【Windows ファンクションキーまとめ】[F1]~[F12]&[Fn]機能一覧! | どこでもパソコン教室 四日市

【Windows ファンクションキーまとめ】[F1]~[F12]&[Fn]機能一覧!

ファンクションキーまとめ 💻まとめ集📖

こんにちはどこでもパソコン教室 四日市です。

今回の授業は、〝ワンプッシュで裏技発動!〟ファンクションキー F1F12 & Fn の各キーの機能を一覧にまとめて解説します!

「Windows ファンクションキー」F1F12 & Fn には、それぞれのキーにとても個性のある機能が備わっています。

そこで、各キーの機能を見つけやすいように一覧にまとめました

「あのキーの機能は何だった?」と、ちょっと忘れちゃったときに役に立ちますね

🍳お料理や、🎸楽器の演奏などと同じで、💻パソコンの便利機能も繰り返し使うことで身に付きます!

今回の授業内容を、機能の忘備録としてご活用頂ければ幸いです

広告

ファンクションキーの位置

ファンクションキー F1F12は、キーボードの上部に横一列に並んでいます
キーボードの左下には、ノートパソコンコンパクトなキーボードにありますFnエフエヌキーがあります。

今回の授業では、 F1F12 & Fnで発動する機能をまとめてご紹介します

ファンクションキー【F1~F12&Fn】

[F1]ヘルプ・サポートページの表示

  • デスクトップ
    Windows 10の場合、Microsoft Edgeが起動して「Windows 10 でヘルプを表示する方法」というページが表示されます。
     
  • ウェブブラウザー
    Google ChromeMicrosoft Edgeで、「ヘルプ」「サポート」ページが表示されます。
     
  • Word/ワード
    「ヘルプ」が表示されます。
     
  • Excel/エクセル
    「ヘルプ」が表示されます。
     
  • PowerPoint/パワーポイント
    「ヘルプ」が表示されます。

F1 の図解入り解説はこちらです!

[F2]名前の変更/文字の移動/文字の編集

  • デスクトップ
    選択したアイコンフォルダーファイル名前の変更ができるようになります。
     
  • エクスプローラー(フォルダー)
    選択したアイコンフォルダーファイル名前の変更ができるようになります。
     
  • Word/ワード
    選択した文字を移動できます。
     
  • Excel/エクセル
    セルの中に「|」カーソルが入り、文字や数字の加筆部分修正ができます。
     
  • PowerPoint/パワーポイント
    〝プレースホルダー〟という、文字が入力できる箇所や図形を選択してF2キーを押すと、「|」カーソルが入って文字の入力編集ができる状態になります。

F2 の図解入り解説はこちらです!

[F3]ページ内検索/名前の貼り付け

  • ウェブブラウザー
    ウェブページ内を検索できる窓が表示されます。
     
  • Excel/エクセル
    「名前の貼り付け」ダイアログボックスが表示されます。

F3 の図解入り解説はこちらです!

[F4]アドレスバーにフォーカス/直前の操作を繰り返す/セル参照を切り替える

  • ウェブブラウザー
    Google ChromeMicrosoft Edgeで、アドレスバーに「フォーカス」(焦点)があたります。
     
  • Word/ワード
    文字入力や図形の移動など、直前の操作を繰り返します
     
  • Excel/エクセル
    ●  文字入力や図形の移動、セルの塗りつぶしなど、直前の操作を繰り返します
     
    ●  セル参照を切り替えることができます。
     数式を何度も入力や修正をする手間がかからなくなります。
     
  • PowerPoint/パワーポイント
    文字入力や図形の移動、セルの塗りつぶしなど、直前の操作を繰り返します

F4 の図解入り解説はこちらです!

[F5]ページの再読み込み/ジャンプ/スライドショーの開始

  • ウェブブラウザー
    ページの再読み込みをして、最新の状態にします。
     
  • Word/ワード
    「検索と置換」ダイアログボックスが表示されて、その中の「ジャンプ機能」が使えます。
     
  • Excel/エクセル
    「ジャンプ」ダイアログボックスが表示されます。
     
  • PowerPoint/パワーポイント
    「スライドショーの開始」となります。

F5 の図解入り解説はこちらです!

[F6]フォーカスの移動/ひらがなに変換

  • デスクトップ
    「フォーカス」(焦点)が移動します。
    🖱マウスを使わずに、キーボードのみでも操作ができるようになります。
     
    基本的に、フォーカスされたところで Enterキーを押すと起動(起動している場合は表示) Escエスケープキーを押すとフォーカス解除となります。
     
  • エクスプローラー(フォルダー)
    「フォーカス」(焦点)が移動します。
    🖱マウスを使わずに、キーボードのみでも操作ができるようになります。
     
    基本的に、フォーカスされたところで Enterキーを押すと起動(起動している場合は表示) Escエスケープキーを押すとフォーカス解除となります。
     
  • ウェブブラウザー
    ウェブブラウザーの種類で少し動きに違いはありますけれども、 F6キーを押す「フォーカス」(焦点)が「アドレスバー」に移動して、素早く検索できる状態になります。
     
  • Word/ワード
    ●  文字入力中、または文字選択しているときにひらがなに変換できます。
     
    「フォーカス」(焦点)が次の順番で移動します。
     🖱マウスを使わずに、キーボードのみでも操作ができるようになります。

      名 称
    文書ウィンドウ
    ステイタスバー
    リボン
    クイックアクセスツールバー

  • Excel/エクセル
    ●  文字入力中、または文字選択しているときにひらがなに変換できます。
     
    「フォーカス」(焦点)が次の順番で移動します。
     🖱マウスを使わずに、キーボードのみでも操作ができるようになります。

      名 称
    ワークシート
    シートタブ
    ステイタスバー
    リボン
    クイックアクセスツールバー

  • PowerPoint/パワーポイント
    ●  文字入力中、または文字選択しているときにひらがなに変換できます。
     
    「フォーカス」(焦点)が次の順番で移動します。
     🖱マウスを使わずに、キーボードのみでも操作ができるようになります。

      名 称
    スライドペイン
    ステイタスバー
    リボン
    クイックアクセスツールバー
    サムネイルペイン

F6 の図解入り解説はこちらです!

 

【PR】🍵ちょっと一息🍡
👩‍🏫パソコンインストラクターが選ぶ〝パソコンライフお役立ちグッズ〟
ショートカットキー事典「時短の王道 ショートカットキー全事典」
パソコン作業の時短に直結するショートカットキー
けれども全て覚えておくのは大変💦
そこで、仕事やプライベートでも使用する機会の多いOS・アプリのショートカットキー全388ワザを取り上げています。

[F7]カーソルブラウズ/全角カタカナに変換/文書校正/スペルチェック

  • ウェブブラウザー
    Microsoft Edgeアクセシビリティ機能*のひとつ、「カーソルブラウズ*を使えるようになります。
     
    アクセシビリティ機能…インターネットの情報やサービスにふれやすくする機能です。
    カーソルブラウズ…キーボードの次のキーを使用してページ内を移動できることです。
    Home End PageUp PageDown
     
  • Word/ワード
    ●  文字入力中、または文字選択しているときに全角カタカナに変換できます。
     
    ●  何も選択されていない状態のときは、「文書校正」が表示されます。
     
  • Excel/エクセル
    ●  文字入力中、または文字選択しているときに全角カタカナに変換できます。
     
    ●  何も選択されていない状態のときは、スペルチェックができます。
     
  • PowerPoint/パワーポイント
    ●  文字入力中、または文字選択しているときに全角カタカナに変換できます。
     
    ●  何も選択されていない状態のときは、スペルチェックができます。

F7 の図解入り解説はこちらです!

[F8]半角カタカナに変換/選択範囲の拡張を開始

  • Word/ワード
    ●  文字入力中、または文字選択しているときに半角カタカナに変換できます。
     
     F8キーを押してから、文書ウィンドウ内の任意の箇所を🖱クリックしたり、矢印キーを押すと「|」カーソルのある位置を中心に選択範囲が拡張します。
     
     例えば、数ページにわたるような広い範囲の選択をしたいときに、🖱ドラッグよりも早く楽に選択できます。
     
  • Excel/エクセル
    ●  文字入力中、または文字選択しているときに半角カタカナに変換できます。

     F8キーを押してから、セルの任意の箇所を🖱クリックしたり、矢印キーを押すとアクティブセル*の位置を中心に選択範囲が拡張します。
     アクティブセル…セルの中でも入力できる状態のセルです。
     
     例えば、数ページにわたるような広い範囲の選択をしたいときに、🖱ドラッグよりも早く楽に選択できます。
     

  • PowerPoint/パワーポイント
    文字入力中、または文字選択しているときに半角カタカナに変換できます。

F8 の図解入り解説はこちらです!

[F9]全角英数字に変換/再計算

  • Word/ワード
    文字入力中、または文字選択しているときに全角英数字に変換できます。
     
    英字(アルファベット)の場合、 F9キーを押すたびに文字」文字」頭文字のみ大文字」とさらに変換できます。
     
  • Excel/エクセル
    ●  文字入力中、または文字選択しているときに全角英数字に変換できます。
     
     英字(アルファベット)の場合、 F9キーを押すたびに文字」文字」頭文字のみ大文字」とさらに変換できます。
     
    ●  通常〝自動〟で行われるExcelの計算を、計算時間を短縮するために〝手動〟に設定することもあります。
     
    〝手動〟設定中は、 F9キーを押すことで再計算します。
     
  • PowerPoint/パワーポイント
    文字入力中、または文字選択しているときに全角英数字に変換できます。
     
    英字(アルファベット)の場合、 F9キーを押すたびに文字」文字」頭文字のみ大文字」とさらに変換できます。

F9 の図解入り解説はこちらです!

[F10]半角英数字に変換/クイックアクセスツールバーとリボンにフォーカス

  • Word/ワード
    文字入力中、または文字選択しているときに半角英数字に変換できます。
     
    英字(アルファベット)の場合、 F10キーを押すたびに文字」文字」頭文字のみ大文字」とさらに変換できます。
     
  • Excel/エクセル
    文字入力中、または文字選択しているときに半角英数字に変換できます。
     
    英字(アルファベット)の場合、 F10キーを押すたびに文字」文字」頭文字のみ大文字」とさらに変換できます。
     
  • PowerPoint/パワーポイント
    ●  文字入力中、または文字選択しているときに半角英数字に変換できます。
     
     英字(アルファベット)の場合、 F10キーを押すたびに文字」文字」頭文字のみ大文字」とさらに変換できます。
     
    ●  何も選択されていない状態のときは、クイックアクセスツールバーリボンフォーカス」(焦点)が移動します。
     
    🖱マウスを使わずに、キーボードのみでも操作ができるようになります。

F10 の図解入り解説はこちらです!

[F11]全画面表示/グラフを作成

  • ウェブブラウザー
    ウィンドウが全画面表示となり、上部のタブやメニューバー、下部のステータスバーが非表示となります。
     
     F11キーを押すたびに、全画面表示通常表示が切り替わります。
     
  • Excel/エクセル
    データが入力された表でグラフにしたい範囲を選択してからF11キーを押すと、縦棒グラフが別シートに作成されます。

F11 の図解入り解説はこちらです!

[F12]ウェブページの検証画面を表示/名前を付けて保存

  • ウェブブラウザー
    ウェブデザイナーなどウェブページ制作者がよく使う機能で、ウェブブラウザーごとに検証」「要素の検査」「要素を調査と名称は少し違いますけれども、ウェブページの検証画面を表示します。
     
    HTMLCSSなどの記述内容を確認しながら、デザインの詳細やエラーなどを調べることができます。
     
  • Word/ワード
    「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されます。
     
  • Excel/エクセル
    「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されます。
     
  • PowerPoint/パワーポイント
    「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されます。

F12 の図解入り解説はこちらです!

[Fn]〝エフエヌキー〟と〝ファンクションキー〟を合わせて使う

Fnキーとは、「Function」の略です。

これまでご紹介した「ファンクションキー」とは区別して、「エフエヌキー」と呼ぶことが多いです。

 Fnキーを押しながらFnキー同じ色の文字や絵がついているキーを押すと、そのまま押したときとは違う、同じ色の文字や絵で表現された機能が有効となります。

 Fnキーと合わせて実行できるおもな機能 

ファンクションキー【Fn】

Fn の図解入り解説はこちらです!

広告

まとめ

今回の授業は、〝ワンプッシュで裏技発動!〟ファンクションキー F1F12 & Fn の各キーの機能を一覧にまとめて解説しました!

詳しい図解入り解説は本文中にあります、 F○ の図解入り解説はこちらです!ボタン🖱クリックしてご覧いただけます。

🤔あのキーの機能は何だったかしら?というときの忘備録として、ぜひともお役立てください。

あなたのパソコンライフが加速する!〟👈あっ、いっぺん言ってみたかっただけです。🤣

😄ご受講お疲れさまでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました