【Ctrl+H】「閲覧の履歴の表示」と「文字列の置換」〝閲覧履歴の削除方法〟も解説!

ショートカットキー【Ctrl+H】💻便利!カッコいい👍 ショートカットキー
この記事は約15分で読めます。

こんにちはどこでもパソコン教室 四日市です。

今回の授業は、『閲覧履歴の表示』と『文字列の置換』のショートカットキー Ctrl+Hのご紹介です!

H閲覧履歴の表示では、History”を意味します。

『文字列の置換でのHについて特に意味はなく、隣接するFGの機能との関係で決められたようです。

ショートカットキー Ctrl+FCtrl+G については、ぜひ下記授業をご受講ください👇

 

ウェブブラウザー閲覧履歴の表示が見られるということは、一度見たことがあるホームページをもう一度見たいときに、わざわざ検索し直さなくてもいいということですか

その通りです

履歴の中から🖱クリックすることで、すぐにまたご覧になれます。

Ctrl+Hのもうひとつの機能、『文字列の置換とは何ですか

置換ちかんと読みまして、文字列を検索  別の文字列に置き換える機能です。

例えば、企業の部署名変更があったとき、社員名簿の部署名を一括で変更できますのでとても便利です

どちらの機能も日常的に使えますね

スポンサーリンク

Ctrl+H:コントロール・エイチ

Ctrl+Hはソフトウェアごとに、次の2つの機能ショートカットキーです。

ウェブブラウザー閲覧履歴の表示
OfficeソフトWordExcelPowerPoint など)…文字列の置換

具体的な使い方を解説します!

ウェブブラウザー:閲覧履歴の表示〝削除方法も解説〟

Google Chrome/グーグル・クローム

閲覧履歴の表示方法

インターネットを閲覧している状態で、Ctrlを押しながらHを押します

ショートカットキー【Ctrl+H】

閲覧履歴の削除方法

  1. 「閲覧履歴データの削除」🖱クリックします。
     
    閲覧履歴の削除


  2. 「期間」🖱クリックで選択します。
  3. 「閲覧履歴」🖱クリック「✓」チェックを入れます。
     
    閲覧履歴の削除 
  4. 「データを削除」🖱クリックします。
     
    「閲覧履歴」の他のデータも削除もできます
    必要な情報を消してしまわないように、内容の分かるものだけにしましょう。

    「閲覧履歴」の他の削除できるデータ
    ▶ ダウンロード履歴
    ▶ Cookieと他のサイトデータ
    ▶ キャッシュされた画像とファイル
    ▶ パスワードとその他のログインデータ
    ▶ 自動入力フォームのデータ

Microsoft Edge/マイクロソフト エッジ

閲覧履歴の表示方法

インターネットを閲覧している状態で、Ctrl+Hを押します
 
ショートカットキー【Ctrl+H】

閲覧履歴の削除方法

  1. 「閲覧データをクリア」🖱クリックします。
     閲覧履歴の削除


  2. 「時間の範囲」🖱クリックで選択します。
  3. 「閲覧履歴」🖱クリック「✓」チェックを入れます。
     
    閲覧履歴の削除 
  4. 「今すぐクリア」🖱クリックします。
     
    「閲覧履歴」の他のデータも削除もできます
    必要な情報を消してしまわないように、内容の分かるものだけにしましょう。

    「閲覧の履歴」の他の削除できるデータ
    ▶ ダウンロードの履歴
    ▶ Cookieおよびその他のサイトデータ
    ▶ キャッシュされた画像とファイル
    ▶ パスワード
    ▶ オートフィルフォームデータ(フォームやカードを含む)
    ▶ サイトのアクセス許可
    ▶ ホストされたアプリのデータ
    ▶ 以前のバージョンのMicrosoft Edgeのすべてのデータ

Mozilla Firefox/モジラ・ファイアーフォックス

閲覧履歴の表示方法

インターネットを閲覧している状態で、Ctrl+Hを押します

ショートカットキー【Ctrl+H】

閲覧履歴の削除方法

  1. 右上にあるボタン🖱クリックします。 
  2. 「履歴」🖱クリックします。 
  3. 「最近の履歴を消去…」🖱クリックします。
     
    閲覧履歴の削除


  4. 「消去する履歴の期間」🖱クリックで選択します。
  5. 「表示したページとダウンロードの履歴」🖱クリック「✓」チェックを入れます。
     
    閲覧履歴の削除 
  6. 「OK」🖱クリックします。
     
    「表示したページとダウンロードの履歴」の他のデータも削除もできます
    必要な情報を消してしまわないように、内容の分かるものだけにしましょう。 

    「表示したページとダウンロードの履歴」の他の削除できるデータ
    ▶ Cookie
    ▶ キャッシュ
    ▶ 現在のログイン情報
    ▶ 検索やフォームの入力履歴
    ▶ サイトの設定
    ▶ ウェブサイトのオフライン作業用データ

 

🍵ちょっと一息🍡 👩‍🏫パソコンインストラクターが選ぶパソコンライフお役立ちグッズ
お家の好きな場所でパソコンが使えて、複数の機器を同時にインターネットに接続可能スマホの通信制限も気にしなくて大丈夫!「無線LANルーター」です。

Officeソフト:文字列の置換

文字列の置換とは、文字列を検索  別の文字列に置き換える機能です。

例えば…
 部署名の変更があり、所属社員50名の名簿変更が必要になった
複数の文字列で漢字の送り仮名を間違えた etc…

このような、複数の同じ文字列に、同じ変更や修正をしたいときに便利です。

具体的な使い方を、各ソフトの特徴をふまえて解説します。

Officeソフトはもちろん、メモ帳など他のソフト共通で使用できる機能もありますので、どんどん試してテクニックを身に付けちゃいましょう!

Wordの「文字列の置換」と「ワイルドカード」の使い方

「文字列の置換」の手順

文字列りんごいちごに置き換えてみましょう。

  1. Wordの編集画面で、Ctrlを押しながらHを押します

    <🖱クリック操作の場合>
    [ホーム]タブ [編集]グループ [置換]

    ショートカットキー【Ctrl+H】


  2. 「検索と置換」ダイアログボックスが、[置換]タブが選択された状態で起動します。
    検索する文字列にりんご、置換後の文字列にいちごと入力して、[置換]or[すべて置換]🖱クリックします。

    置換🖱クリックするごとに、文字列ひとつずつを検索しながら置き換えます。
    すべて置換文字列を一括して置き換えます。

    ショートカットキー【Ctrl+H】

「ワイルドカード」の使い方

ワイルドカードとは、任意の文字列です。
つまり、トランプゲームなどでいう「オールマイティに使える」というものです。

実際に使ってみましょう!

  1. Ctrl+Hを押し「検索と置換」ダイアログボックスを起動します。
  2. [オプション]🖱クリックして、「検索オプション」を表示します。
  3. [ワイルドカードを使用する]🖱クリックで「✓」チェックを入れます。
  4. [特殊文字]🖱クリックします。今回は25種類ある一覧から、「任意の1文字 ?」または、「 0以上の文字 *」🖱クリックで選択します。
     
    ショートカットキー【Ctrl+H】


  5. それぞれ、次のような検索と置換の特徴があります。

    「任意の1文字 ?」の場合…〝?〟任意の1文字分として検索
     (例:う?=う/う??=うさぎ
    「0以上の文字 *」の場合…〝*〟文字数の制限のない任意の文字列として検索
     (例:う*=う・うさぎ*う=もんしろちょう/**おらんーたん

     
    置換
    すると次のようになります。👇
     
    ショートカットキー【Ctrl+H】

ワイルドカードについてとても詳しいサイトがありますので、ご興味のある方にとても参考になると思います。
教えて!HELPDESK Word :ワイルドカード を使った検索と置換を極める

Excelの「文字列とデータの置換」

Excel置換も手順はWordと同じです。

ここでは、Excelならではの数式内の置換をご紹介します。

じゃがいもたまねぎの個数を出す数式を、置換を使ってじゃがいもにんじんの個数を出す数式に変えてみましょう。

  1. Excelの編集画面で、Ctrl+Hを押します

    <🖱クリック操作の場合>
    [ホーム]タブ [編集]グループ [検索と選択][置換] 

    ショートカットキー【Ctrl+H】


  2. 「検索と置換」ダイアログボックスが、[置換]タブが選択された状態で起動します。
     
    検索する文字列にE4、置換後の文字列にH4と入力して、[置換]or[すべて置換]🖱クリックします。

    置換🖱クリックするごとに、数式内を含む文字列をひとつずつ検索しながら置き換えます。
    すべて置換数式内を含む文字列を一括して置き換えます。

    ショートカットキー【Ctrl+H】


  3. 数式内E4H4置換されて、数式の内容が次のように変わりました。

    じゃがいも B4たまねぎ E45 じゃがいも B4にんじん H44

    ショートカットキー【Ctrl+H】

たし算の関数をSUM関数(サムかんすう)といいます。
 例「=SUM(B4,E4)」 or 「=SUM(A1:F5)

カッコの中には、たし算をしたいセル番地が入ります。
区切り,(半角カンマ)のときは、セル番地が離れています
区切り:(コロン)のときは、セル番地はつながっていて〝範囲〟となっています。

SUM関数を使って関数の
基本を学べる授業です。

PowerPointの「文字列の置換」と「複数のスペースを一括削除」

PowerPoint置換も、手順はWordExcelと同じです。

ここでは、文字列の置換の応用編となります複数のスペース(空間)を一括削除する方法をご紹介します!

ところで、文書内の文字の先頭を揃えるときなどに、〝スペースキーの連打〟をしていませんか?

タブ設定が便利ですよ。

タブ設定の方法について、
詳しくはこちらをご受講ください。


もしも、タブ設定ではなく〝スペースキーの連打〟をされていたら、置換を使ってスペースを一括で削除してしまいましょう!

  1. PowerPointの編集画面で、Ctrl+Hを押します

    <🖱クリック操作の場合>
    [ホーム]タブ [編集]グループ [置換]

    ショートカットキー【Ctrl+H】


  2. 「置換」ダイアログボックスが起動します。
     
    1. 検索する文字列スペース」を入力します。
      置換後の文字列には、何も入力せず空欄にします。

    2.[すべて置換]🖱クリックします。
     
    ショートカットキー【Ctrl+H】


  3. スペースがすべて削除された状態になるので、文字列が左詰めとなりました。
     
    これで、〝本物の文字列揃え〟👉タブ設定の作業に入れますよ!
     
    ショートカットキー【Ctrl+H】

 

まとめ

今回の授業は、『閲覧履歴の表示』と『文字列の置換』のショートカットキー Ctrl+Hのご紹介でした!

おさらいしましょう。

ブラウザー閲覧履歴の表示は、閲覧履歴を表示してくれますので、「ブックマーク」「お気に入り」に登録し忘れても、もう一度見たいページを検索し直さなくても大丈夫です。

👩‍🏫合わせて閲覧履歴の削除方法も解説しました

『文字列の置換は、次の2種類があります。
  置換🖱クリックするごとに、文字列ひとつずつを検索しながら置き換えます。
  すべて置換文字列を一括して置き換えます。
 応用技もありました!
  ワイルドカード
 •
データの置換
 •
複数のスペースを一括削除

Officeソフト以外にも、メモ帳など他のソフトでも使用できる機能です。
普段使いでご活用いただけます

😄ご受講お疲れさまでした

\信頼と高品質の〝Made in Japan パソコン!〟/
富士通ショッピングサイトWEB MART
\安心のNTT回線!契約期間にしばりなしの光回線/
【おてがる光】
仕組みを理解すると、自信をもってパソコンを選べます💻💡
 ★スキルを活かして働き方を選べる時代がきました★ 

パソコンスキルを身に付けて、ステップアップ就・転職を目指しませんか
当教室での授業が、皆様のスキルアップの一助となれましたら幸いです

アルバイト・パート 派遣社員 正社員 契約社員 フリーランスと、さまざまな働き方の経験を持ちます私から、働き方の選択肢をご紹介します

【すべて登録無料で利用できます】
 👇詳細は下記のリンク🖱クリック or タップでご覧いただけます。
企業の評判、口コミ就活ノート転職会議で企業情報を見極めながら活動する
転職活動サポート:職務経歴書の作成からプロの手厚いサポートが受けられる JAC Recruitment、自分の市場価値を見いだしてフィットしたオファーを受け取る ミイダス
派遣・紹介予定派遣マイナビスタッフ派遣のお仕事探しはジョブリンクで、希望やスキルに合ったお仕事を紹介してもらう
副業・フリーランスランサーズクラウドワークスでクラウドソーシングや在宅ワークをする
女性のお仕事探し:はたらく選択肢の幅が広い女性に寄り添う お仕事探し・求人紹介 ラシーク
リゾートバイト【リゾートバイト.net】で、リゾートホテル、旅館、スキー場、農家、キャンプ場、テーマパークなどさらに視野と行動範囲を広げる

お仕事でパソコン操作に困られたときは、当教室サイト「どこでもパソコン教室 四日市」をまた見に来てくださいね。一緒に頑張りましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました