【Ctrl+矢印キー】忍者のように文書内やデータ間を飛び回るショートカットキー!

ショートカットキー【Ctrl+矢印キー】💻便利!カッコいい👍 ショートカットキー
この記事は約15分で読めます。

こんにちはどこでもパソコン教室 四日市です。

今回の授業は、ショートカットキーCtrl+矢印キー のご紹介です。

Ctrl矢印キー は、それぞれ存在感のあるキーですけれども、いざコンビを組んだ時に、どのような機能が発揮されるかご存知でしょうか

…… 確かにどんな機能か、ちょっと分からないかも。😅

そこで今回の授業は、【Ctrl+矢印キーの機能について解説します

最後までご受講いただきますと、ファイルの中をすみずみまで、自在に飛び回れるようになれますよ

題して! 忍法Ctrl+矢印キー】の術ですね

 Ctrl+アルファベット A~Zショートカットキー一覧機能の説明について、詳しくはこちらをご受講ください。☟

 Ctrl+数字 0~9ショートカットキー一覧機能の説明について、詳しくはこちらをご受講ください。☟

スポンサーリンク

矢印キーの正式名称は「方向キー」テンキーでも代用可能!

正式名称は、方向キーといいます。
授業では、一般的に呼ばれることの多い矢印キーといっています。

矢印キーは、画面をスクロールしたり、Word「|」カーソル、Excelアクティブセル*や、PowerPointの図形移動など、パソコン操作の様々な場面で活躍してくれます。
アクティブセルとは…セルの中でも入力できる状態のセルのことです。

キーボードの右側にあるテンキー([0]~[9]10個の数字キー)も、次の2つの方法で、矢印キーとして使用できます。


 
その1
半角/全角キーを押すなど「半角英数字/直接入力」にしてから、次のキーを押します。

  • Shift+4 =
  • Shift+8 =
  • Shift+6 =
  • Shift+2 =
     

 半角/全角キーの機能について、改めて確認してみませんか?☟


 
その2
テンキーの左上にある、NumLockキーを押してから、次のキーを押します。

  • 4 =
  • 8 =
  • 6 =
  • 2 =

 
 NumLockキーと、テンキーのタッチタイピングについて解説しています!☟

Windows:スタートメニューの大きさを変更

Windowsスタートメニューが表示されている状態で、Ctrlを押しながら矢印キー を押すと、メニューの大きさを変更できます。

  1. デスクトップ画面の左下、スタートボタン🖱クリック、またはWindowsキーを押します。
     
    ショートカットキー【Ctrl+矢印キー】


  2. スタートメニューが表示されます。次のキーを押すと、大きさを変更できます。
     
    ・ Ctrl+ =上に大きくなります
    ・ Ctrl+ =下に小さくなります
     
    ショートカットキー【Ctrl+矢印キー】 
     
    Ctrl+ =右に大きくなります
    ・ Ctrl+ =左に小さくなります
     
    ショートカットキー【Ctrl+矢印キー】

文書内:[←][→]単語ごと、[↑][↓]段落ごとにカーソル移動

文書内で、Ctrlを押しながら or を押すと、単語の先頭と後尾を「|」カーソルが移動し、Ctrlを押しながら or を押すと、段落*ごとに「|」カーソルが移動します。

段落とは…ページの最初~段落記号「↲」までの間、その後は、段落記号「↲」と次の段落記号「↲」までの間のことを1段落といいます。

WordPowerPointOutlookで使用できます。
Excelウェブブラウザーの検索窓では、Ctrl+矢印キー or を使えます。

Excelでは、セル内を🖱ダブルクリックするか、F2を押して、文字編集のできる状態(セル内に「|」カーソルが入っている)にしてから実行しましょう。

 
 ワンプッシュで裏技発動!ファンクションキー一覧です。ご興味ありましたら、ぜひご覧ください。☟


 
実際の動きを解説します!

  1. 文書中の単語『客席』先頭|」カーソルを置いて、Ctrl+を押すと、単語の後尾「席」の右側に|」カーソルが移動します。
     
    ショートカットキー【Ctrl+矢印キー】


  2. Ctrl+を押すたびに、単語の先頭後尾|」カーソルが移動していきます。
     
  3. Ctrl+を押すと、今度は逆に、単語の後尾先頭|」カーソルが移動していきます。
     
    ショートカットキー【Ctrl+矢印キー】


  4. Ctrl+ or を押すと、段落ごと|」カーソルが移動します。
     
    ショートカットキー【Ctrl+矢印キー】

Excel:連続データの先頭と後尾を順に、アクティブセルが移動

Excelでは、次のようにアクティブセルが移動します。

Ctrlを押しながら or を押すと、連続データの先頭後尾上下に移動
Ctrlを押しながら orを押すと、連続データの先頭後尾左右に移動

ワープするように瞬時に移動できるので、広範囲なほど便利です!


 
実際の動きを解説します!

  1. 連続データの先頭赤色の野菜アクティブセルにして、Ctrl+を押すと、連続データの後尾「みょうが」アクティブセルが移動します。
     
    ショートカットキー【Ctrl+矢印キー】


  2. Ctrl+を押すたびに、連続データの先頭後尾に、アクティブセルが移動します。
     
  3. Ctrl+を押すと、今度は逆に、連続データの後尾先頭に、アクティブセルが移動します。
     
    ショートカットキー【Ctrl+矢印キー】


  4. Ctrl+ を押すたびに、連続データの先頭後尾に、アクティブセルが移動します。
     
  5. Ctrl+ を押すと、連続データの後尾先頭に、アクティブセルが移動します。
     
    ショートカットキー【Ctrl+矢印キー】


  6. 連続データの最後尾Ctrl+ を押すと、シートの一番右まで、Ctrl+ を押すと、シートの一番下まで一気に、アクティブセルが移動します。
     
    ショートカットキー【Ctrl+矢印キー】 
    びっくりしますけれども、大丈夫です!
     
    Ctrl+ を押すと、たどった道をそのまま戻れますし、Ctrl+Home (またはCtrl+Fn+Home押すと、一番左上のセルA1に移動します。

番外編:[Ctrl]+[Shift]+[矢印キー]で範囲選択

Wordなど、文字列を入力できるソフトの文書内で、Shiftを押しながら、矢印キー を押してみましょう。

すると、🖱ドラッグしたときのように、「|」カーソルの位置から矢印の方向に文字列を選択できます。

Excelでは、アクティブセルの位置から矢印の方向にセルを選択できます。
 

この機能にCtrlを最初に加える、つまりCtrl+Shift+矢印キー を押すことで、単語ごと文字選択、または連続データごと範囲選択できます。

たとえば、文書内でCtrl+Shift+を押すと、1文字ずつではなく、単語ごと文字選択できます。

ショートカットキー【Ctrl+矢印キー】

 

ExcelCtrl+Shift+を押すと、1セルずつではなく、連続データごと範囲選択できます。

ショートカットキー【Ctrl+矢印キー】

まとめ

今回の授業は、ショートカットキーCtrl+矢印キー のご紹介でした。

存在感のあるCtrl矢印キー がコンビを組むと、次の機能を発揮します。

Windowsスタートメニューの大きさを変更
ウェブブラウザーの検索窓で、検索キーワード入力時 は単語ごと、 は段落ごとに、「|」カーソル移動
Wordの文書内
Excelのセル内文字編集時
PowerPointの文字編集時
Outlookのメッセージ作成時
Excelの連続データ内連続データの先頭と後尾を順に、 は上下に、 は左右に、アクティブセルを移動
番外編
Ctrl+Shift+
単語ごと文字選択、または連続データごと範囲選択

膨大な文字数やデータ量を扱われる方ほど、便利さを痛感されることでしょう。
ご活用いただければ幸いです!
 

1つのレシーバーをUSBポートに差し込むだけで、キーボードとマウス両方とも接続。しっかりしたキータッチなのに、静音で疲れにくいですよ。

もしも、「パソコンにテンキーが無い!」「テンキーはあるけど入力音が気になる…。」などお困りのときは、USB Type-Cコネクタを搭載した、静音タイプの有線テンキーがあります。

😄ご受講お疲れさまでした

💻便利!カッコいい👍 ショートカットキー
  • Windows(R), Microsoft(R)Outlook, Word, Excel, PowerPoint, Access, Internet Explorer, Edgeは、Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • Google, Google Chrome, YouTube, Gmailは、Google Inc. の商標または登録商標です。
  • Mozilla Firefoxは、米国 Mozilla Foundation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
どこでもパソコン教室をフォローする
スポンサーリンク
dokodemo-pc.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました