【Ctrl+M】左インデント・スライド追加・メール送受信をショートカット!

ショートカットキー【Ctrl+M】💻便利!カッコいい👍 ショートカットキー
この記事は約6分で読めます。

今回の授業は、ショートカットキーCtrl+Mのご紹介です。
ソフトウェアごとに、次の4つの機能があります。

  • Word …………左インデントを設定』
  • PowerPoint『新しいスライドの追加
  • メモ帳 ………改行
  • Outlook………新着メールの確認とメールの送受信

Ctrl+Mショートカットできることはどれも、
「この機能にショートカットがあったの!?」と少し驚きです!

Ctrl+Mについての情報はあまり多くないです。

Mの意味も、OutlookMail”Message”のほか見当たらず…。

けれども、他のショートカットキーと組み合わせて使用することで、

マウスとキーボードを行ったり来たりする手間がどんどん減ります

ショートカットキーを使うと、

焦ることなく作業スピードが上がるのでとても嬉しいです♪

ソフトごとに使用方法を解説しますので、

お時間のある時に、ぜひ実際に一緒に操作してみましょう!

スポンサーリンク

Ctrl+M:コントロール・エム

Word|ワード:左インデントを設定

WordCtrl押しながらMを押すと、左インデントを設定します。
 

インデント[indent]とは、直訳すると「凹ます・刻む」です。

パソコン用語としては『インデント=文字列を凹ませる』ことで、全部で4種類あります。

  • 1行目のインデント
  • ぶら下げインデント
  • 左インデント
  • 右インデント
indent1

  インデントについて詳しくはこちらをご覧ください。☟

 

Ctrl押しながらMを押すと、4字分の左インデントが設定されます。

そして、さらにCtrl押しながらMを押すたびに、4字分ずつ移動します。

ショートカットキー【Ctrl+M】

 

このように、初期状態では4の倍数の字数ですけれども、
次の手順で任意の字数への変更が可能です!
 

  1. [ホーム]タブ [段落]グループ [段落ダイアログボックス起動ツール]🖱クリックします。

    ショートカットキー【Ctrl+M】
     

  2. 「段落」ダイアログボックスが起動します。

    左下にある「タブ設定」🖱クリックします。

    ショートカットキー【Ctrl+M】 

  3. 「タブとリーダー」ダイアログボックスが起動します。

    1. 右上の「規定値」任意の字数(今回は3字)を、
      手入力、または[▲][▼]を🖱クリックして設定します。

    2.「OK」🖱クリックして設定完了です!

    ショートカットキー【Ctrl+M】
     

  4. Ctrl押しながらMを押してみましょう!

    設定しました3字分の左インデントになっています。

    そして、さらにCtrl押しながらMを押すたびに、3字分(3の倍数)ずつ移動します。

    ショートカットキー【Ctrl+M】

Ctrl+Shift+Mを押すと、設定された左インデントが元に戻ります!

PowerPoint|パワーポイント :新しいスライドの追加

PowerPointCtrl押しながらMを押すと、新しいスライドの追加をします。
 

マウスを使ってスライドの追加をするときは、次の箇所を🖱クリックします。

[ホーム]タブ [スライド]グループ [新しいスライド]

ショートカットキー【Ctrl+M】

 

PowerPointには、次の11種類のスライドがあります。

タイトルスライドタイトルとコンテンツセクション見出し
2つのコンテンツ比較タイトルのみ
白紙タイトル付きのコンテンツタイトル付きの図
タイトルと縦書きテキスト縦書きタイトルと縦書きテキスト

 
[新しいスライド]ボタンの下半分🖱クリックすると、スライドの一覧を表示できます。

ショートカットキー【Ctrl+M】

 
PowerPoint新規で起動すると、タイトルスライドが表示されます。

この状態でCtrl押しながらMを押すと、タイトルとコンテンツが表示されます。
 

複数回Ctrl+Mを押しても、ずっと「タイトルとコンテンツ」が表示されますので、
同じレイアウトを続けて使用したい場合には便利ですけれども、
レイアウトを変更したい場合もありますよね?
 

レイアウトを変更するには、[新しいスライド]ボタンを🖱クリックして、
一覧の中から、たとえば2つのコンテンツを選択すると、
そこからは、Ctrl+Mを押すたびに、「2つのコンテンツが表示されるようになります。

メモ帳:改行

メモ帳Ctrl押しながらMを押すと、改行します。

Enterと同じ機能です。
 

Enterと同じであれば、Ctrl+Mは必要ない…?

 

上級者向けですけれども、
ウェブデザイン
プログラミングをする場合、ショートカットキーを多用される方も多いので、

指の動作範囲や、他の機能との組み合わせから、Ctrl+Mの改行は便利です。

Outlook|アウトルック:新着メールの確認とメールの送受信

OutlookCtrl押しながらMを押すと、新着メールの確認とメールの送受信をします。

マウスを使って送受信をするときは、次の2箇所のどちらかを🖱クリックします。

  • [ホーム]タブ [送受信]グループ [すべてのフォルダーを送受信]
  • [送受信]タブ [送受信]グループ [すべてのフォルダーを送受信]

ショートカットキー【Ctrl+M】

 

この手順をCtrl+Mを押すだけでできます!

ショートカットキー【Ctrl+M】

 

ファンクションキーF9にも同じ機能があります。

F9には他にも全角英数字に変換できたり、Excelでは再計算という機能も使えます!

  F9について詳しくはどうぞこちらをご覧ください。☟

まとめ

Ctrl+Mの機能は、ソフトウェアごとに次の4つがありました。

  • Word …………左インデントを設定』
  • PowerPoint『新しいスライドの追加
  • メモ帳 ………改行
  • Outlook………新着メールの確認とメールの送受信

今回の授業、Ctrl+Mのようなレアなショートカットキーも、
他のショートカットキーと組み合わせることで、キーボードとマウスの往復が減ります。

ということは!

焦ることも、急ぐこともなく、作業スピードが自然に上がりますよ!

 
他のショートカットキーもどうぞご覧ください。
お気に入りのキーを見つけていただけましたら幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました