【Delete/Back space】もう削除にどっちのキーを使うか迷わない!

Deleteキー Backspaceキー💻PCの"😔困った"を"😄安心・楽しい"へ!
この記事は約7分で読めます。

こんにちはどこでもパソコン教室 四日市です。

今回の授業は、文字を削除するときに使用するDeleteBack spaceの効率的な使い方と、文字を上書き修正するInsertについて解説します!

文字を消したいときに、DeleteデリートBack spaceバックスペースどちらを使うか迷ったあげく思わず残したい方の文字を間違って消してしまった…😢 ということはありませんか

なぜか、残しておきたい文字の方を消してしまいますねー

そのときは、どちらのキーを使うかは、ほとんど意識していません

これは、マーフィーの法則にある「落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する」と、同じでしょうか!?🤣

今回の授業は、文字の削除や修正に、どのキーを使うか迷わない!次の“3つのコツ”をご紹介します

Delete…………「|」カーソルの左側の文字を削除

Back space ……「|」カーソルの右側の文字を削除

Insertインサート…………文字の上書き修正

入力し直したりする手間がなくなるのは嬉しいですね

スポンサーリンク

文字を消すときの[Deleteデリート]キーと[Back spaceバック スペース]キーの選び方

  1. まず、WordExcelなどの文字入力ができるソフトに、あいうえおと入力しましょう。
     
    次に、」と「」の間🖱クリックExcelの場合は🖱ダブルクリック)して、「|」カーソルを置きます
    Delete/Back space


  2. キーボードの配列(キーの並び方)は、メーカーや機種によって違いがありますので、今回は一般的な配列でご紹介します。
     
    Enterの上にBack space、右にDeleteがあります
     
    Delete/Back space


  3. Back spaceDeleteの間に、「|」カーソルがあると想像しましょう。
     
    「|」カーソルの左側Back spaceが、右側Deleteがあります。
     
    Delete/Back space


  4. 文字が入力されている画面でも同じように、「|」カーソルの左側Back spaceが、右側Deleteがあると想像しましょう。
     
    それでは、を消したいと思います。
    「|」カーソルの左側にあるのでBack spaceを押すという覚え方です。

    Delete/Back space


  5. 消えました!
     
    次に、を消してみましょう。
    「|」カーソルの右側にあるのでDeleteを押すという覚え方です。

    Delete/Back space


  6. 消えました!
     
    さらに今度は、を消してみましょう。
    「|」カーソルの左側にあるのでBack spaceを押すという覚え方でしたね。
     
    Delete/Back space


  7. 消えました!
     
    ここまでの流れでを消すかと思いきや、😲!? を消してみましょう。
    「|」カーソルの左側にあるのでBack spaceを押すということですね。
     
    Delete/Back space


  8. 消えました!
     
    いよいよ最後の1文字、を消してみましょう。
    「|」カーソルの右側にあるのでDeleteを押すという覚え方でしたね。
     
    Delete/Back space


  9. すべて消えました!
     
    Delete/Back space


消す文字を間違えると…

  1. ガッカリする 😞
  2. 間違って消した文字を、入力し直す 😟
  3. あらためて、いらない文字の方を消す 😤

というように、😅気持ちと修正作業がさわがしくなってしまいますので、“削除キーを選ぶコツ”を覚えることで、スムーズに消せてストレスなしです!

Insertインサート]キーとは

もう一つ、文字列の修正方法をご紹介します。

DeleteBack spaceの近くにある、Insertインサートキーはご存知ですか

なんとなくあるのは知っていますけれども、使い方がよく分からないのでさわらないようにしている……というのが正直なところですね😅

使ったことのない機能は、いざ使うとなると不安ですよね。

けれども、知れば知るほど、心強い味方になってくれます

Insertとは、文字列を上書きしながら修正する機能です。

知らずに押してしまうこともあるので、急に機能が働いてびっくりした経験のある方も多いのではないでしょうか。

意図せず上書き修正になってしまったときの対応策にもなりますので、ぜひご覧ください

[Insert]キーの場所

キーボードの配列(キーの並び方)は、メーカーや機種によって違いがありますので、今回は一般的な配列でご紹介します。

Back spaceDeleteの隣に、Insertがあります。

Delete/Back space

[Insert]キーの使い方

それでは、Word(ワード)でご説明します。
今回は、「ぱいなっぷる」を「ますくめろん」に修正したいと思います。

  1. まずは、いつもの入力での文字列の動きを確認します。「ぱいなっぷる」と入力しましょう。
     
    Delete/Back space


  2. 「ぱいなっぷる」の前に「|」カーソルを置いて、「ますくめろん」と入力していきましょう。
     
    通常の入力なので、もとの文字列が後ろに押し出されて、「ますくめろん」「ぱいなっぷる」が並びます※フォントサイズによっては、横並びになります。
     
    Delete/Back space


  3. それでは、Insertを使っていきましょう。 
    元の「ぱいなっぷる」のみに戻すため、ショートカットキーCtrl+を使って戻します。
     
    Delete/Back space 
    過去に戻れるショートカットキーCtrl+ついて、詳しくはこちらをご覧ください。☟
    【Ctrl+Z/Ctrl+Y】元に戻す・やり直しのショートカットキー


  4. Back spaceDeleteの隣、Insertを1回押します。 
    1回押すたびに「挿入モード」「上書きモード」が切り替わります。

    設定がこれだけ簡単なので、入力中に気づかないうちに押してしまい、急に文字列が上書きされてびっくりされる方も多いと思います。
     
    けれども、再度1回押すだけで復旧! ご安心ください。
     
    Delete/Back space


  5. 「ぱいなっぷる」の前に「|」カーソルを置いて、「ますくめろん」と入力していきましょう。
     
    「ぱいなっぷる」「ますくめろん」に、置き換わりました
     
    Delete/Back space

文字入力をするときの「挿入モード」or「上書きモード」を確認する方法

現在が、「挿入モード」「上書きモード」の、どちらになっているのか
分からなくて、困ったことはありませんか。

実は、すぐに確認できる方法があります

Word画面の一番下で、あまり目立たないところですけれども、黄色い網掛けのところ「ステータスバー」に、「挿入モード」「上書きモード」、いずれかが表示されているので、すぐに分かります。

ちなみに、ステータス(status)とは、ある時点での状態や状況を意味しています
ですので、「ステータスバー」で現在の状態を把握できるということですね。
 
Delete/Back space

「ステータスバー」にモードの表示がない場合

「ステータスバー」モードの表示がない場合は、次の手順で表示できます。

  1. 「ステータスバー」🖱右クリックして、メニューを表示します。 
  2. メニューの中にある、「上書き入力」🖱クリックすると、「ステータスバー」に表示されるようになります。
     
    Delete/Back space

まとめ

今回の授業は、文字を削除するときに使用するDeleteBack spaceの効率的な使い方と、文字を上書き修正するInsertについて解説しました!

次の“3つのコツ”をご紹介しました。
Delete…………「|」カーソルの左側の文字を削除
Back space ……「|」カーソルの右側の文字を削除
Insertインサート…………文字の上書き修正

文字を間違いなく入力することは難しいですよね。(にんげんだもの~😌)

今回のような、効率的な削除・修正方法を活用して、間違いを恐れることなく、作業を頑張っていただければ幸いです!
 

120タイトル以上のパソコンソフトが使い放題「超ホーダイ」

パソコンソフトを選ぶときに「ソフト選びを失敗したくない」「ちょっと興味のあるソフトを試せたら…」と思われたことはありませんか「超ホーダイ」は、120タイトル以上のソフトのフル機能・最新版が定額で使い放題です。

😄ご受講お疲れさまでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました