【図形の塗りつぶし】Word・Excel・PowerPoint共通の方法7種類!

図形の塗りつぶし💻PCの"😔困った"を"😄安心・楽しい"へ!
この記事は約14分で読めます。

PowerPointで、図形を使うのが好きです

けれども、いつも同じような色ばかりで塗りつぶしています。

何かもっと他に、楽しい塗りつぶし方法はありませんか

当教室の人気授業の1つが、図形を使用しての作品づくりです

WordExcelPowerPoint共通の機能図形の塗りつぶし方法は、次の7種類あります。

 ・単色

 ・半透明

 ・スポイトPowerPointのみ)

 ・(図で図形を塗りつぶす)

 ・グラデーション

 ・テクスチャ

 ・パターン

図で図形を塗りつぶすなど、初めて聞く方法もありますね。

1つずつ、図解入りで丁寧に解説します

最後までご受講いただきますと、単色だけではない、図形の塗りつぶしのアイデアの引き出しが増えて、ワンランク上の仕上がりになります

習わないと気付かない機能ですね。

これからの作品づくりが楽しみです

スポンサーリンク

最初に図形の挿入方法を確認しましょう!

図形の塗りつぶしをするには、最初に図形の挿入が必要です。

手順を確認していきましょう。
WordExcelPowerPoint共通です。今回は、PowerPointの画面で解説します。

  1. [挿入]タブ [図]グループ [図形]コマンドボタン*🖱クリックします。
    コマンドボタンとは、リボン上などにあるボタンのことで、🖱クリックや、選択してEnterを押すことで機能を実行します。
  2. 表示されたリストの中から、使用したい図形を🖱クリックで選択します。
    今回は「星とリボン」[スクロール:横]にします。
     
    図形の塗りつぶし


  3. マウスポインター*の形が「+」になります。
    マウスポインターとは…マウスで動く矢印で、状況によって「I」や「+」などの形になります。
     
    図形の描き方は次の2つの方法があります。
    画面上を🖱クリック 挿入された図形「○」ハンドル🖱ドラッグ
    左上から右下へ🖱ドラッグ

    図形の大きさは、「○」ハンドル外側🖱ドラッグすると拡大内側🖱ドラッグすると縮小します。

    図形の塗りつぶし

図形を含めて、画像アイコン3DモデルSmartArtグラフスクリーンショット『図』といいます。

下記授業ではの挿入方法をはじめ、文字列の折り返し方法7種類と、文字列の折り返しができないときの対処方法を解説していますので、ぜひご受講ください。☟

[図形の塗りつぶし]コマンドボタンの位置

コマンドボタンとは、リボン上などにある機能を実行するためのボタンです。

[図形の塗りつぶし]コマンドボタンは、図形が選択された状態のときに表示される[描画ツール|書式]タブ内にあります。

もしも、「あれ!? 図形の塗りつぶしのボタンがない…」と思われたときは、図形を🖱クリックしてみましょう。

WordExcelPowerPointの、それぞれ下記の位置にあります。

Word|ワード

図形を🖱クリック [描画ツール|書式]タブ [図形のスタイル]グループ [図形の塗りつぶし]

図形の塗りつぶし

Excel|エクセル

図形を🖱クリック [描画ツール|書式]タブ [図形のスタイル]グループ [図形の塗りつぶし]

図形の塗りつぶし

PowerPoint|パワーポイント

図形を🖱クリック [描画ツール|書式]タブ [図形のスタイル]グループ [図形の塗りつぶし]

図形の塗りつぶし

図形の塗りつぶし方法7種類を解説!

それでは、図形の塗りつぶし方法7種類を、1つずつ解説していきます。

「この方法やってみたい!」と思われる箇所だけ、ご覧いただいても大丈夫です。
けれども、ぜひ各方法を実際に試してみてアイデアの引き出しを増やしていきましょう!

今回は、PowerPointの画面でご紹介します。

単色:1色で塗りつぶす

単色とは、一番よく使用される塗りつぶし方法で、お好みの色を🖱クリックして選択します。

  1. [図形の塗りつぶし]🖱クリックします。
    すると、のように色が並んでいて、任意の色を🖱クリックするだけで、図形の塗りつぶしができます。
     
    図形の塗りつぶし


  2. もしも、🤔この中に欲しい色がないなぁ…」というときは、[塗りつぶしの色]🖱クリックしてみましょう。「色の設定」ダイアログボックスが起動して、選択できる色が増えます!
     
    [標準]タブ…🖱クリックで色を選択 [OK]🖱クリックします。
    [ユーザー設定]タブ…カラーモデルをご存知の場合、数値などで詳細な設定ができます。
     
    図形の塗りつぶし

半透明(透過性):背面にあるものが透けて見える

半透明とは、機能名でいうと「透過性」といって、背面にある文字列や図が透けて見えるように塗りつぶす方法です。

👚お洋服でいう“シースルー”のように、カッコいいですね!

  1. [図形の塗りつぶし]🖱クリックします。
  2. [塗りつぶしの色]🖱クリックします。
     
    図形の塗りつぶし


  3. 「色の設定」ダイアログボックスが起動します。
    [標準][ユーザー設定]2つのタブ、どちらの下部にも「透過性」があります
     
    図形の塗りつぶし


  4. スライダー🖱ドラッグしたり、[<][>][▲][▼]ボタンを🖱クリック、または直接数値手入力して、お好みの透明度に設定しましょう。

    今回は、70%に設定しました。背面の文字列が透けて見えるようになります。
     
    図形の塗りつぶし

スポイト:使いたい色を吸いとるように取り入れる

スポイトだけは、PowerPointのみの機能となり、WordExcelにはありません。
とても面白い機能ですので、ぜひマスターしましょう!

たとえば、画面上に気に入った色を見つけて、「図形をこの色で塗りつぶしたいけれど、色の一覧の中に無いなぁ~😢と思われたことはありませんか?

こういうときは、スポイトが便利です。
画面上の使用したい色をスポイト🖱クリックすることで、その色をスポイトで吸いとるイメージで、全く同じ色で図形を塗りつぶすことができます。

  1. [図形の塗りつぶし]🖱クリックします。
  2. [スポイト]🖱クリックします。
     図形の塗りつぶし


  3. マウスポインターが、矢印からスポイトの形になります。
     
    図形の塗りつぶし


  4. ご希望の色の箇所を、🖱クリックしましょう。🖱クリックと同時に、塗りつぶし完了です!
    今回は背景の色にすることで、“カメレオン”のようにかくれてみました。
     
    図形の塗りつぶし


  5. スライドペイン*以外の箇所の色も選択できます
    スライドペインとは…スライドとなる編集領域のことです。

    マウスを移動するだけではスポイトが矢印に戻ってしまいますので、目的の色まで🖱ドラッグ・アンド・ドロップ*することで塗りつぶしできます。
    ドラッグ・アンド・ドロップとは… マウスの左ボタンを🖱クリックしたまま移動して、目的の位置で指を離すことです。
     
    図形の塗りつぶし 

 スライドペインなど、画面構成・各部名称について一覧にして解説しています。ぜひご受講ください。☟

図:図で図形を塗りつぶす

とは、写真やイラストなど、が図形の形に縁どられるという塗りつぶし方法です。

ちょっと分かりづらいかもしれませんけれども、実際に試してみると、もう手放せない機能となりますよ!

  1. [図形の塗りつぶし]🖱クリックします。
  2. [図]🖱クリックします。
     
    図形の塗りつぶし


  3. 「図の挿入」画面が表示されます。
    今回は「ファイルから」にして、ピクチャフォルダーに用意しておいた写真を使用します。
     
    図形の塗りつぶし 
    挿入できる図は、次の3箇所から選択できます。

    ファイルから自分で用意した図を使用できます。
    オンライン画像オンラインとは、インターネット上のことです。
    様々な画像を検索できます。
    著作権など、画像の使用については注意しましょう。
    アイコンからWordExcelPowerPoint共通の機能、「アイコン」の中から選択できます。
    <[アイコン]コマンドの位置>
    [挿入]タブ [図]グループ [アイコン]


  4. 「ファイルから」🖱クリックすると、「図の挿入」ウィンドウが表示されます。
    左側の一覧の中にある、「ピクチャ」🖱クリックします。
  5. 用意しておいた写真🖱クリックして選択します。
  6. [挿入]🖱クリックします。
     
    図形の塗りつぶし


  7. 「図」で図形の塗りつぶし完成です!
     
    図形の塗りつぶし

図形の拡大・縮小するときに、角にある「○」ハンドルShiftを押しながら🖱ドラッグすると、縦・横の比率を保持できます。

 もしも、縦に長~く or 横に伸び~てしまった場合は、すぐにショートカットキーCtrl+Zを押しましょう。☟

グラデーション:様々な色の組み合わせで濃淡を表現

グラデーションとは、色に濃淡や変化をつけて塗りつぶす方法です。

🤡個性的なデザインができますね!

  1. [図形の塗りつぶし]🖱クリックします。
  2. [グラデーション]🖱ポイント*します。
    ポイントとは…🖱クリックするのではなく、マウスポインターを重ね合わせることです。
  3. 表示された一覧の中から、🖱クリックして選択してもOKです。
    今回は、オリジナルのグラデーションを作成するため、[その他のグラデーション]🖱クリックしましょう。
     
    図形の塗りつぶし


  4. 画面の右側に「図形の書式設定」が表示されます。
    「塗りつぶし(グラデーション)」に、🖱クリック「◉」チェックを入れますと、グラデーションを詳細に設定できるようになります。
     
    図形の塗りつぶし


  5. 今回はグラデーションの分岐点を、下図のように設定してみましょう。
     
    [分岐点]🖱クリックしてから、色を選択したり、🖱ドラッグして設定します。
    [分岐点]は、追加削除もできます。
     
    図形の塗りつぶし


  6. グラデーションでの塗りつぶし完成です!
    かなり詳細な設定ができますので、ぜひこだわりのグラデーションを作成してみましょう。
     
    図形の塗りつぶし

テクスチャ:質感を表現する塗りつぶし

テクスチャとは、あらかじめ用意されている「コルク」「大理石」などで塗りつぶす方法です。

温度感や硬さなど、質感を表現できます!

  1. [図形の塗りつぶし]🖱クリックします。
  2. [テクスチャ]🖱ポイントします。
  3. 表示された一覧の中から、🖱クリックして選択します。今回は「大理石(白)」を選択します。
     
    図形の塗りつぶし


  4. テクスチャでの塗りつぶし完成です!豪華な仕上がりですね。
     
    図形の塗りつぶし

パターン:模様で塗りつぶす

パターンとは、「ストライプ」や「市松模様」などで塗りつぶす方法です。

模様と色で、様々な表現ができます!

  1. [図形の塗りつぶし]🖱クリックします。
  2. [グラデーション]、または[テクスチャ]のいずれかを🖱ポイントします。
     
    図形の塗りつぶし


  3. [その他のグラデーション]、または[その他のテクスチャ]🖱クリックしましょう。
     
    図形の塗りつぶし


  4. 画面の右側に「図形の書式設定」が表示されます。
    「塗りつぶし(パターン)」に、🖱クリック「◉」チェックを入れますと、パターンを設定できるようになります。
     
    図形の塗りつぶし


  5. [パターン]模様🖱クリックで選択します。
    続いて、[前景][背景]それぞれの色を選択しましょう。スポイト機能も使用できます。
     
    今回は、カーレースなどの「レース旗」をイメージして、次のように設定してみました。
    [パターン]市松模様(大)[前景][背景]
     
    図形の塗りつぶし


  6. パターンでの塗りつぶし完成です!
    模様と色使いで幅広い表現ができますので、いろいろ楽しめますね。
     
    図形の塗りつぶし

番外編:「塗りつぶしなし」という選択肢もあります!

塗りつぶしなしにすると、図形が枠線のみとなります。
この機能を利用して、文章の中の大切な箇所を素早く強調することができます。

  1. 文章の中にある文字列、7種類を強調したいと思います。
    任意の図形を描画しましょう。(今回は、「四角形:角を丸くする」を使用しています。)
     
    図形の塗りつぶし


  2. [図形の塗りつぶし]🖱クリックします。
  3. [塗りつぶしなし]🖱クリックすると、隠れていた文字列「7種類」が見えて強調されました
     
    図形の塗りつぶし

まとめ

今回の授業は、WordExcelPowerPoint共通の機能、図形の塗りつぶし方法7種類を解説しました

 ・単色
 ・半透明
 ・スポイトPowerPointのみ)
 ・(図で図形を塗りつぶす)
 ・グラデーション
 ・テクスチャ
 ・パターン

番外編として、塗りつぶしなしもご紹介しました。

実は、メール送受信や予定管理もできるOutlookでも、メール作成画面で図形を使用できます

単色だけではない、図形の塗りつぶしアイデアの引き出しを増やして、ワンランク上の仕上がりをお楽しみいただけましたら幸いです
 

プレゼンテーションソフト「PowerPoint|パワーポイント」で、図形作成スキルを発揮しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました