【Ctrl+A】ALL!「すべて選択」のショートカットキー!

ショートカットキー【Ctrl+A】💻便利!カッコいい👍 ショートカットキー
この記事は約4分で読めます。

今回授業は、『すべて選択』のショートカットキーCtrl+Aのご紹介です!

AAll”を意味します。全部ということですね

たとえば、文書内のたくさんの文字や、フォルダの中の複数のファイルすべて削除するためにDeleteデリートBack spaceバックスペース連打していませんか

連打しています😅

文字やファイルを2~3個ほど🖱ドラッグで選択してから、消したりもしていますけれど…。

Ctrlを押しながらAを押すことで、文書内やフォルダ内のすべて選択できます

続いて、DeleteまたはBack spaceを押すことで、一度に削除できます

これは簡単にスッキリしますね!

スポンサーリンク

Ctrl+A:コントロール・エー

文書全体の文字を消したいとき

  1.  Ctrlを押しながらAを押すと、文書全体が選択されます。
     
    ショートカットキー【Ctrl+A】 
     
  2. DeleteまたはBack spaceを押すとすべて消せました!
     
    ショートカットキー【Ctrl+A】

フォルダの中身をすべて削除したいとき

  1. Ctrlを押しながらAを押すと、フォルダの中のファイルすべてが選択されます。
     
    ショートカットキー【Ctrl+A】 
     
  2. DeleteまたはBack spaceを押すとすべて消せました!
     
    ショートカットキー【Ctrl+A】

「やっぱり消したくない!」と思ったとき

もしも、「やっぱり消したくない!」と思ったときは、
すぐにCtrlを押しながらZを押すと元に戻りますので安心してください。

ショートカットキー【Ctrl+A】 

 『元に戻す』Ctrl+Zについて詳しくはこちらをご覧ください。☟

 

番外編:Excelの[Ctrl+A]の特徴

Excelでも、もちろんCtrl+Aは使えます

Excelならではの特徴がありますのでご紹介します!

アクティブセルの位置によって選択範囲が変わる

セルとは、たくさんあるマス目のことで、
アクティブセルとは、セルの中でも入力できる状態のセルをいいます。
 

データが入力されているセルを選択してCtrlを押しながらAを押すと、
 データが入力されている領域まで選択されます。

ショートカットキー【Ctrl+A】 

データが入力されていないセルを選択してCtrlを押しながらAを押すと、
 データのある、ないの区別なくすべての領域が選択されます。

ショートカットキー【Ctrl+A】

 

DeleteまたはBack spaceを押すと、選択された範囲を消せます! 

ショートカットキー【Ctrl+A】

Excelの[すべて選択]ボタン

Excelには、左上に[すべて選択]ボタンがあります。

ここを🖱クリックすることでも、ボタンの名前どおりすべての領域を選択できます。 
 

ショートカットキー【Ctrl+A】

 

まとめ

今回ご紹介した方法のほかにも、例えばメールソフトの受信トレイなどでも使えます。

 各トレイ内のメールをすべて削除する手順

  1. 各トレイ内のメール一覧の中から、1通のメールを🖱クリックして選択
  2. Ctrl+Aですべて選択
  3. DeleteまたはBack spaceを押す

この手順で一度に削除することができます
 

もしも、間違って削除してしまった場合は、
メールは“削除済みアイテム”など、ゴミ箱のフォルダにいったん入りますので、
そこからドラッグ・アンド・ドロップで、元のフォルダに戻せば大丈夫です!

ドラッグ・アンド・ドロップとは…
 マウスの左ボタンを🖱クリックしたまま移動して、目的の位置で手を離すことです。

 
Ctrl+Aは、「削除」ばかりではなく
Ctrl+Aですべて選択してから、移動コピー&貼り付けなどでも使うと、

作業効率UPとなりますよ!

 
『切り取り(カット)』と『移動』のショートカットキーCtrl+X
について詳しくはこちらをご覧ください。☟

 
『コピー』Ctrl+C
『貼り付け(ペースト)』Ctrl+Vについて詳しくはこちらをご覧ください。☟

コメント

タイトルとURLをコピーしました