【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】フォントサイズの変更と数式の参照セルを選択!

ショートカットキー【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】💻便利!カッコいい👍 ショートカットキー
この記事は約12分で読めます。

こんにちはどこでもパソコン教室 四日市です。

今回の授業は、ショートカットキーCtrl+  ]  のご紹介です!

Ctrl+はじ大括弧だいかっこ、始め角括弧かくかっこ、または Ctrl+(終わり大括弧、終わり角括弧)を押すことで、ショートカット(近道)できる機能をご紹介します。

 [  ] は、どうやって入力するのですか

キーの場所は、Enterキーの左隣に上下に並んでいます

全角入力では、 「 (始めかぎ括弧)と  」 (終わりかぎ括弧)が入力され、半角入力では、 ]  になります。

どんなソフトで使えて、機能にはどういったものがありますか

4つのソフトウェアで、次の機能をショートカット(近道)できます。

WordPowerPointOutlookフォントサイズを1ポイントずつ変更する

Excel参照セルを選択する

参照セルというのは、数式に使用されているセルのことです。

フォントサイズの変更は、1ポイントずつ調整できるので便利ですね

Excel参照セルの位置がすぐに分かるというのは、数式を扱う方にとって“かゆい所に手が届く機能”ですね

 キーボードにある記号の読み方意味、そして入力方法を一覧にして解説しています。ぜひご受講ください。☟

スポンサーリンク

Word|ワード:フォントサイズを変更する

[Ctrl]+[ [ ]:フォントサイズを小さくする

Word文字列を選択してCtrl押しながらを押すと、押すたびに1ポイントずつフォントサイズを小さくします

ショートカットキー【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】

[Ctrl]+[ ] ]:フォントサイズを大きくする

Word文字列を選択してCtrl押しながら ] を押すと、押すたびに1ポイントずつフォントサイズを大きくします

ショートカットキー【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】

Excel|エクセル:参照セルを選択する

[Ctrl]+[ [ ]:直接参照しているセルを選択する

ExceCtrl押しながらを押すと、直接参照しているセルを選択、つまり直接数式に使用しているセルを選択します。

「参照」とは、「ご参照ください」などと使用されるように、“情報などを照らし合わせて見る”ことで、Excelでは「セル参照」といいます。

図でご説明します!

  1. 表のセル番地「E2」には「12」と表示されていますけれども、実際は、SUM関数(たし算の関数)「=SUM(B2:D2)」が入力されています。
     
    「=SUM(B2:D2)」は、B2C2D2をたし算しますね!という意味です。
     
    ショートカットキー【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】


  2. セル番地「E2」を選択して、Ctrl+を押します
    すると、数式に使用しているセル番地「B2」「C2」「D2」を選択します。
     
    数式が多くて広範囲な表ほど、セルの相互関係がすぐに分かるので、数式を修復したいときなどに活用できますね。
     
    ショートカットキー【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】

 関数初心者の方向けの授業➡関数の使い方の基本SUM関数については、ぜひこちらをご受講ください。☟

[Ctrl]+[ ] ]:直接参照されているセルを選択

ExceCtrl押しながら ] を押すと、直接参照されているセルを選択、つまり直接数式に使用されているセルを選択します。

図でご説明します!

  1. 表のセル番地「E2」には「12」と表示されていますけれども、実際は、SUM関数(たし算の関数)「=SUM(B2:D2)」が入力されています。
     
    セル番地「B2」には、数式ではなく表示されているままの「1」が入力されています。
     
    ショートカットキー【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】


  2. セル番地「B2」を選択して、Ctrl+ ] を押します
    すると、数式に使用されているセル番地「E2」を選択します。
     
    セル番地「E2」
    には「=SUM(B2:D2)」が入力されており、「B2」「C2」「D2」を参照していますので、セル番地「C2」「D2」でも、Ctrl+ ] を押す「E2」を選択します。
     
    このショートカットキーを押すことで、何か変更されることはないので関数の勉強にも役に立ちますよ!
     
    ショートカットキー【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】

PowerPoint|パワーポイント:フォントサイズを変更する

[Ctrl]+[ [ ]:フォントサイズを小さくする

PowerPoint文字列を選択してCtrl押しながら [ を押すと、Wordと同じく、押すたびに1ポイントずつフォントサイズを小さくします

ショートカットキー【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】

  1. 元のフォントサイズです。
  2. プレースホルダーやテキストボックス内の一部の文字列を選択してCtrl+ [ を押すと、選択された文字列のみフォントサイズが小さくなります。
  3. プレースホルダーやテキストボックスのを選択してCtrl+ [ を押すと、全体的にフォントサイズが小さくなります。

[Ctrl]+[ ] ]:フォントサイズを大きくする

PowerPoint文字列を選択してCtrl押しながら ] を押すと、Wordと同じく、押すたびに1ポイントずつフォントサイズを大きくします

ショートカットキー【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】

  1. 元のフォントサイズです。
  2. プレースホルダーやテキストボックス内の一部の文字列を選択してCtrl+ ] を押すと、選択された文字列のみフォントサイズが大きくなります。
  3. プレースホルダーやテキストボックスのを選択してCtrl+ ] を押すと、全体的にフォントサイズが大きくなります。

Outlook|アウトルック:フォントサイズを変更する

[Ctrl]+[ [ ]:フォントサイズを小さくする

Outlook文字列を選択してCtrl押しながら [ を押すと、WordPowerPointと同じく、押すたびに1ポイントずつフォントサイズを小さくします

[Ctrl]+[ ] ]:フォントサイズを大きくする

Outlook文字列を選択してCtrl押しながら ] を押すと、WordPowerPointと同じく、押すたびに1ポイントずつフォントサイズを大きくします

下図のとおり、Outlook各機能の編集画面で使用できます。

ショートカットキー【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】

まとめ

今回の授業は、ショートカットキーCtrl+  ]  のご紹介でした!

4つのソフトウェアで、次の機能をショートカット(近道)できます。
WordPowerPointOutlookフォントサイズを1ポイントずつ変更する
Excel参照セルを選択する

フォントサイズの変更1ポイントずつ変更できるので、もしも文字列が「あと少しで1行におさまるのにー💦というときなどに、微調整できるので便利ですね

Excel参照セルを選択は、数式で使用しているセルの位置がすぐに分かるので、膨大なデータ量になればなるほど、確認やエラーのセルを発見しやすいなど、普段使いから復旧作業にも活用できますね
 

パソコン資格で有名な「MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)」のExcelテキストです。
操作しながらたくさんの機能を知ることができるので、受験勉強だけでなく参考書としてもおススメです!

MOSにはレベルが2つあるのをご存知でしょうか?
上記テキストのレベルは「スペシャリスト」、こちらはその上のレベル「エキスパート」です。

😄ご受講お疲れさまでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました