【Ctrl+L】文字の左揃えとテーブル作成のショートカットキー!

ショートカットキー【Ctrl+L】💻便利!カッコいい👍 ショートカットキー
この記事は約9分で読めます。

今回の授業は、ショートカットキーCtrl+Lのご紹介です。
ソフトウェアごとに、次の4つの機能があります。

  • フォルダウェブブラウザー
    アドレスバーの文字列を全選択』
  • Word
    『文字列を左揃え
  • Excel
    テーブルの作成ダイアログボックスの起動』
  • PowerPoint
    『文字列を左揃え』『マウスポインターをレーザーに変更』

 

Lは、WordPowerPoint『文字列を左揃えではLeft”を、

PowerPoint『マウスポインターをレーザーに変更』ではLaser”を意味します。

Ctrl+Dのように、ソフトごとに機能が違いますね?

さらに、PowerPointでは同じCtrl+Lでも、

編集画面スライドショー表示機能が違うので面白いですよ!

『文字列を左揃えの他にも、
中央揃え右揃え両端揃え均等割り付け
それぞれ、ショートカットキーがありますね♪

『文字揃えについて【Ctrl+J】でご紹介しましたね♪

よく使う機能ですので、

ショートカットキーで簡単&カッコいい操作ができたら理想ですね!

 
 盛りだくさんの機能のショートカットキー
Ctrl+Dについて詳しくはこちらをご覧ください。☟

スポンサーリンク

Ctrl+L:コントロール・エル

フォルダ:アドレスバーの文字列を全選択

フォルダを開いた状態で、Ctrlを押しながらLを押すと
アドレスバーの文字列を全選択します。

選択された文字列が、 青い背景に白い文字 になります。
 

フォルダのアドレスバーの文字列は、パソコンの中のフォルダの場所です。

 
今回は、デスクトップに『CTRL+Lを押しました!』フォルダを作成しました。

ショートカットキー【Ctrl+L】

  
Ctrl+Lで選択された文字列を辿ってみましょう。

 C : \ Users \ (※ユーザー) \ Desktop \ Ctrl+Lを押しました! 

パソコンの中は「階層構造」といいまして、ロシアの民芸品「マトリョーシカ人形」のように、
フォルダの中にフォルダが入って…というようになっています。

“\”マークがフォルダの区切りです。
 

階層構造とは
 ビルの1F~2F、3F…のように、下層から上層へ積み重なっているイメージです。
 フォルダを開いて、その中のフォルダを開いて…と続けると、
 上層 下層へ向かいます。

 

ショートカットキー【Ctrl+L】

 

Ctrl+Lの使用方法としておススメは、マニュアル作成ファイルの場所の覚え書きなどです!

次の手順で簡単にフォルダの場所を記載できます。
 

Ctrl+L [アドレス全選択] Ctrl+C [コピー] Ctrl+V [貼り付け]
 

ちなみに、上記のフォルダの場所の文字列 C : \ Users \ ~ Ctrl+Lを押しました! は、
この方法で記載しています。

手入力ですと間違いやすい”ひらがな・カタカナ・英字”が混在したアドレスも、
簡単・正確に記載できるので便利です!
 

 Ctrl+C [コピー] ・ Ctrl+V [貼り付け]について詳しくはこちらをご覧ください。

ウェブブラウザー:アドレスバーの文字列を全選択

ウェブブラウザーCtrlを押しながらLを押すとアドレスバーの文字列を全選択します。

上記のフォルダの場合と同じ機能ですね。

 
似ている機能で、Ctrl+E または Ctrl+K を押すと、
アドレスバーにフォーカス(焦点)が移動して検索可能な状態になります。

Ctrl+L [アドレス全選択]との違いは、表示されていたアドレスが全て消えるところです。
 

Google Chrome

ショートカットキー【Ctrl+L】

 

Microsoft Edge

ショートカットキー【Ctrl+L】

Firefox

ショートカットキー【Ctrl+L】

 
 Ctrl+E について詳しくはこちらをご覧ください。☟

 Ctrl+K について詳しくはこちらをご覧ください。☟

Word:文字列を左揃え

Wordの編集画面で、Ctrlを押しながらLを押すと文字列を左揃えにできます。

カーソル「|」の入っている段落が対象です。

段落とは
ページの最初~段落記号「↲」までの間、
その後は、段落記号「↲」~次の段落記号「↲」までの間のことを1段落といいます。

 
ショートカットキー【Ctrl+L】

 
他にも文字揃えのショートカットキー次の4種類があります!

  • Ctrl+E [中央揃え]
  • Ctrl+R [右揃え]
  • Ctrl+J [両端揃え]
  • Ctrl+Shift+J [均等割り付け]

 
 Ctrl+E [中央揃え]について詳しくはこちらをご覧ください。☟

 Ctrl+R[右揃え]について詳しくはこちらをご覧ください。☟

 Ctrl+J [両端揃え]Ctrl+Shift+J [均等割り付け]について詳しくはこちらをご覧ください。☟

Excel:テーブルの作成ダイアログボックスの起動

Excelでデータ入力された範囲のいずれかをアクティブセルにして、
Ctrlを押しながらLを押すとテーブルの作成ダイアログボックスが起動します。
 

テーブルとは
ただデータの入力されている範囲とは違い、データの抽出や集計ができるうえ、
デザインも維持してくれる表です。
 
 セルとは
Excelのたくさんあるマス目のことです。
 
アクティブセルとは
セルの中でも選択されて入力できる状態のセルです。

 
使い方を解説しますので、お時間のある時に一緒に操作しましょう!

  1. データを入力します。
    今回は、出典:興行通信社「CINEMAランキング通信」 映画歴代ランキング(2020年9月現在)
    の情報を元に作成しています。

    ショートカットキー【Ctrl+L】 
     
  2. データの入力されているいずれかのセルを🖱クリック
    アクティブセルにして、Ctrlを押しながらLを押します。
     
  3. テーブルの作成ダイアログボックスが起動します。

    ショートカットキー【Ctrl+L】 
    [1]「テーブルに変換するデータ範囲を指定してください」セル番地を確認します。
     もし違っていたら、正しい範囲を選択しなおします。
     
     選択したい範囲の左上から右下へドラッグするのがコツです!

    [2]「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」は、
     見出しのある表でしたらを入れて、見出しのない表でしたら外します。

    [3]OK🖱クリックします。
     

  4. テーブルができました!

    ショートカットキー【Ctrl+L】

    自動でデザインやオプションが付きますので、下記でお好みに合わせて変更できます。

    [テーブルツール|デザイン]タブ [テーブルスタイル]
    [テーブルツール|デザイン]タブ [テーブルスタイルのオプション]
     
    もしも、[テーブルツール|デザイン]タブが表示されていない場合は、
    テーブル内を🖱クリックしてみましょう!

    ショートカットキー【Ctrl+L】

PowerPoint:文字列を左揃え・マウスポインターをレーザーに変更

文字列の左揃え

PowerPointの編集画面で、Ctrlを押しながらLを押すと文字列を左揃えにできます。

他にも文字揃えのショートカットキー次の4種類があります!

  • Ctrl+E [中央揃え]
  • Ctrl+R [右揃え]
  • Ctrl+J [両端揃え]
  • Ctrl+Shift+J [均等割り付け]

実際にショートカットキーを使用すると、それぞれの文字位置は下図のようになります。

ショートカットキー【Ctrl+L】

 

 Ctrl+E [中央揃え]について詳しくはこちらをご覧ください。☟

 Ctrl+R[右揃え]について詳しくはこちらをご覧ください。☟

 Ctrl+J [両端揃え]Ctrl+Shift+J [均等割り付け]について詳しくはこちらをご覧ください。☟

 

マウスポインターをレーザーに変更

PowerPointのスライドショー表示で、Ctrlを押しながらLを押すと
マウスポインターをレーザーに変更します。
 

スライドショーを開始するには、🖱クリックする方法とショートカットキーがあります。

  • 🖱クリックの場合
    [スライドショー]タブ [スライドショーの開始]グループ
    [最初から]🖱クリックします。
     
  • ショートカットキーの場合
    編集画面の状態F5を押します。

 
スライドショー表示でCtrlを押しながらLを押してみましょう。

マウスポインターレーザーに変更されました!

ショートカットキー【Ctrl+L】

 
解除
するには、もう一度Ctrlを押しながらLを押してみましょう。

Escエスケープキーを押しても解除できます。
 

 ファンクションキーF5について詳しくはこちらをご覧ください。☟

まとめ

今回の授業は、ショートカットキーCtrl+Lのご紹介でした。

ソフトウェアごとに、次の4つの機能がありました。

  • フォルダウェブブラウザー
    アドレスバーの文字列を全選択』
  • Word
    『文字列を左揃え
  • Excel
    テーブルの作成ダイアログボックスの起動』
  • PowerPoint
    『文字列を左揃え』『マウスポインターをレーザーに変更』

 
Ctrl+Lと似ている機能や、合わせて使うと便利な機能などもご紹介しましたので、
お時間のあるときに、ぜひご覧ください!

 
お気に入りのショートカットキーとなっていただけましたら幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました