【Ctrl+H】閲覧履歴の表示 & 文字列の置換のショートカットキー!

ショートカットキー【Ctrl+H】💻便利!カッコいい👍 ショートカットキー
この記事は約10分で読めます。

こんにちはどこでもパソコン教室 四日市です。

今回の授業は、『閲覧履歴の表示』『文字列の置換』のショートカットキー、Ctrl+Hのご紹介です。

H閲覧履歴の表示では、History”を意味します。

『文字列の置換でのHについて特に意味はなく、隣接するFGの機能との関係で決められたようです。

ショートカットキーCtrl+FCtrl+G について詳しくは、下記をご覧ください。

 

 

ウェブブラウザー閲覧履歴の表示が見られるということは、一度見たことがあるホームページを、もう一度見たいときに、わざわざ検索し直さなくてもいいということですか

その通りです

履歴の中から🖱クリックすることで、すぐ表示されます。

Ctrl+Hのもう一つの機能、『文字列の置換とは何ですか

置換(ちかん)と読みまして、文字列を検索して、別の文字列に置き換える機能です。

たとえば、社員名簿などで企業の部署名変更があったときなど、同じ文書内の文字列を一括で変更できますので便利です

どちらの機能も日常的に使えますね

スポンサーリンク

Ctrl+H:コントロール・エイチ

Ctrl+Hは、ウェブブラウザー(インターネット閲覧ソフト)では、閲覧履歴の表示」OfficeソフトWordExcelPowerPoint など)では、「文字列の置換ショートカットキーです。

それぞれの使い方を解説します!

ウェブブラウザー:閲覧履歴の表示

Google Chrome|グーグル・クローム

閲覧履歴の表示方法

インターネットを閲覧している状態で、Ctrlを押しながらHを押します

ショートカットキー【Ctrl+H】

閲覧履歴の削除方法

  1. 「閲覧履歴データの削除」🖱クリックします。
     
    閲覧履歴の削除


  2. 「期間」🖱クリックで選択します。 
  3. 「閲覧履歴」🖱クリックで「✓」チェックを入れます。 
    「閲覧履歴」の他のデータも削除もできます。

    必要な情報を消してしまわないように、内容の分かるものだけにしましょう。
     
    「閲覧履歴」の他の削除できるデータ
     ▶ダウンロード履歴
     ▶Cookieと他のサイトデータ
     ▶キャッシュされた画像とファイル
     ▶パスワードとその他のログインデータ
     ▶自動入力フォームのデータ
     ▶サイトの設定
     ▶ホストされているアプリデータ

  4. 「データを削除」🖱クリックします。
     
    閲覧履歴の削除

Microsoft Edge|マイクロソフト エッジ

閲覧履歴の表示方法

インターネットを閲覧している状態で、Ctrlを押しながらHを押します
 
ショートカットキー【Ctrl+H】

閲覧履歴の削除方法

  1. 「閲覧データをクリア」🖱クリックします。
     閲覧履歴の削除


  2. 「時間の範囲」🖱クリックで選択します。 
  3. 「閲覧履歴」🖱クリックで「✓」チェックを入れます。 
    「閲覧履歴」の他のデータも削除もできます。

    必要な情報を消してしまわないように、内容の分かるものだけにしましょう。
     
    「閲覧の履歴」の他の削除できるデータ
     ▶ダウンロードの履歴
     ▶Cookieおよびその他のサイトデータ
     ▶キャッシュされた画像とファイル
     ▶パスワード
     ▶オートフィルフォームデータ(フォームやカードを含む)
     ▶サイトのアクセス許可
     ▶ホストされたアプリのデータ
     ▶以前のバージョンのMicrosoft Edgeのすべてのデータ

  4. 「今すぐクリア」🖱クリックします。
     
    閲覧履歴の削除

Mozilla Firefox|モジラ・ファイアーフォックス

閲覧履歴の表示方法

インターネットを閲覧している状態で、Ctrlを押しながらHを押します

ショートカットキー【Ctrl+H】

閲覧履歴の削除方法

  1. 右上にあるボタンを🖱クリックします。 
  2. 「履歴」🖱クリックします。 
  3. 「最近の履歴を消去…」🖱クリックします。
     
    閲覧履歴の削除


  4. 「消去する履歴の期間」🖱クリックで選択します。 
  5. 「表示したページとダウンロードの履歴」🖱クリックで「✓」チェックを入れます。 
  6. 「OK」🖱クリックします。 

    「表示したページとダウンロードの履歴」の他のデータも削除もできます

    必要な情報を消してしまわないように、内容の分かるものだけにしましょう。
     
    「表示したページとダウンロードの履歴」の他の削除できるデータ
     ▶Cookie
     ▶キャッシュ
     ▶現在のログイン情報
     ▶検索やフォームの入力履歴
     ▶サイトの設定
     ▶ウェブサイトのオフライン作業用データ
      
    閲覧履歴の削除

Officeソフト:文字列の置換

文字列の置換とは、文字列を検索して、別の文字列に置き換える機能です。

例えば…
部署名の変更があった
複数の文字列で漢字の送り仮名を間違えた etc…

このような、複数の同じ文字列に、同じ変更や修正をしたいときに便利です。
 

下記のソフトごとに解説している機能は、Officeソフト共通で使用できるものもありますので、
いろいろ試して、テクニックを身につけちゃってください

Wordの文字列の置換とワイルドカードの使い方

文字列の置換の手順

文字列りんごいちごに置き換えてみましょう。

  1. Wordの編集画面で、Ctrlを押しながらHを押します
     

    🖱クリックで操作する場合
    [ホーム]タブ [編集]グループ [置換]🖱クリックします。 

    ショートカットキー【Ctrl+H】


  2. 「検索と置換」ダイアログボックスが、[置換]タブが選択された状態で起動します。

    検索する文字列にりんご、置換後の文字列にいちごと入力して、[置換]or[すべて置換]🖱クリックします。
     
    置換🖱クリックするごとに、ひとつずつ文字列を検索しながら置き換えます。
    すべて置換一括して文字列を置き換えます。
     
    ショートカットキー【Ctrl+H】

ワイルドカードの使い方

ワイルドカードとは、任意の文字列です。
つまり、トランプゲームなどでいう「オールマイティに使える」というものです。

実際に使ってみましょう!

  1. Ctrlを押しながらHを押し「検索と置換」ダイアログボックスを起動します。 
  2. [オプション]🖱クリックして、「検索オプション」を表示します。 
  3. [ワイルドカードを使用する]🖱クリックで「✓」チェックを入れます。 
  4. [特殊文字]🖱クリックします。今回は25種類ある一覧から、「任意の1文字 ?」または、「 0以上の文字 *」🖱クリックで選択します。
     
    ショートカットキー【Ctrl+H】


  5. それぞれ、次のような検索と置換の特徴があります。
     
    「任意の1文字 ?」の場合…“?”任意の1文字分として検索します。
    (例:う?=うま、う??=うさぎ)
     
    「0以上の文字 *」の場合…“*”文字数の制限のない任意の文字列として検索します。
    (例:う*=うま・うさぎ、*う=もんしろちょう、*う*=おらんうーたん)
     
    置換してみますと、次のようになります。
     
    ショートカットキー【Ctrl+H】

ワイルドカードについてとても詳しいサイトがありますので、ご興味のある方にとても参考になると思います。
教えて!HELPDESK Word :ワイルドカード を使った検索と置換を極める

Excelの文字列とデータの置換

Excel置換も手順はWordと同じです。
ここでは、Excelならではの数式内の置換をご紹介します。

じゃがいもとたまねぎ”の合計個数を出す数式を、置換を使ってじゃがいもにんじん”の合計個数を出す数式に変えてみましょう。

  1. Excelの編集画面で、Ctrlを押しながらHを押します
     

    🖱クリックで操作する場合
    [ホーム]タブ [編集]グループ [検索と選択][置換]🖱クリックします。 

    ショートカットキー【Ctrl+H】


  2. 「検索と置換」ダイアログボックスが、[置換]タブが選択された状態で起動します。
     
    検索する文字列にE4、置換後の文字列にH4と入力して、[置換]or[すべて置換]🖱クリックします。
     
    置換🖱クリックするごとに、ひとつずつ文字列を検索しながら置き換えます。
    すべて置換一括して文字列を置き換えます。
     
    ショートカットキー【Ctrl+H】


  3. 数式内のE4H4置換されて、合計個数が、じゃがいもB4+たまねぎE45 じゃがいもB4+にんじんH44個に変わりました。
     
    ショートカットキー【Ctrl+H】

たし算の関数をSUM関数(サムかんすう)といいます。
例:=SUM(B4,E4) or =SUM(A1:F5)

カッコの中には、たし算をしたいセル番地が入ります。
区切りが「,」(半角カンマ)のときは、セル番地が離れていて、
区切りが「:」(コロン)のときは、セル番地はつながっていて“範囲”となっています。

SUM関数を使って、関数の基本を学べる授業です。ぜひご受講ください。

PowerPointの文字列の置換と複数のスペースを一括削除

PowerPointの置換も手順はWordExcelと同じです。
ここでは、文字列の置換の応用編となる複数のスペースを一括削除する方法をご紹介します。

文書内の文字を揃えるにはタブ設定が便利です。

タブ設定をご存知ではない方は、“スペースキーの連打”で文字を揃えられることが多いです。
 

タブ設定の方法について、詳しくはこちらをご受講ください。

 
タブ設定
をマスターされますと、“スペースキーの連打”から卒業です!

次の手順で、置換を使ってスペースを一括で削除してしまいましょう!
 

  1. PowerPointの編集画面で、Ctrlを押しながらHを押します
     

    🖱クリックで操作する場合
    [ホーム]タブ [編集]グループ [置換]🖱クリックします。

    ショートカットキー【Ctrl+H】


  2. 「置換」ダイアログボックスが起動します。
     
    1. 検索する文字列にスペース」を入力します。
      置換後の文字列には何も入力せず空欄にします。
     
    2.[すべて置換]🖱クリックします。
     
     ・置換🖱クリックするごとに、ひとつずつ文字列を検索しながら置き換えます。
     ・すべて置換一括して文字列を置き換えます。
     
    ショートカットキー【Ctrl+H】


  3. スペースがすべて削除された状態になるので、文字列が左詰めとなりました。
     
    これで、“本物の文字列揃え”タブ設定の作業に入れますよ!
     
    ショートカットキー【Ctrl+H】

まとめ

今回の授業は、『閲覧履歴の表示』『文字列の置換ショートカットキー、Ctrl+Hをご紹介しました!

ブラウザー閲覧履歴の表示は、閲覧履歴を表示してくれますので、「ブックマーク」「お気に入り」に登録し忘れても、もう一度見たいホームページを、すぐに見つけることができます。 

 合わせて閲覧履歴の削除方法もご紹介しました。

『文字列の置換は、次の2種類があります。
 置換🖱クリックするごとに、ひとつずつ文字列を検索しながら置き換えます。
 すべて置換一括して文字列を置き換えます。

次のような応用技もあります。
 ワイルドカード
 ・
データの置換
 ・
複数のスペースを一括削除

Officeソフト以外にも、メモ帳などでも使えます。
日常的に使用できる機能ですので、ぜひご活用いただければ幸いです!
 

『どこでもパソコン教室 四日市』が実際に使用し、受講生様にオススメしています「NEC直販サイト」(※こちらの広告からの限定クーポンあり)「ウイルス対策」ウイルスバスタークラウドです!
あなたの“やりたい”をかなえるスタンダードノートPCウイルスバスター製品ラインナップ
パソコンの仕組みを理解して、選び方に詳しくなれる授業です。

😄ご受講お疲れさまでした

💻便利!カッコいい👍 ショートカットキー
  • Windows(R), Microsoft(R)Outlook, Word, Excel, PowerPoint, Access, Internet Explorer, Edgeは、Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
  • Google, Google Chrome, YouTube, Gmailは、Google Inc. の商標または登録商標です。
  • Mozilla Firefoxは、米国 Mozilla Foundation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
どこでもパソコン教室をフォローする
スポンサーリンク
dokodemo-pc.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました