【Ctrl+P】「印刷“プリント”」と「ペン」のショートカットキー!

ショートカットキー【Ctrl+P】💻便利!カッコいい👍 ショートカットキー
この記事は約14分で読めます。

今回の授業は、『印刷』『マウスポインターをペンに変更』の、
ショートカットキーCtrl+P
のご紹介です。
 

Pは、印刷=“Print”ペン=“Pen”の頭文字を意味します。

「印刷」は、インターネットの画面ブラウザー)や、

WordExcelなどで時々使いますね。

「ペン」どこで使う機能ですか?

「ペン」は、PowerPointスライドショーのときに使います。

学校の先生が黒板に赤チョークで、

「ここテストに出ますよー!」と同じことを、

スライドショーでもCtrl+Pで素早くできるということです!

コンピューターなのに、人間味をかもしだす感じで面白いですね♪

それでは、ショートカットキーCtrl+Pと合わせて、

「印刷」画面「ペン」の使い方についても、

ちょっと深く解説しますね♪

スポンサーリンク

Ctrl+P:コントロール・ピー

ウェブブラウザー:「印刷」ダイアログボックスを表示

インターネットを閲覧していて
「あっ!このお料理のレシピ、今日の晩御飯にしよう。🍲」と思ったとき、
すぐに印刷出来たら便利ですよね♪ 

そういうときは、ショートカットキーCtrl+Pで素早く印刷しちゃいましょう!

あなたの好みにカスタマイズできる、詳細な印刷設定もありますので、
ブラウザーごとに一緒に見ていきましょう!

Google Chrome|グーグル・クローム

Google Chromeでインターネットを観ているときに、
印刷したい画面でCtrlを押しながらPを押すと、「印刷」ダイアログボックスを表示します。
 

ショートカットキー【Ctrl+P】

 
印刷設定
で、どんなことができるのかを見てみましょう!

ショートカットキー【Ctrl+P】

 設定項目 設定内容
送信先プリンター、PDFに保存、Googleドライブに保存など、
印刷だけでなく、保存方法や保存先も選択できます。
ページ複数のページがある場合、印刷するページを選択できます。
部数印刷する部数を選択します。
レイアウト印刷する向き、縦・横を選択します。
カラー白黒印刷・カラー印刷を選択します。
詳細設定クリックするたびに、下記❼~⓬の設定が表示・非表示されます。
用紙サイズA4、B5など、印刷する用紙サイズを選択します。
1枚当たりのページ数複数ページがある場合、
用紙1枚の中に印刷するページ数を選択できます。
余白既定・なし・最小・カスタムの中から選択します。
倍率ページ内容の印刷倍率を選択します。
両面印刷複数ページがある場合、両面に印刷できます。
オプションヘッダーとフッター…チェック☑を入れると、
 ヘッダー(ページ上部)には、印刷する日付・ページタイトル、
 フッター(ページ下部)には、サイトのURLとページ番号が
 プレビューに表示され、印刷できます。
背景のグラフィック…チェック☑を入れると、
 背景の色や画像などがプレビューに表示され、印刷できます。
システムダイアログを使用して印刷
(Ctrl+Shift+P)
このGoogle Chromeの印刷設定ではなく、
パソコン自体の印刷ダイアログボックスを表示します。
クリック or Ctrl+Shift+Pを押します。

Microsoft Edge|マイクロソフト エッジ

Microsoft Edgeでインターネットを観ているときに、
印刷したい画面でCtrlを押しながらPを押すと、「印刷」ダイアログボックスを表示します。
 

ショートカットキー【Ctrl+P】

 
印刷設定
で、どんなことができるのかを見てみましょう!

ショートカットキー【Ctrl+P】

 設定項目 設定内容
プリンタープリンター、PDFに保存、FAX送信など、
印刷だけでなく、保存方法や送信先なども選択できます。
部数印刷する部数を選択します。
レイアウト印刷する向き、縦・横を選択します。
ページ複数のページがある場合、印刷するページを選択できます。
カラー白黒印刷・カラー印刷を選択します。
両面印刷複数ページがある場合、両面に印刷できます。
その他の設定∨
設定を減らす∧
クリックするたびに、下記➑~⓬の設定が表示・非表示されます。
用紙サイズA4、B5など、印刷する用紙サイズを選択します。
拡大/縮小(%)ページ内容の印刷倍率を選択します。
シートごとのページ数複数ページがある場合、
用紙1枚の中に印刷するページ数を選択できます。
余白既定・なし・最小・カスタムの中から選択します。
オプションヘッダーとフッター…チェック☑を入れると、
 ヘッダー(ページ上部)には、印刷する日付・ページタイトル、
 フッター(ページ下部)には、サイトのURLとページ番号が
 プレビューに表示され、印刷できます。
背景のグラフィック…チェック☑を入れると、
 背景の色や画像などがプレビューに表示され、印刷できます。
システムダイアログを使用して印刷(Ctrl+Shift+P)このMicrosoft Edgeの印刷設定ではなく、
パソコン自体の印刷ダイアログボックスを表示します。
クリック or Ctrl+Shift+Pを押します。

Firefox|ファイアーフォックス

Firefoxでインターネットを観ているときに、
印刷したい画面でCtrlを押しながらPを押すと、Firefoxの印刷設定画面ではなく、
パソコン自体「印刷」ダイアログボックスを表示します。
 

もちろんそこから印刷してもいいのけすけれども、
印刷プレビューでレイアウトを確認してから印刷したい場合は、

次の手順でFirefoxの印刷設定画面を開きましょう。

ショートカットキー【Ctrl+P】

  1. 「メニュー」ボタンをクリックします。
  2. 表示されたメニューの中から「印刷」をクリックします。
  3. Firefox「印刷」ダイアログボックスが表示されました。

 

印刷設定で、どんなことができるのかを見てみましょう!

ショートカットキー【Ctrl+P】

 設定項目 設定内容
印刷Firefoxのインターネット閲覧画面で、
Ctrl+Pを押したときに表示される、
パソコン自体の印刷ダイアログボックスを表示します。
ページ設定ページ設定ダイアログボックスが表示され、次の設定ができます。
書式とオプション
余白とヘッダー/フッター
ページ印刷プレビューで表示するページを選択します。
拡大/縮小ページ内容の印刷倍率を選択します。
縦・横印刷する向き、縦・横を選択します。
ページを単純化チェック☑を入れると、背景画像などを取り除いて、
シンプルな印刷ができます。
参考:Mozilla サポート Firefox のページを単純化機能できれいに印刷する
閉じる「印刷」ダイアログボックスを閉じます。

Word|ワード:Backstageの「印刷」を表示

Wordで印刷したいときにCtrlを押しながらPを押すと、Backstageの「印刷」を表示します。

Backstageとは、リボンの左上「ファイル」タブをクリックして表示される画面です。

印刷のときだけでなく、作成中にも素早く”印刷プレビュー”で仕上がりを確認もできます!
 

 “Backstage”など、画面構成各部名称について詳しくはこちらをご覧ください。☟

 
それでは、印刷設定で、どんなことができるのかを見てみましょう!

ショートカットキー【Ctrl+P】

 設定項目 設定内容
「印刷」ボタンクリックで印刷開始です。
部数印刷する部数を選択します。
プリンタープリンター、PDFに保存、FAX送信など、
印刷だけでなく、保存方法や送信先なども選択できます。
プリンターのプロパティ上記で選択したプリンターなどの詳細設定画面が開きます。
すべてのページを印刷
(既定の表示)
複数のページがある場合、
印刷するページや範囲を選択できます。
ページ印刷したいページ番号を、カンマ「,」やハイフン「-」
を使用して指定できます。
片面印刷(既定の表示)片面印刷と両面印刷の切り替えができます。
部単位で印刷
(既定の表示)
複数ページの資料などを、多人数分印刷する場合、
印刷方法を、部単位 or ページ単位 の選択ができます。
縦方向(既定の表示)印刷する向き、縦・横を選択します。
A4 210 × 297 mm
(既定の表示)
A4、B5など、印刷する用紙サイズを選択します。
標準の余白(既定の表示)余白の設定ができます。
1ページ/枚
(既定の表示)
複数ページがある場合、
用紙1枚の中に印刷するページ数を選択できます。
ページ設定ページ設定ダイアログボックスを起動します。

※普段よく使用する設定が反映される箇所もありますので、設定項目の表示が違う場合があります。

Excel|エクセル:Backstageの「印刷」を表示

Excelで印刷したいときにCtrlを押しながらPを押すと、Backstageの「印刷」を表示します。

Backstageとは、リボンの左上「ファイル」タブをクリックして表示される画面です。

印刷するときだけでなく、作成中にも素早く”印刷プレビュー”で仕上がりを確認できます!
 

それでは、印刷設定で、どんなことができるのかを見てみましょう!

ショートカットキー【Ctrl+P】

 設定項目 設定内容
「印刷」ボタンクリックで印刷開始です。
部数印刷する部数を選択します。
プリンタープリンター、PDFに保存、FAX送信など、
印刷だけでなく、保存方法や送信先なども選択できます。
プリンターのプロパティ上記で選択したプリンターなどの詳細設定画面が開きます。
作業中のシートを印刷
(既定の表示)
印刷するシートや範囲を選択できます。
ページ指定印刷したいページ番号を指定できます。
片面印刷(既定の表示)片面印刷と両面印刷の切り替えができます。
部単位で印刷
(既定の表示)
複数ページの資料などを、多人数分印刷する場合、
印刷方法を、部単位 or ページ単位 の選択ができます。
縦方向(既定の表示)印刷する向き、縦・横を選択します。
A4 210 × 297 mm
(既定の表示)
A4、B5など、印刷する用紙サイズを選択します。
標準の余白(既定の表示)余白の設定ができます。
拡大縮小なし
(既定の表示)
印刷する内容の拡大・縮小の設定ができます。
ページ設定ページ設定ダイアログボックスを起動します。

※普段よく使用する設定が反映される箇所もありますので、設定項目の表示が違う場合があります。

PowerPoint|パワーポイント:Backstageの「印刷」を表示、マウスポインターをペンに変更

「印刷」を表示

PowerPointで印刷したいときにCtrlを押しながらPを押すと、
Backstageの「印刷」を表示します。

Backstageとは、リボンの左上「ファイル」タブをクリックして表示される画面です。

印刷するときだけでなく、作成中にも素早く”印刷プレビュー”で仕上がりを確認できます!
 

それでは、印刷設定で、どんなことができるのかを見てみましょう!

ショートカットキー【Ctrl+P】

 設定項目 設定内容
「印刷」ボタンクリックで印刷開始です。
部数印刷する部数を選択します。
プリンタープリンター、PDFに保存、FAX送信など、
印刷だけでなく、保存方法や送信先なども選択できます。
プリンターのプロパティ上記で選択したプリンターなどの
詳細設定画面が開きます。
すべてのスライドを印刷
(既定の表示)
複数のスライドがある場合、
印刷するスライドや範囲を選択できます。
スライド指定印刷したいスライド番号を、カンマ「,」やハイフン「-」
を使用して指定できます。
フルページサイズのスライド
(既定の表示)
スライドや配布資料の印刷レイアウトを指定します。
片面印刷(既定の表示)
片面印刷と両面印刷の切り替えができます。
部単位で印刷(既定の表示)複数ページの資料などを、多人数分印刷する場合、
印刷方法を、部単位 or ページ単位 の選択ができます。
カラー(既定の表示)カラー・グレースケール・単純白黒から選択できます。
ヘッダーとフッターの編集「ヘッダーとフッター」ダイアログボックスを表示します。

※普段よく使用する設定が反映される箇所もありますので、設定項目の表示が違う場合があります。

マウスポインターをペンに変更

PowerPointのスライドショー中に、Ctrlを押しながらPを押すと、
マウスポインターをペンに変更します。
 

スライドショーを開始するには、クリックする方法とショートカットキーがあります。

  • クリックの場合
    [スライドショー]タブ [スライドショーの開始]グループ
     ➡[最初から]をクリックします。
     
  • ショートカットキーの場合
    編集画面の状態F5を押します。

 
スライドショー表示でCtrlを押しながらPを押してみましょう。

マウスポインターペンに変更されました!

ショートカットキー【Ctrl+P】

 
解除
するには、もう一度Ctrlを押しながらPを押してみましょう。

Escエスケープキーを押しても解除できます。

 

 ファンクションキーF5について詳しくはこちらをご覧ください。☟

 マウスポインターをレーザーポインターに変えるショートカットキーCtrl+Lもあります。☟

Outlook|アウトルック:Backstageの「印刷」を表示

Outlookで印刷したいメールを選択してCtrlを押しながらPを押すと、
Backstageの「印刷」を表示します。

Backstageとは、リボンの左上「ファイル」タブをクリックして表示される画面です。

それでは、印刷設定で、どんなことができるのかを見てみましょう!

ショートカットキー【Ctrl+P】

 設定項目 設定内容
「印刷」ボタンクリックで印刷開始です。
プリンタープリンター、PDFに保存、FAX送信など、
印刷だけでなく、保存方法や送信先なども選択できます。
印刷オプション「印刷」ダイアログボックスを表示して、次の設定ができます。
プリンター…上記と同じです。
印刷スタイル…下記の機能と、印刷スタイルの、
        「ページ設定」「スタイルの編集」ができます。
印刷部数…印刷する部数を選択します。
印刷範囲…印刷したいページ番号を、カンマ「,」やハイフン「-」
      を使用して指定できます。
印刷オプション…チェック☑を入れると、
         アイテムと添付ファイルを印刷できます。
設定次のスタイルを切り替えることができます。
表スタイル…フォルダーウィンドウ内の選択したフォルダーにあるメールの一覧を印刷します。
メモスタイル…選択したメールの内容を印刷します。

 
 Outlook画面構成と各部名称について詳しくはこちらをご覧ください。☟

まとめ

今回の授業は、印刷=“Print”ペン=“Pen”ショートカットキーCtrl+Pのご紹介でした!

  • ウェブブラウザー「印刷」ダイアログボックスを表示
  • Word …………Backstageの「印刷」を表示
  • Excel ……… Backstageの「印刷」を表示
  • PowerPoint …Backstageの「印刷」を表示 / マウスポインターを「ペン」に変更
  • Outlook …… Backstageの「印刷」を表示

ほかにも、メモ帳などでもCtrl+Pを押すと、「印刷」ダイアログボックスを表示します。

素早く印刷できますので、普段お使いのソフトでも、ぜひお試しください!
 

 ■ ページ内でご紹介しましたリンクをまとめましたので、お時間のある時にぜひご覧ください!📝

コメント

タイトルとURLをコピーしました