【NumLock】テンキーのホームポジションと数字が入力できなくなったときの対処法

NumLock💻PCの"😔困った"を"😄安心・楽しい"へ!
この記事は約11分で読めます。

こんにちはどこでもパソコン教室 四日市です。

今回の授業は、テンキーを手を見ないで入力できる「テンキーのホームポジション」と、数字が入力できなくなったときの対処法「NumLock」キーについて解説します!

急にテンキーから数字が入力できなくなって、焦ってしまったことはありませんか

ありました…💦

パソコンを使い始めた頃は、パソコンが壊れてしまっかたと思って、先生にすぐ質問しましたね。😅

車の運転に例えますと、免許取り立ての方が、ボディに擦り傷をつけてしまうように、パソコン初心者の方が、必ずといっていいほどよく通る道で、私も、もちろん通りました。😅

解決方法を先にお伝えすると、NumLockナムロックというキーを押すと数字が入力できるようになります

数字を入力する「テンキー」のところにあるのに、普段あまり気づかないキーなんですよね

そこで、NumLockキーのある「テンキー」にスポットをあてて、テンキーのキーを見ないで入力できる方法「テンキーのホームポジションとタッチタイピング」も合わせてご紹介します

スポンサーリンク

数字が入力できなくなったら[NumLock]キーを押そう!

テンキーを押したときに、次のことで困ったことはありませんか?

 急に、テンキーから数字の入力ができなくなった
 テンキーを押すと、「|」カーソルあちらこちらに飛んでいってしまう

対処法は、左上にあるNumLockナムロックキーを押すだけで解決です!

numlockキーの使い方


もう一度NumLockキーを押すと、数字ではなく、下図で赤い文字になっている機能が有効になります。

この理由で、数字が入力できなくなっていたのです。
つまり、押すたびに2つの入力機能が切り替わるようになっているのです。

numlockキーの使い方

 

テンキーのホームポジション

キーボードを見ないで入力できるようになるには

NumLockキーが所属するテンキーですけれども、「入力するときに、キーを見ないで入力できたらいいな」と、思われたことはありませんか

ありますけれども、難しそうでまだ挑戦したことがありません…。

キーを見ないで入力することを「タッチタイピング」といいます。

「ホームポジション」という指の基本位置を知って、練習すればできるようになれますよ!

ぜひ挑戦します

タッチタイピングのホームポジションとは

タッチタイピングとは、文字を入力するときに、キーを見ないで入力することです。

ホームポジションとは、タッチタイピングをするための、指の基本位置です。
 

皆さん、お出掛けしたらお家に帰りますね。🏠
ホームポジションは“指のお家”と思っていただければと思います。

指が他のキーへお出かけしたら、お家のキー(ホーム)へ帰るというイメージです。

ホームポジションは、キーボードテンキーのそれぞれにありますけれども、今回はテンキーについてご紹介します!

キーボードのホームポジションをマスターしたい方は、こちらをご受講ください。

テンキーのホームポジション位置

ホームポジションに戻るときの目印

5キーにさわると、ポッチがあるのに気づかれると思います。

このポッチを、ホームポジションに戻るときの目印とします。
(指で確認するので“指印”でしょうか😊👍)

テンキーのホームポジション

テンキーのホームポジション

5 中指  4 人差し指  6 薬指  0 親指  Enter 小指  それぞれ指を置きます。

これが「テンキーのホームポジション」です!

テンキーのホームポジション

キーに指を置くときのコツは「リラックス状態」

指を置くときのコツは、手に力を入れずリラックスした状態にすることです。

眠っている赤ちゃんの手をイメージすると分かりやすいかもしれませんね。👶
この手の状態を、そのまま下向きにするイメージです。

タイピング時の手の力の抜き方

photo by:写真素材ダウンロードサイト【写真AC】 

 

それぞれのキーを担当する指とその動作

それぞれのキーには、担当する“指”があります。

下図の色分けのように、ホームポジションから縦に動くかたちです。

テンキーのホームポジション 

ホームポジションから、次の2つの動作を繰り返します

1.入力したいキーを担当する指だけ動かす
2.押したらホームポジションに戻る

初めのうちはどのキーを押しても、その都度ホームポジションに戻るようにしましょう。
慣れてくると、戻るタイミングが分かってきますよ。

反復練習することで、キーを見なくても、指がずれていくことを防ぎながら、入力速度も次第に上がっていきます!
 

もしも、「パソコンにテンキーが無い!」「テンキーはあるけど入力音が気になる…。」と、お困りのときは、USB Type-Cコネクタ(参考:漫画でわかる!Type-cってどういう規格? – 楽天市場)を搭載した、静音タイプの有線テンキーがあります。

まとめ

今回の授業は、テンキーを手を見ないで入力できる「テンキーのホームポジション」と、数字が入力できなくなったときの対処法「NumLock」キーについて解説しました!

キーボードに比べると、脇役になってしまいがちな「テンキー」ですけれども、ホームポジションタッチタイピングをマスターされることで、便利さ&スピードアップを実感されることでしょう。

「NumLock」キーも、気づかず押してしまい😳ドキッ!”としたときは、そっと押して解決です

タッチタイピングは、反復練習で、必ずできるようになれます。
練習をさけられると、今後パソコンスキルがアップされるほど、ご自身の入力スピードと正確さがスキルに合わなくなって、「もっと早くにタイピング練習をしておけばよかった…」と後悔される方も多いです。

「タッチタイピングができるようになりたい!」と思い立ったが吉日。
下記のような練習サイトや練習ソフトで、さっそくタイピング反復練習を開始しましょう

テンキーの練習もできるタイピング練習サイト
タイピング練習サイトおすすめ

無料タイピング練習 | P検-ICTプロフィシエンシー協会
(パソコン資格「P検」の検定練習ができます)
Flashタイピング【寿司打 – SushiDA -】
(ゲーム感覚で練習できます)

「ローマ字入力」「かな入力」「テンキー入力」の3コースのタイピング練習ができます!

😄ご受講お疲れさまでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました