【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】フォントサイズの変更と数式の参照セルを選択!

ショートカットキー【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】💻便利!カッコいい👍 ショートカットキー
この記事は約11分で読めます。

こんにちはどこでもパソコン教室 四日市です。

今回の授業は、ショートカットキーCtrl+  ]  のご紹介です!

Ctrl+はじ大括弧だいかっこ、始め角括弧かくかっこ、または Ctrl+(終わり大括弧、終わり角括弧)を押すことで、ショートカット(近道)できる機能をご紹介します。

 [  ] は、どうやって入力するのですか

キーの場所は、Enterキーの左隣に上下に並んでいます

全角入力では、 「 (始めかぎ括弧)と  」 (終わりかぎ括弧)が入力され、半角入力では、 ]  になります。

どんなソフトで使えて、機能にはどういったものがありますか

4つのソフトウェアで、次の機能をショートカット(近道)できます。

 WordPowerPointOutlookフォントサイズを1ポイントずつ変更する

 Excel参照セルを選択する

参照セルは、数式に使用されているセルのことです。

フォントサイズの変更は、1ポイントずつ調整できるので便利ですね

Excel参照セルの位置がすぐに分かるというのは、数式を扱う方にとって“かゆい所に手が届く機能”ですね

キーボードにある記号の読み方と意味、そして入力方法を一覧にして解説しています。どうぞご活用ください。
スポンサーリンク

Word|ワード:フォントサイズを変更する

[Ctrl]+[ [ ]:フォントサイズを小さくする

Word文字列を選択してCtrl押しながらを押すと、押すたびに1ポイントずつフォントサイズを小さくします

ショートカットキー【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】

[Ctrl]+[ ] ]:フォントサイズを大きくする

Word文字列を選択してCtrl押しながら ] を押すと、押すたびに1ポイントずつフォントサイズを大きくします

ショートカットキー【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】

 

Excel|エクセル:参照セルを選択する

[Ctrl]+[ [ ]:直接参照しているセルを選択する

ExceCtrl押しながらを押すと、直接参照しているセルを選択、つまり直接数式に使用しているセルを選択します。

「参照」とは、「ご参照ください」などと使用されるように、“情報などを照らし合わせて見る”ことで、Excelでは「セル参照」といいます。

図でご説明します!

  1. 表のセル番地「E2」には「12」と表示されていますけれども、実際は、SUM関数(たし算の関数)「=SUM(B2:D2)」が入力されています。
     
    「=SUM(B2:D2)」は、B2C2D2をたし算しますね!という意味です。
     
    ショートカットキー【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】


  2. セル番地「E2」を選択して、Ctrl+を押します
    すると、数式に使用しているセル番地「B2」「C2」「D2」を選択します。
     
    数式が多くて広範囲な表ほど、セルの相互関係がすぐに分かるので、数式を修復したいときなどに活用できますね。
     
    ショートカットキー【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】

 

関数初心者の方向けの授業 ➡ 関数の使い方の基本SUM関数については、ぜひこちらをご受講ください。

[Ctrl]+[ ] ]:直接参照されているセルを選択

ExceCtrl押しながら ] を押すと、直接参照されているセルを選択、つまり直接数式に使用されているセルを選択します。

図でご説明します!

  1. 表のセル番地「E2」には「12」と表示されていますけれども、実際は、SUM関数(たし算の関数)「=SUM(B2:D2)」が入力されています。
     
    セル番地「B2」には、数式ではなく表示されているままの「1」が入力されています。
     
    ショートカットキー【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】


  2. セル番地「B2」を選択して、Ctrl+ ] を押します
    すると、数式に使用されているセル番地「E2」を選択します。
     
    セル番地「E2」
    には「=SUM(B2:D2)」が入力されており、「B2」「C2」「D2」を参照していますので、セル番地「C2」「D2」でも、Ctrl+ ] を押す「E2」を選択します。
     
    このショートカットキーを押すことで、何か変更されることはないので関数の勉強にも役に立ちますよ!
     
    ショートカットキー【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】

 

PowerPoint|パワーポイント:フォントサイズを変更する

[Ctrl]+[ [ ]:フォントサイズを小さくする

PowerPoint文字列を選択してCtrl押しながら [ を押すと、Wordと同じく、押すたびにフォントサイズを小さくします

ショートカットキー【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】

  1. 元のフォントサイズです。
  2. プレースホルダーやテキストボックス内の一部の文字列を選択してCtrl+ [ を押すと、選択された文字列のみフォントサイズが小さくなります。
  3. プレースホルダーやテキストボックスのを選択してCtrl+ [ を押すと、全体的にフォントサイズが小さくなります。

[Ctrl]+[ ] ]:フォントサイズを大きくする

PowerPoint文字列を選択してCtrl押しながら ] を押すと、Wordと同じく、押すたびにフォントサイズを大きくします

ショートカットキー【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】

  1. 元のフォントサイズです。
  2. プレースホルダーやテキストボックス内の一部の文字列を選択してCtrl+ ] を押すと、選択された文字列のみフォントサイズが大きくなります。
  3. プレースホルダーやテキストボックスのを選択してCtrl+ ] を押すと、全体的にフォントサイズが大きくなります。

Outlook|アウトルック:フォントサイズを変更する

[Ctrl]+[ [ ]:フォントサイズを小さくする

Outlook文字列を選択してCtrl押しながら [ を押すと、WordPowerPointと同じく、押すたびに1ポイントずつフォントサイズを小さくします

[Ctrl]+[ ] ]:フォントサイズを大きくする

Outlook文字列を選択してCtrl押しながら ] を押すと、WordPowerPointと同じく、押すたびに1ポイントずつフォントサイズを大きくします

下図のとおり、Outlook各機能の編集画面で使用できます。

ショートカットキー【Ctrl+[ /Ctrl+ ]】

 

まとめ

今回の授業は、ショートカットキーCtrl+  ]  をご紹介しました!

機能をおさらいしましょう。

ソフトウェアショートカットする機能
Wordフォントサイズを1ポイントずつ変更
PowerPoint
Outlook
Excel参照セルを選択

フォントサイズの変更1ポイントずつ変更できるので、例えば、文字列が「😤あと少しで1行におさまるのにーというときなどに、微調整できるので便利です

Excel参照セルを選択は、数式で使用しているセルの位置がすぐに分かるので、膨大なデータ量になればなるほど、入力内容の確認やエラーのセルを発見しやすいなど、普段使いから復旧作業にも活用できますね

😄ご受講お疲れさまでした
 

👩「性能が良くてリーズナブルなパソコンが欲しい」とご希望の方にオススメ!
オーダメイド感覚で予算に合わせてあなた好みの1台にできる【NECパソコン直販サイト】
👨「パソコンはもちろん、周辺機器なども一緒にコスパ重視で揃えたい」とご希望の方にオススメ!
パソコン周辺機器デジタル雑貨が揃う【パソコン工房】

あなたの“やりたい”をかなえる【NECパソコン直販サイト】(※限定クーポンあります)パソコン・PCパーツ・周辺機器がお買い得!パソコン工房のセール
BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール
パソコンの仕組みを理解して、
選び方に詳しくなれる授業です。

 

👩‍🏫パソコンインストラクターが選ぶ!💻パソコンライフお役立ちグッズのご紹介です。
愛用のパソコンにポートが2つしかなかったので重宝しています「USBハブ」です。

 スキルを活かして働き方を選べる時代です 

パソコンスキルを身に付けて、ステップアップ転職される方も多くいらっしゃいます。
当教室での授業が、皆様のスキルアップの一助となれましたら幸いです

アルバイト・パート ⇨ 派遣社員 ⇨ 正社員 ⇨ 契約社員 ⇨ フリーランスと、さまざまな働き方の経験をもちます私から、実際にお世話になった(なっている)働き方の選択肢をご紹介いたします

【すべて登録無料です】
転職&企業の評判・口コミ:転職会議で企業情報を見極めながら転職活動をする
派遣・紹介予定派遣:マイナビスタッフで希望やスキルに合ったお仕事を紹介してもらう
副業・フリーランス:ランサーズクラウドワークスでクラウドソーシングや在宅ワークをする

お仕事をされていてパソコン操作に困られたら、またこちら「どこでもパソコン教室 四日市」を見に来てくださいね。一緒に頑張りましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました