【Ctrl+J】ダウンロード履歴・両端揃え・セル内改行の削除をショートカット!

ショートカットキー【Ctrl+J】💻便利!カッコいい👍 ショートカットキー
この記事は約9分で読めます。

今回は、『ダウンロード履歴の表示』『両端揃え』『セル内改行の削除
Ctrl+Jのご紹介です。

J両端りょうたんでは、Justification”を意味します。

 

セル内改行の削除ではちょっと専門的ですけれども、
ASCII」の改行をあらわす制御コードが10番目
アルファベットの10番目Jで割り当てられたとのことです。

 

ダウンロード履歴の表示では、

対応するアルファベットは見当たりませんでしたけれども、

ダウンロードしたものを、簡単に見られるので便利ですよ!

WordPowerPoint両端揃え』

Excelセル内改行の削除

ウェブブラウザーダウンロード履歴の表示』なのですね。

といいながらも、初めての機能なので、

実際に操作しながら、学習したいですね。

さらにWord裏技!

Ctrl+Shift+J均等割り付けもあります!

 

最後までご覧いただきますと、
文字揃え5種類セル内改行についても理解できますよ!

スポンサーリンク

Ctrl+J:コントロール・ジェー

ウェブブラウザー:ダウンロード履歴の表示

Google Chrome:グーグル・クローム

普段サイトを見ている状態で、Ctrlを押しながらJを押します

ダウンロード履歴が表示されますので、必要な操作を🖱クリックします。

 できること
ダウンロード履歴の中からファイルを検索できます。
すべて削除…履歴から削除します。
 ※ダウンロードされたフォルダには残っています。
ダウンロードフォルダを開く…ダウンロードされたフォルダを開きます。
ダウンロードされたファイルを開きます
履歴から個別に削除します。
 ※ダウンロードされたフォルダには残っています。
ダウンロードされたフォルダが開きます
削除済みのファイルも履歴として表示されます。
ショートカットキー【Ctrl+J】

Microsoft Edge:マイクロソフト エッジ

普段サイトを見ている状態で、Ctrlを押しながらJを押します

ダウンロード履歴が表示されますので、必要な操作を🖱クリックします。

 できること
すべてのダウンロード履歴を削除します。
 ※ダウンロードされたフォルダには残っています。
ダウンロードフォルダが開きます
ダウンロード履歴の中からファイルを検索できます。
ファイルを開きます。
履歴から個別に削除します。
 ※ダウンロードされたフォルダには残っています。
削除済みのファイルも履歴として表示されます。
履歴に表示するファイルの種類を選択できます。
ファイルが選択された状態で、ダウンロードされたフォルダが開きます
ショートカットキー【Ctrl+J】

Firefox:ファイアーフォックス

普段サイトを見ている状態で、Ctrlを押しながらJを押します

ダウンロード履歴が表示されますので、必要な操作を🖱クリックします。

 できること
ダウンロード履歴をすべて削除します。
 ※ダウンロードされたフォルダには残っています。
ダウンロード履歴の中からファイルを検索できます。
ダウンロードされたフォルダが開きます。
削除済みのファイルも履歴として表示されます。
🖱ダブルクリック…ファイルを開きます。
🖱右クリック…メニューが表示されます。
ショートカットキー【Ctrl+J】

 

Word:両端揃え

段落*内にカーソル「|」を置いた状態にして、Ctrlを押しながらJを押すと、
その段落の文字列が、両端揃え(りょうたんぞろえ)になります。

両端揃えとは、用紙左右の余白に文字列の左端と右端をピッタリ合わせ
行内の文字をバランスよく配置します。

最後の行は左揃えになるのも特徴です。

 ※デフォルト(初期設定値)では、両端揃えになっています。

*段落とは
  • 文章で段落記号「↲」と次の「↲」の間を「一段落」といいます。
    ちなみに、先頭からの場合は、次の「↲」までが一段落です。
ショートカットキー【Ctrl+J】

 
両端揃え
を分かりやすくするために、
揃え中央揃え揃え均等割り付け比較してみましょう。

左揃えと比較

1行目の行末から右余白位置までにすき間があります。
2行目は左に寄っています。

左揃えにもショートカットキーがあります!

Ctrlを押しながらLを押します。 Lは、LEFT”を意味します

ショートカットキー【Ctrl+J】

中央揃えと比較

1行目・2行目ともに中央に寄っています

中央揃えにもショートカットキーがあります!

Ctrlを押しながらEを押します。 Eは、“CENTER”を意味します

右揃えと比較

1行目・2行目ともに右に寄っています

右揃えにもショートカットキーがあります!

Ctrlを押しながらRを押します。 Rは、RIGHTを意味します

ショートカットキー【Ctrl+J】

均等割り付けと比較

1行目・2行目ともに左右の余白に行頭・行末がピッタリ寄って、
行内は均等に文字が配置されています。

均等割り付けにもショートカットキーがあります!

Ctrlを押しながらShiftJを押します。

ショートカットキー【Ctrl+J】

Excel:セル内改行の削除

セル内改行とは

セル内改行とはExcelのマス目である“セル”の中で改行することです。

 
セル内改行の手順

  1. セルをダブル🖱クリック、または、F2を押してセルの中にカーソル「|」を入れます。
  2. カーソル「|」を改行したい箇所に矢印キーで移動してから、
    Alt(オルト)を押しながらEnterを押します

 
Excel
はすでに文字や数字が入力されているセルに、
そのままもう一度入力しようとすると上書きとなり、
元の文字や数字が消えてしまいます

F2キーを押すことでセルの中にカーソル「|」が入り、
文字や数字の加筆や部分修正ができるようになります。
 

「セル内改行」と「折り返して全体を表示する」の違い

折り返して全体を表示するとは、改行ではなく列幅に合わせて文字列を折り返すことです。

[ホーム]タブ➡[配置]グループ➡[折り返して全体を表示する]
 

「セル内改行」は、列幅を広げても改行されたままです。

けれども「折り返して全体を表示する」は、列幅を広げると改行されていないことが分かります。

ショートカットキー【Ctrl+J】

セル内改行の削除手順

それでは、本題の「セル内改行の削除」についてご紹介します!

セル内改行が1、2ヶ所でしたら、Delete or Back spaceで改行位置を削除でOK!です。
 

 
次のように、広い範囲でセル内改行が行われている場合は、一括削除がおすすめです。その時に活躍するのがCtrl+Jです。

 「ケーキ🎂」で改行されているのを、一括で1行にしたいと思います。

 Excelの編集画面で、Ctrlを押しながらHを押すと、
 検索と置換」ダイアログボックスが、[置換]タブが選択された状態で起動します。

  🖱クリックで操作する場合は、
  [ホーム]タブ➡[編集]グループ➡[置換]を🖱クリックします。

 

[検索する文字列]にカーソル「|」が入った状態で、Ctrlを押しながらJを押します

 見た目あまり変わらず、カーソルが短くなったように見えるだけですけれども、
 Ctrl+Jで改行の情報が入ります

 [置換後の文字列]空欄にします。

 

[すべて置換]🖱クリックすると、一括でセル内改行が削除されました!

ショートカットキー【Ctrl+J】

PowerPoint:両端揃え

PowerPointWordと同じで、
Ctrlを押しながらJを押すと、両端揃え(りょうたんぞろえ)になります。

1つ違うのは、Wordの場合Ctrl+Jを押すたびに、
両端揃えと左揃えが入れ替わりますけれども、
PowerPointは両端揃えになったら、Ctrl+J何度押しても入れ替わりません

 ※デフォルト(初期設定値)では、左揃えになっています。

 
両端揃えの詳しい解説
は、上記『Word:両端揃え』をご覧ください。

ショートカットキー【Ctrl+J】

メモ帳

最後に、あまり使うことはないかもしれませんけれども、
メモ帳では、Ctrlを押しながらJを押す改行されます。


EnterCtrl+Jとの改行の違い

Enterは文字変換を確定する機能も備わっており、
改行するタイミングは必然的に文字変換後になります。

Ctrl+Jの改行は、文字変換の確定前、つまり文字変換中でも改行ができます

文字を入力したかった箇所より上で入力を始めたてしまったときに使えそうです。

まとめ

今回の授業は、ショートカットキーCtrl+Jをご紹介しました。

  • ブラウザー 『ダウンロード履歴の表示』
     一度ダウンロードした後、再度利用したいときに便利です。
     『ダウンロード履歴の削除についてもご紹介しました。
      
  • WordPowerPoint『両端揃え』
     左揃え、中央揃え、右揃え、均等割り付けと比較しました。
     すべてにショートカットキーがありますので、
     下記リンクをご覧になってお楽しみいただけましたら幸いです。
     
  • Excel『セル内改行の削除』
     住所録やリストなど、多くのデータを扱う方におすすめです。
     「セル内改行」についてと「折り返して全体を表示する」との違いは、
     見た目は同じでも、まったく違う表現方法ですね。

今回の機能は、どれも奥が深いです。😌
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました