のコツは次の3つでした
ホームポジションからの正しい指づかいをする
リズミカルに打つ
反復練習する 

私のタイピング練習の始まりは、ワープロ検定3級の勉強でした。(←古い😅)

少し慣れたところで、当時たくさん持っていた、カセットテープの曲名リストを作りました。(←これも古い😅)

タイピングソフトで練習もしていました。
ゲーム感覚で、自身のタイピングの成長が分かるので楽しかったです

スポーツや楽器の練習と同じで、反復練習が大切。一歩ずつがんばっていきましょう

無料タイピング練習サイト

無料タイピング練習 | P検-ICTプロフィシエンシー協会
(パソコン資格「P検」の検定練習ができます)
Flashタイピング【寿司打 – SushiDA -】
(ゲーム感覚で練習できます)

「ローマ字入力」「かな入力」「テンキー入力」の3コースのタイピング練習ができます!

1つのレシーバーをUSBポートに差し込むだけで、キーボードとマウス両方とも接続。しっかりしたキータッチなのに、静音で疲れにくいですよ。

 タッチタイピングをマスターしたら、次は、「漢字変換のコツ」をつかんでみませんか?☟

😄ご受講お疲れさまでした

💻PCの"😔困った"を"😄安心・楽しい"へ!
  • Windows(R), Microsoft(R)Outlook, Word, Excel, PowerPoint, Access, Internet Explorer, Edgeは、Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • Google, Google Chrome, YouTube, Gmailは、Google Inc. の商標または登録商標です。
  • Mozilla Firefoxは、米国 Mozilla Foundation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
どこでもパソコン教室をフォローする
スポンサーリンク
dokodemo-pc.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました