【ファンクションキー『前編』】F1・F2・F3・F4・F5の機能!

ファンクションキー【F1 F2 F3 F4 F5】💻便利!カッコいい👍 ショートカットキー
この記事は約11分で読めます。

今回の授業は、ファンクションキーF1 F2 F3 F4 F5のご紹介です。

キーボードの一番上に並んでいる、F1F12キーを使われたことはありますか

よく分からないので、あまり見ないようにしているかもしれません…🙈💦

F1F12「ファンクションキー」といいます。

各キーに機能がありまして、1回押すだけで実行できたり、Fnなどの他のキーと組み合わせたりして使います。

どんな機能があるのか知りたいです。

覚えられますか

お好きなソフトで積極的に使っていくことで、自然に覚えられますよ

F1F121回押すだけで実行できる機能を中心に、ソフトごとに分けてご紹介します。

さらに、おもにノートパソコンにありますFnについても、合わせてご紹介します。

手放せなくなる機能満載ですよ!

お気に入りの機能が増えると、パソコンがもっと楽しくなりますね

たくさんの便利機能がありますので、前編』『中編』『後編3回に分けてご紹介します。

今回の授業は、前編F1F5の機能についてです。

中編F6F10後編F11Fnについては、下記にリンクがございますので、ぜひご受講くださいませ

『中編』F6F10は、こちらをご受講ください。☟

『後編』F11Fnは、こちらをご受講ください。☟

スポンサーリンク

ファンクションキーの位置

ファンクションキーは、キーボードの上部F1F12のキーが横一列に並んでいます。

キーボードの左下にはFnエフエヌキーがあります。

ファンクションキー

F1:ヘルプの表示

F1 デスクトップ

デスクトップ画面F1を押すと、Windows 10の場合、
ウェブブラウザーMicrosoft Edge』が起動して、
「Windows 10 でヘルプを表示する方法」というページが表示されます。

ファンクションキー

F1 ウェブブラウザー

ウェブブラウザーGoogle chromeMicrosoft Edgeで、
F1を押すと、「ヘルプ」「サポートページ」が表示されます。

ファンクションキー

F1 Word|ワード

WordF1を押すと、「ヘルプ」が表示されます。

分からない機能について検索したり、知らなかった機能を発見したりできます。

ファンクションキー

F1 Excel|エクセル

ExcelF1を押すと、上記『F1 Word|ワード』と同じく、「ヘルプ」が表示されます。

F1 PowerPoint|パワーポイント

PowerPointF1を押すと、上記『F1 Word|ワード』『F1 Excel|エクセル』と同じく、
「ヘルプ」が表示されます。
 

F2:名前の変更・文字の移動・文字の編集

F2 デスクトップ、フォルダ内

アイコン」「フォルダファイル」を選択してF2を押すと、名前の変更ができます。

名前の位置でゆっくり2回🖱クリックすることでも、名前の変更はできます。
けれども、タイミングによっては、フォルダやファイルが開いてしまうことも多いので、
F2はおすすめです!

ファンクションキー

F2 Word|ワード

Word文字を選択してF2を押すと、選択した文字を移動できます。

  1. 移動させたい文字を選択します。
     
  2. F2を押すと、ステータスバー*移動先は?と表示されます。
     
    ステータスバーとは…Word画面の一番下にある帯状の箇所で、「ステータス(status)」とは、ある時点での状態や状況を意味し、ステータスバーは現在の状態を把握できます。
     
  3. 移動したい場所にカーソル「|」を置いて、Enterを押すと文字が移動します。
     
    ファンクションキー

F2 Excel|エクセル

Excelの特徴として、すでに文字や数字など何か入力されているセルに、
そのままもう一度入力しようとすると、上書きとなって元の文字や数字などが消えてしまいます

F2を押すことで、セルの中にカーソル「|」が入り加筆や部分修正ができるようになります。

ファンクションキー

F2 PowerPoint|パワーポイント

PowerPointで、プレースホルダーという文字が入力できる箇所や、
図形を選択した状態でF2を押すと、カーソル「|」が入って文字の入力・編集状態になります。

ファンクションキー 

F3:ページ内検索・名前の貼り付け

F3 ウェブブラウザー

ウェブブラウザーF3を押すと、ウェブページ内を検索できる窓が表示されます。

広いページ内で、見つけたいキーワードをすぐに検索できます。

ファンクションキー

F3 Excel|エクセル

経験者の方向けになりますけれども、
ExcelF3を押すと、「名前の貼り付け」ダイアログボックスが起動します。

Excelでは、特定のセル範囲名前を付けることで、数式を視覚的に分かりやすくできます。

たとえば、次のような見え方になります。

 =COUNT(B2:B7,C2:C7)  =COUNT(野菜,果物)

 
「名前の貼り付け」
ダイアログボックスは、名前を付けた範囲を数式で利用するときに、
とても便利な機能です。

Excel関数を使用されるときに、ぜひ活用してみましょう。

ファンクションキー 

F4:アドレスバーにフォーカス・直前の操作を繰り返す・セル参照を切り替える

F4 ウェブブラウザー

ウェブブラウザーの『Google chrome』と『Microsoft Edge』で、
F4を押すと、アドレスバーに「フォーカス」(焦点)があたります。

ファンクションキー

F4 Word|ワード

Word編集中にF4を押すと、文字入力や図形の移動などの直前の操作を繰り返します

機能を、昔ばなしを使って解説します!「どっこいだんご」をご存知ですか?

だんごを食べたくて「だんご、だんご」と道を歩いていたところ、
途中で人を助け起こしたときに「どっこいしょ」と言ったとたん、

「だんご、だんご」「どっこいしょ、どっこいしょ」「どっこいしょが食べたい!」

と、なってしまったお話です。😆 このように、(☜どのように?😅)
途中で操作が変わると、F4繰り返される操作も変わります!

ファンクションキー

F4 Excel|エクセル

F4 直前の操作を繰り返す

Excel編集中にF4を押すと、『F4 Word|ワード』と同じく、
文字入力や図形の移動、セルの塗りつぶしなどの直前の操作を繰り返します

F4 セル参照を切り替える

経験者向けになりますけれども、
Excel数式を入力中にF4を押すと、セル参照を切り替えることができ、
数式を何度も入力や修正する手間がかからなくなります。 

セル参照には、「相対参照」「絶対参照」「複合参照」があります。 

名称は難しそうですけれど、数式を使っての計算が得意なExcelにとって、
作業を正確に楽にしてくれるものなのです。
 

下記に、セル参照を体感できる〈例題〉をご用意しましたので、ぜひ挑戦してみてください!

初心者の方には難しいかもしれませんけれども、実際に操作しながらご覧いただくことで、
足し算の関数「SUM関数数式の仕組みの基本がお分かりいただけると思います。


〈例題〉『サークル参加人数合計表』を作成してみましょう!

サークルに毎回参加するレギュラーメンバーに、
日ごとに自由参加メンバーの人数を合わせた全参加人数を計算できる表を作成しましょう!

数式は、全部のセルに毎回入力するのは大変なのでコピーして使います

コピーするときに、そのままですと参照するセル(計算するセル)がずれていきます

これを「相対参照」といいます。

そこで、レギュラーメンバーのセル、つまりずれてほしくないせるを固定します

これを「絶対参照」といいます。

「絶対参照」は数式をコピーするとき、
Excelにある行と列どちらもずれないようにします。

「相対参照」は数式をコピーするとき、
行だけずれない or 列だけずれないといったいずれかにします。

 
☟下図をご覧いただきながら操作して、
「相対参照」「絶対参照」を実感していただければと思います!

ファンクションキー
ファンクションキー

 

ファンクションキー

F4 PowerPoint|パワーポイント

PowerPointF4を押すと、『F4 Word|ワード』や『F4 Excel|エクセル』と同じく、
文字入力や図形の移動、セルの塗りつぶしなどの直前の操作を繰り返します
 

F5:ページの再読み込み・ジャンプ・スライドショーの開始

F5 ウェブブラウザー

ウェブブラウザーインターネット閲覧中にF5を押すと、
ページの更新・再読み込みをして、最新の状態にします。

「情報の表示内容が古いかな?」と思われたら、一度お試しください! 

ショートカットキーCtrl+Rも同じ機能です。

「ページの再読み込み」のほかにも、「更新・再読み込み」「右揃え」「右方向にコピー」「返信」ショートカットキーCtrl+Rについて詳しくは、こちらをご受講ください!☟

 

🖱マウス操作の場合は、各ウェブブラウザー次とおりです。

Google Chrome

画面左上にある再読み込み」ボタン🖱クリックします。

ショートカットキー【Ctrl+Q】【F5】

Microsoft Edge

画面左上にある「更新」ボタン🖱クリックします。

ショートカットキー【Ctrl+Q】【F5】

Firefox

画面左上にある「再読み込み」ボタン🖱クリックします。

ショートカットキー【Ctrl+Q】【F5】

F5 Word|ワード

WordF5を押すと、「検索と置換」ダイアログボックスが起動して、
その中の「ジャンプ機能」が使えます

ジャンプ機能とは、確認したい箇所へジャンプできる機能です。

文書のページ数がかなり多くなったとき、ページをスクロールするのは大変です。

そういったときに、確認したい箇所へピンポイントにジャンプしてくれるので、
かなり作業がはかどります!

ファンクションキー

F5 Excel|エクセル

ExcelF5を押すと、「ジャンプ」ダイアログボックスが起動します。

[移動先][参照先]を指定して[OK]🖱クリックすると、
ピンポイントにジャンプしてくれます。

  • [移動先]:
    上記『F3 Excel|エクセル』でご紹介しています、名前を付けたセル範囲が表示されます。
  • [参照先]:
    A1b3など(大文字・小文字どちらでもOK)、セル番地を入力します。
ファンクションキー

F5 PowerPoint|パワーポイント

PowerPointF5を押すと、「スライドショーの開始」となります。

ちなみに、F5最初のスライドから開始となり、
Shift+F5を押すと、現在表示しているスライドから開始となります。

ファンクションキー 

まとめ

それでは、ファンクションキー『前編のおさらいをしましょう。

『中編』F6F10は、こちらをご受講ください!☟

『後編』F11Fnは、こちらをご受講ください!☟

ファンクションキー F1・F2・F3・F4・F5 機能一覧表

キー使用ソフト機 能
F1デスクトップヘルプの表示
 ウェブブラウザーヘルプの表示
 Word|ワードヘルプの表示
 Excel|エクセルヘルプの表示
 PowerPoint|パワーポイントヘルプの表示
F2デスクトップ、フォルダ内名前の変更
 Word|ワード文字の移動
 Excel|エクセル文字の編集
 PowerPoint|パワーポイント文字の編集
F3ウェブブラウザーページ内検索
 Excel|エクセル名前の貼り付け
F4ウェブブラウザーアドレスバーにフォーカス
 Word|ワード直前の操作を繰り返す
 Excel|エクセル直前の操作を繰り返す
セル参照を切り替える
 PowerPoint|パワーポイント直前の操作を繰り返す
F5ウェブブラウザーページの再読み込み
 Word|ワードジャンプ
 Excel|エクセルジャンプ
 PowerPoint|パワーポイントスライドショーの開始

すべて覚えようとしなくても大丈夫ですよ!
普段よく使うソフトなどで、実践していくと自然に身に付きます。😄
 

当教室インストラクター愛用のパソコンはこちらから!

Microsoft|マイクロソフトおすすめパソコンはこちら!
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました