【IMEパッド】読み方の分からない漢字を入力したいときの心強いサポート機能!

IMEパッドの使い方💻PCの"😔困った"を"😄安心・楽しい"へ!
この記事は約9分で読めます。

入力したい漢字の読み方が分からない!と、困ったことはありませんか

ひと昔…いや、ふた昔前には、漢和辞典で漢字の画数などから調べていましたね。

パソコンが一般的になってからは、インターネットで調べるか、簡単な文字を使うかしています。

難しい漢字は授業中に、「先生、これ、なんて読むのと質問されることも多くて、私も『うっ、知らない💦』と、焦ることもしばしばです…。😅

けれども大丈夫。「IMEパッド」という強い味方があります

漢字の読み方が分からないときの“2つのサポート

  1. 書き方を真似して入力できる
  2. 音読み・訓読みを教えてくれる

それは素敵な機能ですね。難しい漢字の勉強にもなりますよ

今回の授業は、「IMEパッド」の機能5種類とその使い方を解説します。

ぜひ実際に一緒に操作してみましょう!

スポンサーリンク

IMEパッドの使い方

IMEパッドの起動方法

  1. まず、Wordなど文字が入力できるソフトを立ち上げます
    次に、パソコン画面の右下を見ると、時計やカレンダーなどがありますね。
     
    こちらは、「通知領域(タスクトレイ)」といいます。
     
    通知領域(タスクトレイ)


  2. 「あ」(または「A」となっている「言語バー(IMEツールバー)」を、🖱右クリックしましょう。
     
    言語バー(IMEツールバー)


  3. 「IMEオプション」というメニューが表示されますので、その中から[IMEパッド]🖱クリックすると起動します。
     
    IMEパッド 

 知るほどパソコンの理解度UP!画面構成と各部名称について詳しくはこちらをご覧ください。☟

IMEパッド「手書き」

  1. 今回は、「稱」という漢字が読めないとします。(本当に読めませんでした😅)
     
    起動した「MEパッド」「手書き」を🖱クリックします。
    すでに、「手書き」の状態でしたらそのままで大丈夫です。
     
    IMEパッド


  2. ここにマウスで文字を描いてください。という箇所に、今回読めない「稱」という漢字を🖱マウスで手書きしてみましょう。
     
    すると、その右側に「これですか?それともこれ?」と言わんばかりに、候補となる漢字が出てきてくれます
     
    IMEパッド


  3. 書いている途中ですけれども、「稱」が出てきました。
     
    マウスポインター*をあてると、音読み・訓読みが表示されます。
    マウスポインターとは…マウスで動く矢印のことです。
     
    IMEパッド


  4. 「稱」🖱クリックしましょう。
    文字が入力できましたので、Enterキーで確定して完了です!
     
    IMEパッド

もしも手書きを間違えたら

[戻す]ボタンを🖱クリックするごとに、一筆ごと戻すことができます。

IMEパッド


[消去]ボタンを🖱クリックすると、すべて消して最初から書き直すことができます。

IMEパッド

IMEパッドその他の機能

「IMEパッド」には、「手書き」の他にも4つの機能がありますので紹介します。

文字一覧

次のの順番で、選択しながら🖱クリック、そして最後にEnterキーを押すことで、通常の文字変換ではなかなか出てこない、記号や特殊文字を入力できます。

『ض』👈こんな文字や、『ᛞ』👈あんな文字も入力できます!

IMEパッド
文字一覧ボタン「文字一覧」画面を表示します。
文字カテゴリ文字の種類を分類した一覧です。
フォントフォント(書体のデザイン)を選びます。
文字コード対応表パソコンで使う文字は「Unicode」という番号で管理されており、その文字カテゴリごとの一覧が、ここに表示されます。
むずかしそうに見えますけれども、🖱クリックするだけで入力できますので大丈夫ですよ。

ソフトキーボード

🖱マウスを使ってキーボード入力ができます。

IMEパッド
  1. ソフトキーボードボタン…「ソフトキーボード」画面を表示します。
  2. 配列の切り替え…キーボードの種類(配列)を替えます。

ちなみに、このソフトキーボードの項目では、説明の文章を、ソフトキーボード」を使って入力しています!

違和感なく普通に入力できていると思いますけれども、いかがでしょうか?😊

配列の種類

ソフトキーボードの種類(配列)は、次の5種類があります

英数字(QWERTY配列)
IMEパッド
英数字(ABC配列)
IMEパッド
ひらがな/カタカナ(JIS配列)
IMEパッド
ひらがな/カタカナ(50音配列)
IMEパッド
数字/日付
IMEパッド

総画数

総画数から漢字を探して入力できます。

IMEパッド

  1. 総画数ボタン🖱クリックします。
  2. 総画数を選びます。
  3. フォントの変更ができます。
  4. 一覧表示の拡大/詳細の切り替え」🖱クリックで、下図のように表示が切り替わります。
     
    IMEパッドフォントの変更と、[拡大表示]と[詳細表示]を切り替えは、必要な時だけ使います。)

表示された一覧から漢字を見つけて🖱クリック最後にEnterキーを押すことで入力できます。

部首

部首画数から漢字を探して入力できます。

IMEパッド

  1. 部首画数ボタン🖱クリックします。
  2. 部首画数を選びます。
  3. フォントの変更ができます。
  4. 選択した画数の部首一覧が表示されます。
    探している漢字の部首を🖱クリック右側に表示された一覧から漢字を見つけたら🖱クリック最後にEnterキーを押すことで入力できます。
  5. 一覧表示の拡大/詳細の切り替え」🖱クリックで、下図のように表示が切り替わります。
     
    IMEパッド

IMEパッドの終了方法

終了方法はとても簡単で、右上の「✖」🖱クリックして閉じます。

IMEパッド

まとめ

画面右下の、たった一文字からスタートする機能「IMEパッド」
なのに、膨大な情報量で、安心・安定の心強い味方になってくれます。

とくに『手書き』『文字一覧』を使うことで、入力をあきらめていた文字も入力できます!

下記授業では、手を見ないで画面に集中できる「タッチタイピング」の“コツ”を解説しています。「IMEパッド」「タッチタイピング」は、パソコン入力の最強タッグです!

 

【「文書作成アドバイスツール」でさらなるスキルアップと安心】

多くのライターやブロガーの方、そして私もオススメします、ライティングの実用入門書「沈黙のWebライティング」の著者が創業した「株式会社ウェブライダー」のツールです。

「文章表現」や「言い回し」の引き出しを増やしたい方のために、「100を超える視点」を用いて、あなたの文章をチェックしてくれます。

ライティングの実用入門書「沈黙のWebライティング」は、こちらからご購入できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました