【Ctrl+B】【Ctrl+I】太字と斜体で文字色もサイズも変えずに存在感UP!

ショートカットキー【Ctrl+B Ctrl+I】💻便利!カッコいい👍 ショートカットキー
この記事は約11分で読めます。

こんにちはどこでもパソコン教室 四日市です。

今回の授業は、ショートカットキー Ctrl+B太字』と、Ctrl+I斜体』をご紹介します!

Bは、太字をあらわすBold”を意味します。

Iは、斜体をあらわすItalic”を意味します。

B”と“I”の意味は初めて知りました。

機能は、WordExcelPowerPointで使ったことがあります

リボンにありますコマンドボタンの形も、[B]太字I斜体になっていて、「ぼく(わたし)は、○○できます」と主張しているようで、親しみを感じてしまうのは私だけでしょうか😊

[B][Iと並んでいるU下線(アンダーライン)を引いてくれますし、親しみをもって操作できると、機能も覚えやすいですね♪

今回の授業は、ショートカットキー Ctrl+B太字』と、Ctrl+I斜体』のご紹介と、次の2つの機能も解説します。

WordExcelPowerPointリボンの構成[B][I]ボタン位置
Ctrl+BCtrl+Iの合わせ技とその解除方法「すべての書式をクリア」

どうぞ、最後までご受講ください

下線Underlineも引いてくれる、
ショートカットキー  Ctrl+Uの授業です。
スポンサーリンク

リボンの構成と[B]と[I]のボタン位置

🖱クリック操作で選択した文字列を太字斜体にする場合の、WordExcelPowerPointの上部の構成と BIボタン位置は次のとおりです。

[リボン][ホーム]タブ [フォント]グループ  BIコマンドボタン

 
🤔住所でたとえると…次のような感じです。

[日本][都道府県][市区町村][自宅]

 
🤔ジャニーズでたとえると…(←なんで) 次のような感じです

[芸能界][ジャニーズ事務所][嵐][○○くん]

なんとなく、意味合いをつかんでいただけましたでしょうか?😉

ショートカットキー【Ctrl+B/Ctrl+I】 

ところで、この[リボン]ですけれども、名前の由来は頭(上)にある帯状のものだからという説があります。🎀

B🖱クリック太字I🖱クリック斜体となり、それぞれもう一度🖱クリックすると解除となります。

画面構成各部名称についての授業です。

Ctrl+B:コントロール・ビー

太字にする

  1. 文字列を太字にしてみましょう
     
    任意の文字列を入力します。今回は「どこでもパソコン教室」と入力しました。

    ショートカットキー【Ctrl+B/Ctrl+I】


  2. 「どこでも」🖱ドラッグ・アンド・ドロップ*で選択しましょう。
    ドラッグ・アンド・ドロップとは…🖱マウスの左ボタンをクリックしたまま移動して、目的の位置で指を離すことです。
     
    ショートカットキー【Ctrl+B/Ctrl+I】


  3. Ctrlを押しながらBを押すと、選択した文字列「どこでも」太字になりました!
     
    ショートカットキー【Ctrl+B/Ctrl+I】

太字を解除する

文字列を選択した状態で、もう一度Ctrlを押しながらBを押すと、解除となって元に戻ります。

ショートカットキー【Ctrl+B/Ctrl+I】

 

Ctrl+I:コントロール・アイ

斜体にする

  1. 文字列を斜体にしてみましょう
     
    「パソコン教室」を
    🖱ドラッグ・アンド・ドロップで選択しましょう。
     
    ショートカットキー【Ctrl+B/Ctrl+I】


  2. Ctrlを押しながらIを押すと、選択した文字列「パソコン教室」斜体になりました!
     
    ショートカットキー【Ctrl+B/Ctrl+I】

斜体を解除する

文字列を選択した状態で、もう一度Ctrlを押しながらIを押すと、解除となって元に戻ります。

ショートカットキー【Ctrl+B/Ctrl+I】

 

[Ctrl+B]と[Ctrl+I]の合わせ技とその解除方法

  1. 「どこでもパソコン教室」をドラッしましょう。
     
    ショートカットキー【Ctrl+B/Ctrl+I】


  2. Ctrlを押しながらBを押すと、文字が太字になります。
     
    ショートカットキー【Ctrl+B/Ctrl+I】


  3. Ctrlを押しながらIを押すと、文字が斜体になって「太字かつ斜体」となりました。
     
    ショートカットキー【Ctrl+B/Ctrl+I】


  4. 解除するにはこれまでのように、ショートカットキーをもう一度押すことでできます。
     
    けれども今回のように、太字斜体という複数の書式*が重なっている場合は、Ctrl+BCtrl+I2つ、つまり複数押すことになりますので、ちょっと面倒ですよね? 
    書式とは…​文字の大きさや色、図の配置など、装飾や体裁を整える設定のことです。
     
    そこで!
    次の項目で、書式をワンクリックで解除できる方法をご紹介します。

おまけ:ワンクリックで書式を解除[すべての書式をクリア

太字、斜体、フォントサイズ、文字の色など、複数の書式を一度に解除したい場合[すべての書式をクリア]Excel[書式のクリア])というボタンを🖱クリックします。

Wordの場合

[ホーム]タブ [フォント]グループ [すべての書式をクリア]
ショートカットキー【Ctrl+B/Ctrl+I】

Excelの場合

[ホーム]タブ [編集]グループ [クリア][書式をクリア]
ショートカットキー【Ctrl+B/Ctrl+I】

PowerPointの場合

[ホーム]タブ [フォント]グループ [すべての書式をクリア]
ctrl_b-ctrl_i14

書式ワンクリック解除されて、元に戻りました!

ショートカットキー【Ctrl+B/Ctrl+I】

このように[すべての書式をクリア]Excel[書式のクリア])は、どんなに複雑な書式も、一度に解除できます
🎨装飾などをやりすぎて、こてこてになってしまったときには、ぜひ使ってみましょう!

 

まとめ

今回の授業は、ショートカットキー Ctrl+B太字』と、Ctrl+I斜体』をご紹介しました!

次の2つの機能の解説もしました。

WordExcelPowerPointリボンの構成[B][I]ボタン位置
 Ctrl+BCtrl+Iの合わせ技とその解除方法「すべての書式をクリア」

 
今回“おまけ”としてご紹介しました「すべての書式をクリア」は、「段落書式」「文字書式」の両方クリアできます。

<書式の解除は、次のように使い分けることができます!>
● 段落書式のみ解除したいとき……Ctrl+Q
● 文字書式のみ解除したいとき……Ctrl+スペース
● どちらもすべて解除したいとき…すべての書式をクリア
ショートカットキー  Ctrl+Qの機能と、
書式の解除方法について実践的に解説しています。

😄ご受講お疲れさまでした
 

👩「性能が良くてリーズナブルなパソコンが欲しい」とご希望の方にオススメ!
オーダメイド感覚で予算に合わせてあなた好みの1台にできる【NECパソコン直販サイト】
👨「パソコンにOfficeソフトの○○が入っていない…やっぱり欲しいな」とお考えの方にオススメ!
プランを比較検討して選択できる【Microsoft Store】

あなたの“やりたい”をかなえる【NECパソコン直販サイト】(※限定クーポンあります) 最新のOfficeソフトはこちら!
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
パソコンの仕組みを理解して、
選び方に詳しくなれる授業です。

 

👩‍🏫パソコンインストラクターが選ぶ!💻パソコンライフお役立ちグッズのご紹介です。
「USBの差し込み口が足りない…」というときは、「USBハブ」で即解決です!

 スキルを活かして働き方を選べる時代です 

パソコンスキルを身に付けて、ステップアップ転職される方も多くいらっしゃいます。
当教室での授業が、皆様のスキルアップの一助となれましたら幸いです

アルバイト・パート ⇨ 派遣社員 ⇨ 正社員 ⇨ 契約社員 ⇨ フリーランスと、さまざまな働き方の経験をもちます私から、実際にお世話になった(なっている)働き方の選択肢をご紹介いたします

【すべて登録無料です】
転職&企業の評判・口コミ:転職会議で企業情報を見極めながら転職活動をする
転職サイト:ミイダスで自分の市場価値を見いだしてフィットしたオファーを受け取る
派遣・紹介予定派遣:マイナビスタッフで希望やスキルに合ったお仕事を紹介してもらう
副業・フリーランス:ランサーズクラウドワークスでクラウドソーシングや在宅ワークをする

お仕事をされていてパソコン操作に困られたら、また当サイト「どこでもパソコン教室 四日市」を見に来てくださいね。一緒に頑張りましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました