【はがき宛名面印刷ウィザード】Wordではがき宛名面の作成方法!

はがき宛名面印刷ウィザード💻PCの"困った😔"を安心・楽しい😄へ!

Word「年賀状」「暑中見舞い」を作成できると聞きました

私も自分で作ってみたいです!できますか?

Word『はがき宛名面印刷ウィザード』を使うことで、

「年賀状」「暑中見舞い」はもちろん、

「往復はがきの宛名」も簡単に作ることができます。

「往復はがきの宛名」もですか!?

『はがき宛名面印刷ウィザード』には、宛名面4種類」があります。

 

『はがき文面印刷ウィザード』文面4種類」と一緒に使うことで、

季節やタイミングに合わせて、

手軽に“オリジナルデザイン”のお手紙を送ることができる

ようになります

さっそく、年賀状を作りたいです

 はがき文面印刷ウィザードについて詳しくはこちらをご覧ください。☟

スポンサーリンク

はがき印刷:宛名面の作成

はがき宛名面印刷ウィザードとは

ウィザードとは、直訳すると魔法使いです。

難しそうな設定も、質問に答える形の「対話形式」“魔法のように”進めることができます!
 
作成できる宛名面は次の4種類です。

  • 年賀/暑中見舞い
  • 通常はがき
  • エコーはがき
  • 往復はがき
はがき宛名面印刷ウィザード

はがき宛名面印刷ウィザードの起動方法

それでは、「はがき宛名面印刷ウィザード」を起動していきましょう。

  1. [差し込み文書]タブ [作成]グループ [はがき印刷]
    [宛名面の作成]をクリックします。
     
    差し込み文書 はがき印刷 
     
  2. はがき宛名面印刷ウィザード はがき宛名面作成」が表示されます。
     [次へ]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
     

  3. はがきの種類を選びます。
     
    「はがきの種類を選択してください」4種類からクリックして選択します。
    いずれのはがきも、❶スタート ➡ ❻ゴール!の手順で進むと完成します。
     
    [背景にはがきを表示する]チェック✔はつけておきましょう。
    外すとはがきが“真っ白”になって、文字位置のバランスがとりづらくなります。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード

はがき宛名面作成手順 はがき4種類の種類ごとに解説!

それでは、実際に作成していきましょう!

はがきの種類ごとに解説しますので、作成したい種類をご覧ください!

年賀/暑中見舞い

  1. 1. はがきの種類を選びます [年賀/暑中見舞い]をクリックで選択します。
     
    2. [次へ]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
     

  2. 1. 縦書き/横書きを指定します。
     
     「はがきの様式を指定してください」にある、[縦書き]or[横書き]を、
     クリックで選択します。今回は、[縦書き]にします。
     
     [差出人の郵便番号を住所の上に印刷する]チェック✔を入れると、
     郵便番号が枠内ではなく住所の上に表示されます。
     
     今回は、チェック✔を外しておきましょう。
     
    2. [次へ]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
     

  3. 1. 書式を設定します。
     
     「宛名/差出人のフォントを指定してください」にある、
     [フォント][∨]をクリックして、表示されたメニューの中から選択します。
     
     ■[∨]をクリックして表示されるメニューを、
      「プルダウンメニュー」「ドロップダウンリスト」などといいます。

     
     今回は、「HGP行書体」にします。年賀状のときは、「○○行書体」がおすすめです。
     
     「縦書き時の番地の書式を指定してください」
    では、
     チェック✔を入れておくと、宛先・差出人の住所の番地が漢数字になります。
     
    2. [次へ]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
     

  4. 1. 差出人の住所を入力します。
     
     「差出人情報を入力してください」にある[差出人]の情報で印刷したい項目を入力します。
     
    2.[次へ]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
     

  5. 1. 差し込み印刷を指定します。
     
     「宛名に差し込む住所録を指定してください」では、次の3種類から選択します。
     
     ●標準の住所録ファイル
      何も住所録ファイルを用意していない場合に選択して、後で住所録を作成します
     
      指定できるソフトウェアは次の3種類です。
      パソコンにインストールされているソフトが使用できます。
      ・Microsoft Word
      ・Microsoft Excel
      ・Microsoft Access
     
     ●既存の住所録ファイル
      すでに住所録ファイルをもっている場合に選択します。
     
      「住所録ファイル名」[参照]ボタンをクリックして、住所録ファイルを読み込みます
     
     ●使用しない
      住所録を差し込み印刷しない場合に選択します。
     
      今回は、「標準の住所録ファイル」
      ファイルの種類は「Microsoft Wordにして次に進みましょう。
     
    2.「宛名の敬称を指定してください」で選択できる敬称の種類は次の8つです。
     
       様・御中・殿・行・係・宛・先生・(なし)
     
     「住所録で敬称が指定されているときは住所録に従う」
    チェック✓を入れておくと、
     住所録の敬称で“殿”や“先生”などがある場合、印刷時に“様”になることを防げます。

    3. [次へ]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
     

  6. 設定終了です! [完了]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
     
    このとき、1.で住所録を作成するソフトウェアをExcelにした場合
     
    「テーブルの選択」が表示されますので、そのまま[OK]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード

上図「テーブルの選択」は、初めて見ると暗号のように見えるかもしれません…。
Seet1$”は、Excelにシートが3枚あるうちの1枚目を意味します。
少し見やすくなりましたでしょうか?

 
宛名面が出来上がりました!

はがき印刷宛名面

 

このまま宛先を手入力することもできますけれども、

下記ページにて、Wordでも年賀状ソフトのように、住所録(宛先リスト)を作成して、

印刷するたびに宛先が変わる差し込み印刷を解説しています!
 

 住所録(宛先リスト)の作成について詳しくはこちらをご覧ください。☟

 はがき宛名面の差し込み印刷の方法について詳しくはこちらをご覧ください。☟

通常はがき

  1. 1. はがきの種類を選びます [通常はがき]をクリックで選択します。
     
    2. [次へ]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
     
  2. 1. 縦書き/横書きを指定します。
     
     「はがきの様式を指定してください」
    にある、[縦書き]or [横書き]を、
     クリックで選択します。今回は、[横書き]にします。
     
     [差出人の郵便番号を住所の上に印刷する]チェック✔を入れると、
     郵便番号が枠内ではなく住所の上に表示されます。
     
     今回は、チェック✔を外しておきましょう。
     
    2. [次へ]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
     
  3. 1. 書式を設定します。
     
     「宛名/差出人のフォントを指定してください」にある、
      [フォント][∨]をクリックして、表示されたメニューの中から選択します。

     ■[∨]
    をクリックして表示されるメニューを、
      「プルダウンメニュー」「ドロップダウンリスト」などといいます。
     
     今回は、「MS明朝」にします。
     
    2. [次へ]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
     
  4. 1. 差出人の住所を入力します。
     
     「差出人情報を入力してください」にある[差出人]の情報で印刷したい項目を入力します。
     
    2. [次へ]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
     
  5. 1. 差し込み印刷を指定します。
     
     「宛名に差し込む住所録を指定してください」では、次の3種類から選択します。
     
     ●標準の住所録ファイル
      何も住所録ファイルを用意していない場合に選択して、後で住所録を作成します
     
      指定できるソフトウェアは次の3種類です。
      パソコンにインストールされているソフトが使用できます。
      ・Microsoft Word
      ・Microsoft Excel
      ・Microsoft Access
     
     ●既存の住所録ファイル
      すでに住所録ファイルをもっている場合に選択します。
     
      「住所録ファイル名」[参照]ボタンをクリックして、住所録ファイルを読み込みます
     
     ●使用しない
      住所録を差し込み印刷しない場合に選択します。
     
      今回は、「標準の住所録ファイル」
      ファイルの種類は「Microsoft Wordにして次に進みましょう。
     
    2.「宛名の敬称を指定してください」で選択できる敬称の種類は次の8つです。
     
       様・御中・殿・行・係・宛・先生・(なし)
     
     「住所録で敬称が指定されているときは住所録に従う」
    チェック✓を入れておくと、
     住所録の敬称で“殿”や“先生”などがある場合、印刷時に“様”になることを防げます。

    3. [次へ]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
     
  6. 設定終了です! [完了]をクリックします。

    はがき宛名面印刷ウィザード
    このとき、1.で住所録を作成するソフトウェアをExcelにした場合

    「テーブルの選択」が表示されます
    ので、そのまま[OK]をクリックします。

    はがき宛名面印刷ウィザード

上図「テーブルの選択」は、初めて見ると暗号のように見えるかもしれません…。
Seet1$”は、Excelにシートが3枚あるうちの1枚目を意味します。
少し見やすくなりましたでしょうか?

 
宛名面が出来上がりました!

はがき印刷宛名面

 

このまま宛先を手入力することもできますけれども、

下記ページにて、Wordでも年賀状ソフトのように、住所録(宛先リスト)を作成して、

印刷するたびに宛先が変わる差し込み印刷を解説しています!
 

 住所録(宛先リスト)の作成について詳しくはこちらをご覧ください。☟

 はがき宛名面の差し込み印刷の方法について詳しくはこちらをご覧ください。☟

エコーはがき

  1. 1. はがきの種類を選びます  [エコーはがき]をクリックで選択します。
     
    2. [次へ]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
     
  2. 1. 縦書き/横書きを指定します。
     
     「はがきの様式を指定してください」にある、[縦書き]or [横書き]を、
     クリックで選択します。今回は、[横書き]にします。
      
     [差出人の郵便番号を住所の上に印刷する]チェック✔を入れると、
     郵便番号が枠内ではなく住所の上に表示されます。
     
     今回は、チェック✔を外しておきましょう。
     
    2. [次へ]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード
     
     
  3. 1. 書式を設定します。
     
     「宛名/差出人のフォントを指定してください」にある、
      [フォント][∨]をクリックして、表示されたメニューの中から選択します。

     ■[∨]
    をクリックして表示されるメニューを、
      「プルダウンメニュー」「ドロップダウンリスト」などといいます。
     
     今回は、「MS明朝」にします。
     
    2. [次へ]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
     
  4. 1. 差出人の住所を入力します。
     
     「差出人情報を入力してください」にある[差出人]の情報で印刷したい項目を入力します。
     
    2. [次へ]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
     
  5. 1. 差し込み印刷を指定します。
     
     「宛名に差し込む住所録を指定してください」では、次の3種類から選択します。
     
     ●標準の住所録ファイル
      何も住所録ファイルを用意していない場合に選択して、後で住所録を作成します
     
      指定できるソフトウェアは次の3種類です。
      パソコンにインストールされているソフトが使用できます。
      ・Microsoft Word
      ・Microsoft Excel
      ・Microsoft Access
     
     ●既存の住所録ファイル
      すでに住所録ファイルをもっている場合に選択します。
     
      「住所録ファイル名」[参照]ボタンをクリックして、住所録ファイルを読み込みます
     
     ●使用しない
      住所録を差し込み印刷しない場合に選択します。
     
      今回は、「標準の住所録ファイル」
      ファイルの種類は「Microsoft Wordにして次に進みましょう。
     
    2.「宛名の敬称を指定してください」で選択できる敬称の種類は次の8つです。
     
       様・御中・殿・行・係・宛・先生・(なし)
     
     「住所録で敬称が指定されているときは住所録に従う」
    チェック✓を入れておくと、
     住所録の敬称で“殿”や“先生”などがある場合、印刷時に“様”になることを防げます。
     
    3. [次へ]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
     
  6. 設定終了です! [完了]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
    このとき、1.で住所録を作成するソフトウェアをExcelにした場合
     
    「テーブルの選択」が表示されますので、そのまま[OK]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード

上図「テーブルの選択」は、初めて見ると暗号のように見えるかもしれません…。
Seet1$”は、Excelにシートが3枚あるうちの1枚目を意味します。
少し見やすくなりましたでしょうか?

 
宛名面が出来上がりました!

はがき印刷宛名面 

 

このまま宛先を手入力することもできますけれども、

下記ページにて、Wordでも年賀状ソフトのように、住所録(宛先リスト)を作成して、

印刷するたびに宛先が変わる差し込み印刷を解説しています!
 

 住所録(宛先リスト)の作成について詳しくはこちらをご覧ください。☟

 はがき宛名面の差し込み印刷の方法について詳しくはこちらをご覧ください。☟

往復はがき

  1. 1. はがきの種類を選びます [往復はがき]をクリックで選択します。
     
    2 [次へ]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
     
  2. 1. 縦書き/横書きを指定します。
     
     「はがきの様式を指定してください」にある、[縦書き]or [横書き]を、
     クリックで選択します。今回は、[横書き]にします。
     
     [差出人の郵便番号を住所の上に印刷する]チェック✔を入れると、
     郵便番号が枠内ではなく住所の上に表示されます。
     
     今回は、チェック✔を外しておきましょう。
     
    2. [次へ]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
     
  3. 1. 書式を設定します。
     
     「宛名/差出人のフォントを指定してください」にある、
      [フォント][∨]をクリックして、表示されたメニューの中から選択します。

     ■[∨]
    をクリックして表示されるメニューを、
      「プルダウンメニュー」「ドロップダウンリスト」などといいます。
     
     今回は、「MS明朝」にします。
     
    2. [次へ]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
     
  4. 1. 差出人の住所を入力します。
     
     「差出人情報を入力してください」にある[差出人]の情報で印刷したい項目を入力します。
     
    2. [次へ]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
     
  5. 1. 差し込み印刷を指定します。
     
     「宛名に差し込む住所録を指定してください」では、次の3種類から選択します。
     
     ●標準の住所録ファイル
      何も住所録ファイルを用意していない場合に選択して、後で住所録を作成します
     
      指定できるソフトウェアは次の3種類です。
      パソコンにインストールされているソフトが使用できます。
      ・Microsoft Word
      ・Microsoft Excel
      ・Microsoft Access
     
     ●既存の住所録ファイル
      すでに住所録ファイルをもっている場合に選択します。
     
      「住所録ファイル名」[参照]ボタンをクリックして、住所録ファイルを読み込みます
     
     ●使用しない
      住所録を差し込み印刷しない場合に選択します。
     
      今回は、「標準の住所録ファイル」
      ファイルの種類は「Microsoft Wordにして次に進みましょう。
     
    2.「宛名の敬称を指定してください」で選択できる敬称の種類は次の8つです。
     
       様・御中・殿・行・係・宛・先生・(なし)
     
     「住所録で敬称が指定されているときは住所録に従う」
    チェック✓を入れておくと、
     住所録の敬称で“殿”や“先生”などがある場合、印刷時に“様”になることを防げます。
     
    3. [次へ]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
     
  6. 設定終了です! [完了]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード 
    このとき、1.で住所録を作成するソフトウェアをExcelにした場合
     
    「テーブルの選択」が表示されますので、そのまま[OK]をクリックします。
     
    はがき宛名面印刷ウィザード

上図「テーブルの選択」は、初めて見ると暗号のように見えるかもしれません…。
Seet1$”は、Excelにシートが3枚あるうちの1枚目を意味します。
少し見やすくなりましたでしょうか?

 
宛名面が出来上がりました!

はがき印刷宛名面

 

このまま宛先を手入力することもできますけれども、

下記ページにて、Wordでも年賀状ソフトのように、住所録(宛先リスト)を作成して、

印刷するたびに宛先が変わる差し込み印刷を解説しています!
 

 住所録(宛先リスト)の作成について詳しくはこちらをご覧ください。☟

 はがき宛名面の差し込み印刷の方法について詳しくはこちらをご覧ください。☟

まとめ

今回の授業、「はがき宛名面印刷ウィザード」のようにウィザードとは、

難しそうな設定も、表示される質問に答える対話形式で、

魔法のように進めることができる便利な機能です。
 

ウィザードで作成できる「はがき宛名面」には次の4種類がありました。

  • 年賀/暑中見舞い
  • 通常はがき
  • エコーはがき
  • 往復はがき

 
今回の手順で完成した宛名面は、
 通常のWord機能で体裁を整えたり、写真や図形を挿入したりもできます。

宛先が複数ある場合には、
 住所録(宛先リスト)の作成差し込み印刷にも、ぜひ、チャレンジしてみましょう!
 

☟専用ソフトでも、今回のノウハウを活用できます!こちらがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました