【Ctrl+F】ウェブページや文書内で〝FIND〟『文字検索』のショートカットキー! | どこでもパソコン教室 四日市

【Ctrl+F】ウェブページや文書内で〝FIND〟『文字検索』のショートカットキー!

ショートカットキー【Ctrl+F】 💻便利!カッコいい👍 ショートカットキー

こんにちはどこでもパソコン教室 四日市です。

今回の授業は、ショートカットキー CtrlFのご紹介です!
ウェブページや文書内の『文字検索』(キーワード検索)をしてくれます。

FFind”を意味します。

〝見つける・発見する〟ということですね。

インターネットで調べものをしているとき、探している文字(キーワード)がなかなか見つからなくて困ったことはありませんか

がんばって探してもなかなか見つからないときは、途中であきらめてしまうこともありますね…😢。

 CtrlFを押すことで検索窓が表示され、ウェブページや文書内文字を素早く検索できます。

なぜなら、ピンポイントで文字検索ができるうえに〝飛び石〟を渡るように検索結果を辿ることもできるからです

😆見つけたい!」と思ったら、FIND! CtrlF ですね

Windowsキー+Qを押すと、ファイルアプリ
パソコン内~ウェブまで幅広く検索できます。
広告

[Ctrl]+[F]:コントロール・エフ

Ctrlキーを押しながら、Fキーを押します。

ショートカットキー【Ctrl+F】

ウェブブラウザー:「ウェブページ内」の文字検索

昔は、📚百科事典」のあるお宅も多かったですね。

今は、インターネットが百科事典のようになって何でも調べられます

けれども情報量が多いため、欲しい情報がなかなか見つからないことはありませんか

 CtrlF「文字検索」を活用していきましょう

Google Chrome/グーグル・クローム

ショートカットキー【Ctrl+F】

  1. 『Google Chrome』 CtrlFを押すと、右上「検索バー」が表示されます。
  2. 検索したいキーワードを入力して、Enterキーを押します
    今回は〝ウェブブラウザー〟と入力しました。
  3. 見つかったキーワード黄色く強調されます。
    右端のスクロールバーには、ページ全体のキーワード位置黄色く強調されます。
  4. [∧][∨]🖱クリックすると、検索結果〝飛び石〟を渡るように辿たどります

Microsoft Edge/マイクロソフト エッジ

ショートカットキー【Ctrl+F】

  1. 『Microsoft Edge』 CtrlFを押すと、右上「ページ内の検索窓」が表示されます。
  2. 検索したいキーワードを入力して、Enterキーを押します
    今回は〝パソコン〟と入力しました。
  3. 見つかったキーワード黄色く強調されます。
    右端のスクロールバーには、ページ全体のキーワード位置黄色く強調されます。
  4. [∧][∨]🖱クリックすると、検索結果〝飛び石〟を渡るように辿たどります

Mozilla Firefox/モジラ・ファイアーフォックス

ショートカットキー【Ctrl+F】

  1. 『Mozilla Firefox』 CtrlFを押すと、左下「ページ内検索」が表示されます。
  2. 検索したいキーワードを入力して、Enterキーを押します
    今回は〝パソコン〟と入力しました。
  3. 見つかったキーワードの1つが 緑色で強調 されます。
  4. [∧][∨]🖱クリックすると、検索結果〝飛び石〟を渡るように辿たどります

Officeソフトとメモ帳:「文書内」の文字検索

Word/ワード

  1.  CtrlFを押すと、左側に「ナビゲーション」ウィンドウが表示されます。
     
    ショートカットキー【Ctrl+F】

    <🖱クリックで操作する場合>
    [表示]タブ [表示]グループ [ナビゲーション ウィンドウ]🖱クリック「✓」チェックを入れます。

  2. 「文書の検索」と記載されている検索窓に、探している文字を入力してEnterキーを押します。
    今回は〝えび〟と入力しました。
  3. 文字〝えび〟が強調されます。
     
    ショートカットキー【Ctrl+F】


  4. [∧][🖱クリックすると、検索結果を〝飛び石〟を渡るように辿ります
     
    ショートカットキー【Ctrl+F】

Excel/エクセル

  1.  CtrlFを押すと、中央に「検索と置換」ダイアログボックスが表示されます。
     
    ショートカットキー【Ctrl+F】

    <🖱クリックで操作する場合>
    [ホーム]タブ [編集]グループ [検索と選択][検索]の順に🖱クリックします。

  2. [検索する文字列]探している「文字」や「数字」を入力して、[すべて検索]または[次を検索]🖱クリックします。
     
    今回は数字の〝5〟と入力しました。
     
    ショートカットキー【Ctrl+F】


  3. [すべて検索]検索結果を一覧で表示します
    (一覧の中で🖱クリックしたセル*が、アクティブセル*になります。)
    セルとは…たくさんあるマス目のこと
    アクティブセルとは…セルの中でも、選択されて入力できる状態のセル
     
    [次を検索]🖱クリックするたびに、検索結果が順にアクティブセルになります
     
    ショートカットキー【Ctrl+F】

    Excelの検索は表に見えている文字や数字だけでなく、「数式」も検索対象です。
    例えば、今回検索した数字5の検索結果で、C5の「11があります。
    11には5がありませんね。
    これは、C5の数式「=SUM(A5:B5)」の中にある「5」を読み取っているためです。

 

【PR】🍵ちょっと一息🍡
👩‍🏫パソコンインストラクターが選ぶ〝パソコンライフお役立ちグッズ〟
最強の仕事術・・・それは、ショートカットキーを覚えることです。
WindowsChrome&EdgeOutlookWordExcelPowerPointGmail〝時短技厳選テクニック276〟をご紹介
特別付録も付いた「ショートカットキー時短ワザ大全 早く帰るコツは“手元”にあった!」です。
<特別付録2点>
ダウンロードして壁紙に設定できる「デスクトップ壁紙」
デスクに置いて参照できる「切り取りシート」

PowerPoint/パワーポイント

  1.  CtrlFを押すと、中央に「検索」ダイアログボックスが表示されます。
  2. [検索する文字列]探している文字を入力して、[次を検索]🖱クリックします。 
    今回は〝ねこ〟と入力しました。
     
    ショートカットキー【Ctrl+F】

    <🖱クリックで操作する場合>
    [ホーム]タブ [編集]グループ [検索]の順に🖱クリックします。

  3. 探していた文字〝ねこ〟が強調され、[次を検索]🖱クリックするたびに検索結果を〝飛び石〟を渡るように辿って強調します。
     
    ショートカットキー【Ctrl+F】

メモ帳

  1.  CtrlFを押すと、中央に「検索」ダイアログボックスが表示されます。
     
    ショートカットキー【Ctrl+F】

    <🖱クリックで操作する場合>
    [編集]メニュー [検索]の順に🖱クリックします。

  2. [検索する文字列]探している文字を入力して、[次を検索]🖱クリックします。 
    今回は〝サーモン〟と入力しました。

  3. 探していた文字〝サーモン〟が強調され、[次を検索]🖱クリックするたびに、検索結果を〝飛び石〟を渡るように辿って強調します。
     
    ショートカットキー【Ctrl+F】

    もしも探している文字があるのに上手く検索できないときは、「検索する方向」[◉上へ]or[◉下へ]🖱クリックして変更してみましょう。

エクスプローラー(フォルダー):「フォルダー」と「ファイル」の検索

  1. エクスプローラー(フォルダー)を開いている状態で、 CtrlFを押すと、右上のエクスプローラー(フォルダー)の中を検索する窓に「|」カーソルが移動して、すぐに検索を開始できます。
     
    現在フォルダーから下層(👈フォルダーの中の、そのまたフォルダー…)にある、フォルダーファイル検索できます。
     
    ショートカットキー【Ctrl+F】


  2. 検索窓に探しているフォルダーファイルの名前を入力して、Enterキーを押します
    今回は〝マグロ〟と入力しました。

  3. 「検索結果」探していたファイル〝マグロ〟が表示されます
    検索を終了するときは、[検索結果を閉じる]🖱クリックします。
     
    ショートカットキー【Ctrl+F】 

ショートカットキー  CtrlEも、
フォルダーの中を素早く検索できます。

番外編:Outlook/アウトルックでは「転送」

Outlookでは CtrlFを押すと、選択したメールを「転送」(Forward)します。

件名に「転送」を意味する「FW:」がつきます

ショートカットキー【Ctrl+F】

🤔それでは、Outlook検索はできないのではと、思われた方……大丈夫です!

 F3またはCtrlEを押すことで、Outlookでも検索できます

F3について詳しくは、
こちらをご受講ください。
広告

まとめ

今回の授業は、ショートカットキー CtrlFのご紹介でした!
ウェブページや文書内の『文字検索』(キーワード検索)をしてくれます。

自力で文字を検索するには、👀目を釘づけにして 、💻画面「スクロールバー」や、🖱マウス「スクロールボタン」を使っている方も多いです。

けれども、時間もかかって疲れてしまいますし、必要な情報を見逃してしまう可能性もあります。

そこで CtrlFを押して素早く欲しい情報を受け取っていきましょう
 

ちなみに同じFでも、 Windowsキー+Fを押す『フィードバック Hub』が開きます

😄ご受講お疲れさまでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました