【Word インデント】字下げ・ぶら下げ・左・右 インデント全4種類の使い方

インデントの設定方法💻PCの"困った😔"を安心・楽しい😄へ!
この記事は約9分で読めます。

前回の授業で『Word タブ設定』を習って、

「文字列を行単位で揃える方法」は理解できました。

複数の行、つまり「文字列を段落単位で揃える方法」はありますか

はい、あります

今回ご紹介します『インデント』を実践すると、段落ごと“ごっそり”と揃えることができます!

インデント4種類!

設定方法もインデントによって3~4種類あります。

そんなにたくさん覚えられるかしら

図解入りで、一つずつ丁寧に解説しますので、

ご自身の一番使いやすい方法を、選ばれるといいですよ♪

それでは、行ってみましょう

スポンサーリンク

インデントとは? 全4種類を解説!

インデント[indent]とは、直訳すると「凹ます・刻む」で、
パソコン用語としては、インデント=文字列を凹ませることです。

文字列を、タブ設定行単位で揃えます。インデント段落ごと“ごっそり”と揃えます!

段落とは、ページの最初~段落記号「↲」までの間
その後は、段落記号「↲」次の段落記号「↲」までの間のことを1段落といいます。

それでは、インデント全4種類をご紹介します!

  1行目のインデント
  ぶら下げインデント
  左インデント
  右インデント

インデントの設定方法

1行目のインデント(字下げ)

1行目のインデントとは、いわゆる字下げのことで文字列の1行目が動きます

小学校などの作文の授業で「文章を書き始めるときは1文字下げる」と、
教わった方も多いと思います。

それが“字下げ”ですね。

インデントの設定方法

ぶら下げインデント

ぶら下げインデントとは、文字列の2行目以降が動きます

名前の意味は、文字列が1行目を基準に、2行目以降が“ぶら下がっているように見える”からです。

鉄棒にぶら下がったところをイメージすると、分かりやすいかもしれませんね!

インデントの設定方法

左インデント

左インデントとは、文字列の左側が段落ごとすべて動きます

すでに1行目のインデントぶら下げインデントが設定されている場合は、
そのままの形で動きます

インデントの設定方法

右インデント

右インデントとは、文字列の右側が段落ごとすべて動きます

授業で右インデントをご紹介しますと「えっ!?右側も動くのですか?」と驚かれる方も多いです。

図形や写真などを右側に配置したいときに、
文字列を“ごっそり”動かしてスペースを空けることができます。

インデントの設定方法

インデントの種類ごとに、設定方法を解説!

1行目のインデント(字下げ)

ルーラー上をドラッグ

水平ルーラー左側に3つあるインデントの1番上、ホームベース型1行目のインデントです。

ルーラーとは…
Wordの編集画面の上部左側面にある、数字が並んでいるところです。
上部が文字数をあらわす「水平ルーラー」左側面が行数をあらわす「垂直ルーラー」です。

インデントの設定方法 

1行目のインデントを、任意の文字数へ🖱ドラッグしてみましょう。

文字列の1行目が押されて、段落内の文字列が、
後ろに“ところてん”のように押し出されていきます。

インデントの設定方法

[段落]ダイアログボックス

[段落]ダイアログボックス起動方法

[段落]ダイアログボックスを使って設定すると、

より細かく文字数を指定できるので、プロレベルに体裁よく文書作成できます

<段落ダイアログボックス起動方法3パターン
  • [ホーム]タブ [段落]グループ [段落ダイアログボックス起動ツール]🖱クリック
     
  • [レイアウト]タブ [段落]グループ [段落ダイアログボックス起動ツール]🖱クリック
     
  • ルーラー上のいずれかのインデントを🖱ダブルクリック
インデントの設定方法 

  1. 1行目のインデント(字下げ)は、
    「最初の行」にて“字下げ”を選択「幅」文字数で指定します。
    「幅」は、▲▼ 🖱クリック、または、直接文字数を手入力で設定できます。

  2. 設定が完了しましたら、右下の[OK]🖱クリックします。
     
    インデントの設定方法

タブセレクタで選択

タブセレクタとは、「タブ設定」のときにタブの種類を選択するところで、
編集画面の左上にあります。

タブセレクタ🖱クリックするたびに、
下図のように5種類のタブと、2種類のインデントが順番に切り替わります。

インデントの設定方法

 『タブ設定』について詳しくは、こちらをぜひご受講ください。☟


  1. タブセレクタ🖱クリックして、1行目のインデントを選択します。
  2. 水平ルーラー🖱クリックして、インデントを設定します。
    微調整するときは、インデントを左右に🖱ドラッグします。
     
    インデントの設定方法

ぶら下げインデント

ルーラー上をドラッグ

水平ルーラー左側に3つあるインデントの上から2番目、逆ホームベース型ぶら下げインデントです。

ぶら下げインデントを、任意の文字数へ🖱ドラッグしてみましょう。

文字列の2行目以降が押されて、1行目にぶら下がるように押し出されていきます。

インデントの設定方法

段落ダイアログボックス

[段落]ダイアログボックスの起動方法は、上記『1行目のインデント(字下げ)』の、
[段落]ダイアログボックス起動方法」をご覧ください。

  1. ぶら下げインデントは、「最初の行」にて“ぶら下げ”を選択「幅」文字数で指定します。
    「幅」は、▲▼ 🖱クリック、または直接文字数を手入力で設定できます。

  2. 設定が完了しましたら、右下の[OK]🖱クリックします。
     
    インデントの設定方法

タブセレクタで選択

タブセレクタについて詳しくは、上記『1行目のインデント』タブセレクタで選択をご覧ください。

  1. タブセレクタ🖱クリックして、ぶら下げインデントを選択します。
  2. 水平ルーラー🖱クリックして、インデントを設定します。
    微調整をしたいときは、インデントを左右にドラッグします。

    インデントの設定方法

左インデント

ルーラー上をドラッグ

水平ルーラー左側に3つあるインデントの一番下、長方形左インデントです。

左インデントを、任意の文字数へ🖱ドラッグしてみましょう。

文字列の左側が押されて、段落全体が右に押し出されていきます。

インデントの設定方法

段落ダイアログボックス

[段落]ダイアログボックスの起動方法は、上記『1行目のインデント(字下げ)』の、
[段落]ダイアログボックス起動方法」をご覧ください。

  1. 左インデントは、「左」にて文字数を指定します。
    文字数は、▲▼ 🖱クリック、または直接文字数を手入力で設定できます。

  2. 設定が完了しましたら、右下の[OK]🖱クリックします。

    インデントの設定方法

[ホーム]タブ:インデントを減らすインデントを増やす

次の順に🖱クリックして設定します。

[ホーム]タブ [段落]グループ 左側:[インデントを減らす]右側:[インデントを増やす]

🖱クリックするごとに、インデントを1文字分ずつ減らしたり増やしたりできます。

インデントの設定方法

[レイアウト]タブ:左インデント

[レイアウト]タブ内で、次の順に🖱クリックして設定します。

[レイアウト]タブ [段落]グループ [インデント][左インデント]

文字数は、▲▼ 🖱クリック、または、直接文字数を手入力で設定できます。

インデントの設定方法

右インデント

ルーラー上をドラッグ

水平ルーラー右側にある、逆ホームベース型が「右インデントです。

右インデントを、任意の文字数へ🖱ドラッグしてみましょう。

文字列の右側が押されて、段落全体が左に押し出されていきます。

インデントの設定方法

段落ダイアログボックス

[段落]ダイアログボックスの起動方法は、上記『1行目のインデント(字下げ)』の、
[段落]ダイアログボックスの起動方法」をご覧ください。

  1. 右インデントは、「右」にて文字数を指定します。
    文字数は、▲▼ 🖱クリック、または、直接文字数を手入力で設定できます。

  2. 設定が完了しましたら、右下の[OK]🖱クリックします。

    インデントの設定方法

[レイアウト]タブ:右インデント

[レイアウト]タブ内で、次の順に🖱クリックして設定します。

[レイアウト]タブ [段落]グループ [インデント][右インデント]

文字数は、▲▼ 🖱クリック、または、直接文字数を手入力で設定できます。

インデントの設定方法

インデントの解除方法

インデントの解除方法は簡単です!

基本的には、設定した値を元に戻すことで解除します。

文字数など数値で設定…設定の値を「0」にします
🖱ドラッグまたは🖱クリックで設定…元の位置へ🖱ドラッグまたは🖱クリックで戻します

解除方法に迷ったときの対処法
ルーラー上のインデントを、Wordを新規に起動したときと同じ位置にするといいですよ。

まとめ

それでは、インデントの種類ごとに設定方法をまとめます

インデントの種類設定方法
1行目のインデント(字下げ)ルーラー上をドラッグ
段落ダイアログボックスを使用
タブセレクタで選択
ぶら下げインデントルーラー上をドラッグ
段落ダイアログボックスを使用
タブセレクタで選択
左インデントルーラー上をドラッグ
段落ダイアログボックスを使用
[ホーム]タブ:インデントを減らす・インデントを増やす
右インデントルーラー上をドラッグ
段落ダイアログボックスを使用
[レイアウト]タブ:右インデント

全部の設定方法を覚えようとするのではなく、
この中から、一番使いやすい方法をチョイスすれば大丈夫です!😄
 

ページ内でご紹介しましたリンクをまとめましたので、お時間のある時にぜひご覧ください!

 
<文書作成アドバイスツール>
テレワークなどで、ご自身の文章をチェックしてくれる人がいなくてご不安な方、
「文章表現」や「言い回し」の引き出しを増やしたい方のために、
「100を超える視点」を用いて、あなたの文章をチェックしてくれます。

文章の“形”はインデント、“内容”はこのアドバイスツールが心強い味方となってくれます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました