【ファンクションキー『中編』】F6・F7・F8・F9・F10の機能!

ファンクションキー【F6 F7 F8 F9 F10】💻便利!カッコいい👍 ショートカットキー
この記事は約18分で読めます。

今回の授業は、ファンクションキー F6 F7 F8 F9 F10のご紹介です。

キーボードの一番上に並んでいる、F1F12キーを使われたことはありますか

よく分からないので、気が付かないフリをしているかもしれません…🙊💦

F1F12「ファンクションキー」といいます。

各キーに機能がありまして、1回押すだけで実行できたり、Fnなどの他のキーと組み合わせたりして使います。

どんな機能があるのか知りたいです。

覚えられますか

お好きなソフトで積極的に使っていくことで、自然に覚えられますよ

F1F121回押すだけで実行できる機能を中心に、ソフトごとに分けてご紹介します。

さらに、おもにノートパソコンにありますFnについても、合わせてご紹介します。

今まで気が付かなかった~と思える機能満載ですよ!

お気に入りの機能が増えると、パソコンがもっと楽しくなりますね

たくさんの便利機能がありますので、前編』『中編』『後編3回に分けてご紹介します。

今回の授業は、『中編』F6F10の機能についてです。

前編F1F5後編F11Fnについては、下記にリンクがございますので、ぜひご受講くださいませ

『前編』F1F5はこちらをご受講ください。☟

『後編』F11Fnはこちらをご受講ください。☟

スポンサーリンク
  1. ファンクションキーの位置
  2. F6:フォーカスの移動・ひらがなに変換
    1. F6 デスクトップ、フォルダ内:フォーカスの移動
      1. F6 デスクトップ
      2. F6 フォルダ内
    2. F6 ウェブブラウザー:フォーカスの移動
    3. F6 Word|ワード:ひらがなに変換・フォーカスの移動
      1. F6 ひらがなに変換
      2. F6 フォーカスの移動
    4. F6 Excel|エクセル:ひらがなに変換・フォーカスの移動
      1. F6 ひらがなに変換
      2. F6 フォーカスの移動
    5. F6 PowerPoint|パワーポイント:ひらがなに変換・フォーカスの移動
      1. F6 ひらがなに変換
      2. F6 フォーカスの移動
  3. F7:カーソルブラウズ・全角カタカナに変換・文書校正・スペルチェック
    1. F7 ウェブブラウザー:カーソルブラウズ
    2. F7 Word|ワード:全角カタカナに変換・文書校正ウィンドウの表示
      1. F7 全角カタカナに変換
      2. F7 文書校正ウィンドウの表示
    3. F7 Excel|エクセル:全角カタカナに変換・スペルチェック
      1. F7 全角カタカナに変換
      2. F7 スペルチェック
    4. F7 PowerPoint|パワーポイント:全角カタカナに変換・スペルチェック
      1. F7 全角カタカナに変換
      2. F7 スペルチェック
  4. F8:半角カタカナに変換・選択範囲の拡張を開始
    1. F8 Word|ワード:半角カタカナに変換・選択範囲の拡張を開始
      1. F8 半角カタカナに変換
      2. F8 選択範囲の拡張を開始
    2. F8 Excel|エクセル:半角カタカナに変換・選択範囲の拡張を開始
      1. F8 半角カタカナに変換
      2. F8 選択範囲の拡張を開始
    3. F8 PowerPoint|パワーポイント:半角カタカナに変換
  5. F9:全角英数字に変換・再計算・メールの送受信
    1. F9 Word|ワード:全角英数字に変換
    2. F9 Excel|エクセル:全角英数字に変換・再計算
      1. F9 全角英数字に変換
      2. F9 再計算
    3. F9 PowerPoint|パワーポイント:全角英数字に変換
    4. Outlook|アウトルック:メールの送受信
  6. F10:半角英数字に変換・クイックアクセスツールバーとリボンにフォーカス
    1. F10 Word|ワード:半角英数字に変換
    2. F10 Excel|エクセル:半角英数字に変換
    3. F10 PowerPoint|パワーポイント:半角英数字に変換・クイックアクセスツールバーとリボンにフォーカス
      1. F10 半角英数字に変換
      2. F10 クイックアクセスツールバーとリボンにフォーカス
  7. まとめ
    1. ファンクションキー F6・F7・F8・F9・F10 機能一覧表

ファンクションキーの位置

ファンクションキーは、キーボードの上部F1F12のキーが横一列に並んでいます。

キーボードの左下にはFnエフエヌキーがあります。

ファンクションキー

F6:フォーカスの移動・ひらがなに変換

F6 デスクトップ、フォルダ内:フォーカスの移動

デスクトップ、またはフォルダ内でF6を押すと、「フォーカス」(焦点)が押すたびに移動して、🖱マウスを使わずに、キーボードのみでも操作できるようになります。 

基本的な使い方は、
フォーカスされた箇所でEnterを押すと起動Escエスケープを押すと解除となります。

下記で詳しく解説します!

F6 デスクトップ

デスクトップF6を押すと、タスクバーを以下の順番で「フォーカス」(焦点)が移動します。

  • タスクとは…
    英語の「task」で、日本語ですと「仕事・職務」などを意味します。
  • タスクバーとは…
    パソコン画面の下にある帯状のものです。
    よく使用するアイコンやフォルダーを、「ピン留め」といって置いたり、起動中のソフトが表示されたりします。
ファンクションキー
スタート
検索ボックス
Cortanaに話しかける
タスクビュー
エクスプローラー
隠れているインジケーターを表示します
デスクトップの表示、デスクトップのプレビュー

F6 フォルダ内

フォルダ内でF6を押すと、以下の順番で「フォーカス」(焦点)が移動します。

ファンクションキー

大きい縮小版を使って項目を表示します
デスクトップ”へ
クイックアクセス
フォルダー内の左上にあるフォルダー or ファイル

F6 ウェブブラウザー:フォーカスの移動

ウェブブラウザーの種類ごとに、少し動きに違いはありますけれども、
F6を押すたびに、「フォーカス」(焦点)が[タブ]や[アドレスバーに移動します。
 

ファンクションキー

F6 Word|ワード:ひらがなに変換・フォーカスの移動

F6 ひらがなに変換

Word文字入力、または文字選択しているときにF6を押すと、ひらがなに変換できます。

ファンクションキー

F6 フォーカスの移動

WordF6を押すと、「フォーカス」(焦点)が次の順番で移動して、
🖱マウスを使わずに、キーボードのみでも操作できるようになります。

ファンクションキー

文書ウィンドウ
タスクバー
クイックアクセスツールバー、リボン

F6 Excel|エクセル:ひらがなに変換・フォーカスの移動

F6 ひらがなに変換

Excel文字入力、または文字選択しているときにF6を押すと、ひらがなに変換できます。 

図解は上記F6 Word|ワード:ひらがなに変換をご参照ください。

F6 フォーカスの移動

ExcelF6を押すと、「フォーカス」(焦点)次の順番で移動して、
🖱マウスを使わずに、キーボードのみでも操作できるようになります。

ファンクションキー

ワークシート
シートタブ
タスクバー
クイックアクセスツールバー、リボン

F6 PowerPoint|パワーポイント:ひらがなに変換・フォーカスの移動

F6 ひらがなに変換

PowerPoint文字入力、または文字選択しているときにF6を押すと、ひらがなに変換できます。

図解は上記F6 Word|ワード:ひらがなに変換をご参照ください。

F6 フォーカスの移動

PowerPointF6を押すと、「フォーカス」(焦点)次の順番で移動して、
🖱マウスを使わずに、キーボードのみでも操作できるようになります。

スライドペイン
タスクバー
クイックアクセスツールバー、リボン

図解は上記F6 Word|ワード:フォーカスの移動をご参照ください。

 

F7:カーソルブラウズ・全角カタカナに変換・文書校正・スペルチェック

F7 ウェブブラウザー:カーソルブラウズ

ウェブブラウザーMicrosoft Edgeアクセシビリティ機能*のひとつ、
「カーソルブラウズ」*を使えるようになります。

アクセシビリティ機能とは…インターネットの情報やサービスにふれやすくする機能です。
 参考:Microsoft Edge のアクセシビリティ機能

カーソルブラウズとは・・・キーボードの次のキーを使用してページ内を移動できることです。

Home End PageUp PageDown  

ファンクションキー

F7 Word|ワード:全角カタカナに変換・文書校正ウィンドウの表示

F7 全角カタカナに変換

Word文字入力、または文字選択しているときにF7を押すと、全角カタカナに変換できます。

ファンクションキー

F7 文書校正ウィンドウの表示

Word何も選択されていない状態F7を押すと、「文書校正」が起動します。

ファンクションキー

F7 Excel|エクセル:全角カタカナに変換・スペルチェック

F7 全角カタカナに変換

Excel文字入力、または文字選択しているときにF7を押すと、全角カタカナに変換できます。

図解は上記『F7 Word|ワード:全角カタカナに変換』をご参照ください。

F7 スペルチェック

Excel文字列を入力後F7を押すと、スペルチェックができます。

ファンクションキー

F7 PowerPoint|パワーポイント:全角カタカナに変換・スペルチェック

F7 全角カタカナに変換

PowerPoint文字入力、または文字選択しているときにF7を押すと、
全角カタカナに変換できます。

図解は上記『F7 Word|ワード:全角カタカナに変換』をご参照ください。

F7 スペルチェック

PowerPoint文字列を入力後F7を押すと、スペルチェックができます。

ファンクションキー 

F8:半角カタカナに変換・選択範囲の拡張を開始

F8 Word|ワード:半角カタカナに変換・選択範囲の拡張を開始

F8 半角カタカナに変換

Word文字入力、または文字選択しているときにF8を押すと、半角カタカナに変換できます。

ファンクションキー

F8 選択範囲の拡張を開始

WordF8を押してから、文書ウィンドウ内の任意の箇所を🖱クリックしたり、
矢印キーを押していくと、「|」カーソルのある位置を中心選択範囲が拡張します。 

たとえば、数ページにわたるような広い範囲を選択したいとき
ドラッグよりも早く選択できます

<操作方法>

  1. 先頭に、🖱クリックして「|」カーソルを置く
  2. F8を押す
  3. 選択したい範囲の一番最後を🖱クリック、または最後の位置まで矢印キーを押す

Esc(エスケープ)を押すと、解除となります。

F8 Excel|エクセル:半角カタカナに変換・選択範囲の拡張を開始

F8 半角カタカナに変換

Excel文字入力、または文字選択しているときにF8を押すと、半角カタカナに変換できます。

図解は上記『F8 Word|ワード:半角カタカナに変換』をご参照ください。

F8 選択範囲の拡張を開始

ExcelF8を押してから、任意のセルを🖱クリックしたり、
矢印キーを押していくと、アクティブセル*の位置を中心選択範囲が拡張します。

アクティブセルとは・・・セルの中でも入力できる状態のセルです。

たとえば、
数ページにわたるような広い範囲を選択したいとき、ドラッグよりも早く選択できます

<操作方法>

  1. 選択したい範囲の一番左上になる箇所を、🖱クリックしてアクティブセルにする
  2. F8を押す
  3. 選択したい範囲の一番右下になる箇所を🖱クリック、または最後の位置まで矢印キーを押す

F8 PowerPoint|パワーポイント:半角カタカナに変換

PowerPoint文字入力、または文字選択しているときにF8を押すと、
半角カタカナに変換できます。

図解は上記『F8 Word|ワード:半角カタカナに変換』をご参照ください。

 

F9:全角英数字に変換・再計算・メールの送受信

F9 Word|ワード:全角英数字に変換

Word文字入力、または文字選択しているときにF9を押すと、全角英数字に変換できます。

英字(アルファベット)の場合、F9を押すたびに、
文字」文字」頭文字のみ文字」と、さらに変換できます。

ファンクションキー

F9 Excel|エクセル:全角英数字に変換・再計算

F9 全角英数字に変換

Excelで文字入力または文字選択しているときにF9を押すと、全角英数字に変換できます。

英字(アルファベット)の場合、F9を押すたびに、
文字」文字」頭文字のみ文字」と、さらに変換できます。

図解は上記『F9 Word|ワード:全角英数字に変換』をご参照ください。

F9 再計算

経験者向けとなりますけれども、トラブル対応にもなりますので、ぜひご覧ください

Excelの計算は、通常「自動」で行われます。 

けれども、膨大なデータで自動計算では時間がかかりすぎる場合などに、
「手動」に設定することもあります。

「手動」に設定されているときは、数式を変更しても、すぐには計算結果は出ず、
F9を押したときに、再計算されます。

もしも、「自動」「手動」の設定を変更した覚えがないのに、自動計算されないときは、
Excelのオプション」にある、計算方法の設定を確認してみましょう。
 

Excelのオプションの計算方法の設定の場所
[ファイル]タブ [オプション][数式][計算方法の設定]

ファンクションキー

F9 PowerPoint|パワーポイント:全角英数字に変換

PowerPoint文字入力、または文字選択しているときにF9を押すと、
全角英数字に変換できます。

英字(アルファベット)の場合、F9を押すたびに、
文字」文字」頭文字のみ文字」と、さらに変換できます。

図解は上記『F9 Word|ワード:全角英数字に変換』をご参照ください。

Outlook|アウトルック:メールの送受信

OutlookF9を押すと、すぐにメールの送受信ができます。 

🖱クリック送受信をするときは、次の2箇所になります。

  • [ホーム]タブ [送受信]グループ [すべてのフォルダーを送受信] 
  • [送受信]タブ [送受信]グループ [すべてのフォルダーを送受信]

F9は、この手順を1回押すだけでできます!

ファンクションキーF9 

F10:半角英数字に変換・クイックアクセスツールバーとリボンにフォーカス

F10 Word|ワード:半角英数字に変換

Word文字入力、または文字選択しているときにF10を押すと、半角英数字に変換できます。

英字(アルファベット)の場合、F10を押すたびに、
文字」文字」頭文字のみ文字」と、さらに変換できます。

ファンクションキー

F10 Excel|エクセル:半角英数字に変換

Excel文字入力、または文字選択しているときにF10を押すと、半角英数字に変換できます。

英字(アルファベット)の場合、F10を押すたびに、
文字」文字」頭文字のみ文字」と、さらに変換できます。

図解は上記『F10 Word|ワード:半角英数字に変換』をご参照ください。

F10 PowerPoint|パワーポイント:半角英数字に変換・クイックアクセスツールバーとリボンにフォーカス

F10 半角英数字に変換

PowerPoint文字入力、または文字選択しているときにF10を押すと、
半角英数字に変換できます。

英字(アルファベット)の場合、F10を押すたびに、
文字」文字」頭文字のみ文字」と、さらに変換できます。

図解は上記『F10 Word|ワード:半角英数字に変換』をご参照ください。

F10 クイックアクセスツールバーとリボンにフォーカス

PowerPoint基本画面F10を押すと、
クイックアクセスツールバーとリボンに「フォーカス」(焦点)が移動して、
🖱マウスを使わずに、キーボードのみでも操作できるようになります。 

ファンクションキー 

まとめ

それでは、ファンクションキー『中編のおさらいをしていきましょう。

『前編』F1F5は、こちらをご受講ください。☟

『後編』F11Fnは、こちらをご受講ください。☟

ファンクションキー F6・F7・F8・F9・F10 機能一覧表

キー場所・使用ソフト機能
F6デスクトップフォーカスの移動
 フォルダー内フォーカスの移動
 ウェブブラウザーフォーカスの移動
 Word|ワード・ひらがなに変換
・フォーカスの移動
 Excel|エクセル・ひらがなに変換
・フォーカスの移動
 PowerPoint|パワーポイント・ひらがなに変換
・フォーカスの移動
F7ウェブブラウザーカーソルブラウズ
 Word|ワード・全角カタカナに変換
・文書校正ウィンドウの表示
 Excel|エクセル・全角カタカナに変換
・スペルチェック
 PowerPoint|パワーポイント・全角カタカナに変換
・スペルチェック
F8Word|ワード・半角カタカナに変換
・選択範囲の拡張を開始
 Excel|エクセル・半角カタカナに変換
・選択範囲の拡張を開始
 PowerPoint|パワーポイント半角カタカナに変換
F9Word|ワード全角英数字に変換
 Excel|エクセル・全角英数字に変換
・再計算
 PowerPoint|パワーポイント全角英数字に変換
F10Word|ワード半角英数字に変換
 Excel|エクセル半角英数字に変換
 PowerPoint|パワーポイント・半角英数字に変換
・クイックアクセスツールバーとリボンにフォーカス

 
今回ご紹介しましたキーのポイントは、文字種の変更ショートカットできることです。

  • F6  ……「ひらがな」
  • F7  ……角カタカナ」
  • F8  ……角カタカナ」
  • F9  ……角英数字」
  • F10 ……角英数字」

私の覚えかたは、F6ひらがなの右隣、F7 F10に向かってです!

ご活用いただければ幸いです!😄
 

大切な作品やデータを、パソコンの故障や買い替え時に備えて、
外付けハードディスクにも保存されることをおすすめしています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました