【Ctrl+G】ジャンプ! と グループ化のショートカットキー

ショートカットキー【Ctrl+G】💻便利!カッコいい👍 ショートカットキー
この記事は約9分で読めます。

今回の授業は、『ジャンプ機能』『グループ化』Ctrl+Gのご紹介です!

GGo to”Group”を意味します。

Ctrl+Gは、どういう機能のショートカットキーですか

大きく分けて2つの機能があります。
見たい箇所にすぐ行けるジャンプ機能』

オブジェクト(図形など)のグループ化』です

特に、見たい箇所にすぐ行ける!ということは、それだけで時間短縮になりますね

パソコン版「🚪どこでもドア!」ですね

スポンサーリンク

Ctrl+G:コントロール・ジー

ウェブブラウザー:ページ内検索と検索結果を順に移動[ジャンプ機能]

Google Chrome|グーグル クローム

ショートカットキー【Ctrl+G】

  1. Google ChromeCtrlを押しながらGを押すと、
    右上に「検索」バー(検索窓)が表示されます。
     
  2. 検索したい文字を入力して、Enterを押します。今回はパソコンと入力しました。
     
  3. 見つかった文字が黄色く強調されます。
    右端のスクロールバーには、見つかった文字の位置が黄色く強調されます。
     
  4. 検索後もCtrlを押しながらGを押すたびに、
    検索された文字を飛び石のように順に移動します
     
    この動きがGo to ○○!」(○○に行く)ですね。
Shiftキーをプラスして、Ctrl+Shift+Gを押すと、検索された文字を逆順に移動します。

Microsoft Edge|マイクロソフト エッジ

Microsft EdgeCtrlを押しながらGを押すと、上に「ページ内の検索」が表示されます。

検索後もCtrlを押しながらGを押すたびに、検索された文字を飛び石のように順に移動します

図解説明は、上記Google Chromeをご覧ください。

Firefox|ファイアーフォックス

FirefoxCtrlを押しながらFを押すと、下に「ページ内検索」が表示されます。

検索後もCtrlを押しながらGを押すたびに、検索された文字を飛び石のように順に移動します

図解は、上記Google Chromeをご覧ください。

Word|ワード:ジャンプ機能

Wordで、Ctrlを押しながらGを押すと、中央に「ジャンプ」ダイアログボックスが起動します。

13種類の移動先を指定できるうえ、行きたい位置へ数値を使用してピンポイントで移動できます。

ショートカットキー【Ctrl+G】

  1. 移動先選択します。
  2. ○○番号 or ○○名位置を指定します。
     
    移動先 ○○番号
    or ○○名
    移動先について
    ページページ番号指定したページ番号に移動します。
    セクションセクション番号区切りごとに、書式(体裁やレイアウト)の設定を変えことができる、「セクション区切り」の番号に移動します。

    〈セクション区切りの設定方法〉
    [レイアウト]タブ [ページ設定]グループ [区切り]

    〈セクション番号の確認方法〉
    [ステータスバー]を🖱右クリック [セクション]に🖱クリックでチェック✔を入れる [ステータスバー]の左端にセクション番号が表示される
    行番号指定した行番号に移動します。
    行番号は、垂直ルーラーを目印にします。
    ブックマーク
    ブックマーク名文字列などにつけることができる目印、「ブックマーク」につけた名前に移動します。

    〈ブックマークの挿入方法〉
    [挿入]タブ [リンク]グループ [ブックマーク]
    コメント
    校閲者名複数の人で1つの文書を共有するときに便利な、本文ではなく欄外にメモや解説をつける「コメント」の校閲者名を指定して移動します。

    〈コメントの挿入方法〉
    [挿入]タブ [コメント]グループ [コメント]
    [校閲]タブ [コメント]グループ 新しいコメント]
    脚注
    脚注番号用語の説明をページごとに入れる「脚注」の番号を指定して移動します。

    〈脚注の挿入方法〉
    [参考資料]タブ [脚注]グループ [脚注の挿入]
    文末脚注
    文末脚注番号用語の説明を文書全体の最後に入れる、「文末脚注」の番号を指定して移動します。

    〈文末脚注の挿入方法〉
    [参考資料]タブ [脚注]グループ [文末脚注の挿入]
    フィールド
    フィールド名「フィールド」という、自動 or 手動で変更できる、データの領域を確保するものの名前を指定して移動します。

    〈フィールドの挿入方法〉
    [挿入]タブ [クイックパーツ]グループ [フィールド]

    表番号表につけた番号に移動します。

    〈表番号の挿入方法〉
    [参考資料]タブ [図表]グループ [図表番号の挿入]

    図番号図につけた番号に移動します。

    〈図番号の挿入方法〉
    [参考資料]タブ [図表]グループ [図表番号の挿入]
    数式
    数式番号数式につけた番号に移動します。

    〈数式番号の挿入方法〉
    [参考資料]タブ [図表]グループ [図表番号の挿入]
    オブジェクト
    オブジェクト名オブジェクト(図形など)の名前を指定して移動します。

    〈オブジェクトの名前の確認と変更方法〉
    [ホーム]タブ [編集]グループ [選択]ボタン [オブジェクトの選択と表示]
    見出し
    見出し番号見出しにつけた番号を指定して移動します。

    〈見出しを付ける方法〉
    [ホーム]タブ [スタイル]グループ [見出し○](○は数字が入ります)
  3. 移動したい方向へ[前へ]or[次へ]🖱クリックします。 
  4. ジャンプ機能を終了するときは[閉じる]🖱クリックして、「ジャンプ」ダイアログボックスを閉じます。

Excel|エクセル:ジャンプ機能

経験者の方向けになりますけれども、Excelで、Ctrlを押しながらGを押すと、
中央に「ジャンプ」ダイアログボックスが起動します。

Excelは、特定の範囲に名前を付けて、数式を見て分かりやすくできます。
たとえば、次のような見え方になります。

=SUM(D2,F2)  ☞  =SUM(たし算) 
  1. 次のいずれかの選択をします。
    1. 範囲の名前が[移動先]に表示されますので、移動したい範囲名🖱クリックで選択します。
    2. [参照先]にA1など、移動したいセル番地を入力します。
     
  2. [OK]🖱クリックすると、指定した移動先にジャンプします。
     
    ショートカットキー【Ctrl+G】 
     
    「ジャンプ」ダイアログボックスの左下、セル選択🖱クリックすると、
    「選択オプション」ダイアログボックスが起動して、詳細な条件を選択できます。
     
    ショートカットキー【Ctrl+G】 
     
    移動先移動先について
    コメント複数の人で1つの文書を共有するときに便利な、本文ではなく欄外にメモや解説をつける「コメント」の校閲者名を指定して移動します。

    〈コメントの挿入方法〉
    [校閲]タブ [コメント]グループ [新しいコメント]
    定数自分で文字や数値を入力したままの、関数や数式の入っていないセルです。
    数式関数や数式の入っているセルです。
    空白セル何も入力されていないセルです。
    アクティブ セル領域アクティブセルグリーンの枠で囲まれた入力可能なセルが所属しているデータの範囲です。
    たとえば、表の中の1つのセルを選択して実行すると、表全体が選択されます。

    ショートカットキーCtrl+Aの機能に似ています。
    番外編:Excelの[Ctrl+A]の特徴
    アクティブ セルの配列配列とは、複数のセルの集まりです。

    複数のセルに値を表示する配列数式というものがあり、アクティブ セルの配列とは、アクティブセルと同じ配列数式に関わるセルです。
    オブジェクト[挿入]タブ [図]グループにある図形などのことです。
    アクティブ行との相違選択されている範囲のの中で、アクティブセルとは違う値のセルです。

    たとえば、アクティブセルのあるに、「1」と「2」があるとき、アクティブセルの値が「1」の場合、それとは違う「2」の方が選択されます。
    アクティブ列との相違
    選択されている範囲のの中で、アクティブセルとは違う値のセルです。

    たとえば、アクティブセルのあるに、「1」と「2」があるとき、アクティブセルの値が「1」の場合、それとは違う「2」の方が選択されます。
    参照元数式の元になるセルです。
    つまり、計算式に入っているセルのことです。
    参照先数式の値(答え)が表示されるセルです。
    最後のセルデータが入力されているセルのなかで、一番右下にあるセルです。
    可視セル非表示の設定で折りたたまれているセルを除いて、見えているセルのみを対象とします。
    条件付き書式セルごとに目立たせるなどの“条件付き書式”を設定したセルです。

    〈条件付き書式の設定方法〉
    [ホーム]タブ [スタイル]グループ [条件付き書式]
    データの入力規則セルごとの入力ルール“データの入力規則”を設定したセルです。

    〈データの入力規則の設定方法〉
    [データ]タブ [データ ツール]グループ [データの入力規則]

 ファンクションキーF5を押しても「ジャンプ」ダイアログボックスを起動できます。
 ワンプッシュで裏技発動!ファンクションキーについて詳しくはこちらをご覧ください。☟

PowerPoint|パワーポイント:オブジェクトのグループ化

PowerPoint複数のオブジェクト[画像・図形・SmartArt・グラフ]を選択して、
Ctrlを押しながらGを押すと、グループ化されます。

ショートカットキー【Ctrl+G】

  1. 3つの図形があります。
  2. 図形を選択します。
  3. 図形が選択されました。
  4. Ctrlを押しながらGを押すと、グループ化されました。
     
Shiftキーをプラスして、Ctrl+Shift+Gを押すと、オブジェクトのグループ化を解除します。

Outlook|アウトルック:ジャンプ機能

Outlookでメール本文を選択した状態でCtrlを押しながらGを押すと、
Wordと同じ「ジャンプ」ダイアログボックスが起動します。

ショートカットキー【Ctrl+G】

操作方法など詳細は、上記『Word:ジャンプ機能』をご覧ください。

他の検索関連ショートカットキー

パソコン操作で検索を素早くすることは、
時間短縮となるからこそ、より多くの情報を得ることができます。 

他の検索関連のショートカットキーもご紹介します!
作業状況に合わせて使い分けてみましょう。

まとめ

今回の授業は、『ジャンプ機能』『グループ化』Ctrl+Gのご紹介でした!

ショートカットキー【Ctrl+G】コントロール・ジーの機能
 
  • ブラウザー……ページ内検索と検索結果を順に移動[ジャンプ機能
  • Word……ジャンプ機能
  • Excel……ジャンプ機能
  • PowerPoint……オブジェクトのグループ
  • Outlook……ジャンプ機能

初めての機能も、勇気をもってぜひチャレンジしていただければと思います!

当教室インストラクター愛用のパソコンはこちらから!

Microsoft|マイクロソフトおすすめパソコンはこちら!
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました