【Ctrl+W】ウィンドウとファイルを『閉じる』ショートカットキー!

ショートカットキー【Ctrl+W】💻便利!カッコいい👍 ショートカットキー
この記事は約6分で読めます。

今回の授業は、ショートカットキーCtrl+Wのご紹介です。
 

W“Close windowを意味します。

クローズ・ウィンドウ

画面を閉じるショートカットキーでしょうか

正解です!

フォルダウェブブラウザーWordExcelPowerPoint

で、閉じ方に特徴があります。共通しているのは、

「右上の×🖱クリックする回数が劇的に減る!」ことです。

 

今回の授業を最後までご受講いただきますと、

ショートカットキーCtrl+Wの、実用的な使い方を理解できますよ

 

画面を開く 閉じる、その前に保存など、

関連した機能との合わせ技もできますね

スポンサーリンク

Ctrl+W:コントロール・ダブリュー

Ctrlを押しながらWを押すと、各ソフトで次の機能をショートカット(近道)できます。

  • フォルダ『ウィンドウを閉じる
  • ウェブブラウザー『アクティブウィンドウを閉じる
  • WordExcelPowerPoint『ファイルを閉じる

フォルダ:ウィンドウを閉じる

開いたフォルダは【Ctrl+W】を押すと瞬時に閉じる

フォルダを開いた状態で、Ctrlを押しながらWを押すと、“サッ”っとフォルダが閉じます
 

  1. フォルダを開くときは、🖱ダブルクリック または、選択した状態で Enter を押します
     
    ショートカットキー【Ctrl+W】 
     
  2. フォルダが開いた状態で、Ctrl+W を押すと、瞬時に閉じることができます!
     
    ショートカットキー【Ctrl+W】 
     
  3. 複数フォルダが開いているときに Ctrl+W を押すと、
    アクティブウィンドウ(一番手前の画面)閉じます
     
    ここでクイズです!
    下図の場合、Ctrl+W を押すと、何番フォルダ閉じるでしょうか?
     
    ショートカットキー【Ctrl+W】 
     
    正解は………③番です!!
     
    背面にあるフォルダ閉じる場合は、🖱クリックで選択 Ctrl+W を押します

 

ウェブブラウザー:アクティブウィンドウを閉じる

ウェブブラウザーで【Ctrl+W】を押すたびにタブ1つずつ閉じる

ウェブブラウザーを開いてインターネットを閲覧中に、Ctrlを押しながらWを押すと、
押すたびに、アクティブウィンドウのタブ(一番手前の画面)閉じます

タブが最後の一つになったときに、Ctrl+W を押すと、ウェブブラウザー終了します。
 

  1. タブ①アクティブウィンドウになっています。
    Ctrl+W を押すと、タブ①閉じました
     
    ショートカットキー【Ctrl+W】 
     
  2. タブ②アクティブウィンドウにして、Ctrl+W を押すと、タブ②閉じました
     
    ショートカットキー【Ctrl+W】 
     
  3. 残っているタブ③も、Ctrl+W を押す閉じてウェブブラウザー自体も終了します
     
    ショートカットキー【Ctrl+W】

「お気に入り」「ブックマーク」に保存を忘れても大丈夫!閲覧履歴の見方

ウェブブラウザーCtrl+W を押すと、ウィンドウを簡単に閉じることができます。

そのため、気に入ったページを「お気に入り」「ブックマーク」に登録するのを忘れて、
もう一度見たいページを、検索し直すのは面倒ですよね?
 

そこで、閲覧履歴を見る方法をご紹介します!

🖱クリック操作でも、もちろんできますけれども、
ショートカットキCtrl+H 押すことで、素早く『閲覧履歴の表示をします。

ちなみに Hは、History”を意味します。
 

下記授業では、Ctrl+H を使用しての『閲覧履歴の表示方法を紹介しています!
 

さらに、この便利な閲覧履歴ですけれども、
たくさんたまりすぎると、ページの表示速度が遅くなりますので、
『閲覧履歴の削除』方法も解説しています。ぜひご覧ください!☟

「お気に入り」「ブックマーク」に保存する方法

気に入ったページを「お気に入り」「ブックマーク」に登録して、
📖本のしおりのように、簡単に見たいページを表示しましょう!
 

🖱クリック操作でも、もちろんできますけれども、ショートカットキCtrl+D 押すことで、
素早くブックマーク(お気に入り)に追加をします。
 

下記授業では、Ctrl+D を使用しての
ブックマーク(お気に入り)に追加方法をご紹介! ぜひご覧ください。☟

 

Word・Excel・PowerPoint:ファイルを閉じる

ファイルはソフトウェアごとに“名称”があります

ソフトウェアごとに、ファイルには次のように“名称”があります

  • Word文書ドキュメント
  • Excelブック
  • PowerPointプレゼンテーション

パソコン関連の資格取得を目指される方は、
問題文に当たり前のように記載されていることも多いので、覚えておかれると良いと思います!

Word・Excel・PowerPointで【Ctrl+W】を押すと、ソフトウェアを起動したままファイルのみ閉じる

WordExcelPowerPointで、Ctrlを押しながらWを押すと、
ソフトウェア自体は起動したままファイルのみを閉じるので、
素早く次のファイル作成に取りかかれます!

ショートカットキー【Ctrl+W】 

どういうことかといいますと…
たとえば、鍋でラーメンの麺をゆでます

がゆで上がって、鍋から出してラーメンの完成です。🍜
そのとき、お鍋を片付けていなければ、素早く替え玉をゆでることができますね!

ショートカットキー【Ctrl+W】 

それと同じで(😆!?)、WordExcelPowerPointの場合、
ファイルのみ閉じてソフトウェア自体は起動したままであれば、
素早く
次のファイルを開いて、作業に取りかかることができるということです。
 

保存を忘れていて、Ctrl+W を押すと、
保存をうながすダイアログボックスが起動しますので安心です。

ショートカットキー【Ctrl+W】 

さらに動作を加速させる機能が2つあります!詳しくは、下記授業をご受講くださいませ

 新規作成するときは、Ctrl+N

 
 既存のファイルを開くときは、Ctrl+O

 

まとめ

今回の授業は、ショートカットキーCtrl+Wのご紹介でした!

Ctrlを押しながらWを押すと、各ソフトで次の機能をショートカット(近道)できます。

  • フォルダ『ウィンドウを閉じる
  • ウェブブラウザー『アクティブウィンドウを閉じる
  • WordExcelPowerPoint『ファイルを閉じる
     

『縁の下の力持ち』のショートカットキーです。

ちょっと意識して使ってみると、作業を加速させることができますよ!
 

ページ内でご紹介しましたリンクをまとめましたので、お時間のある時にぜひご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました